寒くなって思うのは理想の暖房は床暖房だよなという気持ち

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

「そろそろ暖房入れようかな?」

「てか、理想の暖房はエアコン?ストーブ?それとも。。。」

「床暖房が良いっていうけど実際どうなの?」

こんな暖房に関する疑問に角刈りが答えます。

10月に入ると朝晩は冷えるよね。

日中は謎に暑い時もあるけどね。

暖房入れた?

そろそろ入れた人もちらほらでてきたように思う今日この頃。

住居内の理想の暖房ってなんやねん。

住居内の理想の暖房は床暖房

結論だけど理想の暖房は床暖房だわ。

だってさ、足の裏から体全体を温めるわけだから健康的だよね。

お医者さんが推奨するのも床暖房ってネットで検索すればすぐ出るレベルだもんね。

最近の新築マンションはみんなリビングに床暖房が付いているもんね。

身内に高齢者の施設で働いている人間がいるのだけれど、やっぱり高齢者には床暖房っていうし、猫も床暖房でとろけるっていうでしょ。

床暖房ってやばいらしいのよ

床暖房のメリットとデメリット

床暖房のメリットって無限にあるんだけどAIに聞いてみるとこんな回答が来る感じ。

デメリットも合わせてね。

床暖房のメリットは、以下のとおりです。

足元からじんわりと暖まる:床暖房は、床全体を暖めるため、足元からじんわりと暖まることができます。そのため、体の芯まで温まりやすく、寒さを感じにくくなります。

快適性が向上する:床暖房は、部屋全体を均一に暖めることができるため、暖房のムラがなく、快適に過ごすことができます。また、風が吹かないため、乾燥しにくく、肌や喉が乾燥しにくいというメリットもあります。

省エネ性が高い:床暖房は、エアコンと併用することで、より省エネにすることができます。また、床暖房をメインの暖房として使用することで、光熱費を節約することができます。

安全性が高い:床暖房は、火を使わない暖房方法のため、火災や事故のリスクが低いと言えます。また、床暖房の暖房器具は、床下に設置されるため、見た目もすっきりとしています。

掃除がしやすい:床暖房は、床全体を暖めるため、カーペットやラグなどの床材を敷くことができます。そのため、床暖房の表面を掃除するだけで、部屋全体を掃除することができます。

ただし、床暖房には、以下のデメリットもあります。

初期費用が高い:床暖房の設置には、高額な初期費用がかかります。

メンテナンス費がかかる:床暖房は、定期的なメンテナンスが必要になります。

断熱性の高い住宅に向いている:床暖房は、断熱性の高い住宅に向いています。断熱性の高い住宅でなければ、暖房効率が悪くなります。

床暖房は、さまざまなメリットがある暖房方法です。

しかし、初期費用やメンテナンス費がかかるというデメリットもあります。

そのため、床暖房を検討する際には、メリットとデメリットをよく比較して、自分に合った暖房方法を選ぶことが大切です。

足裏からじんわり体全体を温めるのがいいんだよね。

体の芯まであったまるというやつ。

しかも住居内で火を使わないから火事の心配もない。

要注意ポイントは電気カーペットのような使い方にならないようにすること。。。

床暖房を電気カーペットにしないために必要なこと

床暖房が電気カーペットになるかどうかは家の「断熱性能」できまる。

断熱性能が低ければ電気カーペットにし必ず、断熱性能が高い住宅で初めて床暖房は床暖房として意味を持つ。

一番の違いは温度。

電気カーペットは一般的に弱から強いまでの設定ができて強だと40度くらいの温度設定。

体温を超えるカーペットに触れることで低温やけどの心配がでる。

また、電気カーペットは体に触れている部分しか温かさを感じることができないため、別途エアコンを活用する必要がある。

つまり、電気カーペットの電気代とエアコンの電気代が二重でかかるという昨今の電気代上昇に対して非常にダメージの大きい事態に陥る。

だから、家の断熱性能が大事。

家の断熱性能が高ければ床暖房はメイン暖房になりえる。

家の断熱性能が高い状態は、保温性能が高い状態のことを指すわけよね。

だから、床暖房で温めた熱が外に逃げない。

結果床暖房だけで家全体を温めることができるんだよね。

そんで、理想の暖房床暖房を採用しても失敗しないハウスメーカーは一条工務店だけ。

一条工務店以外の会社では床暖房はつけるだけ無駄と言っても過言ではない。

まー

断熱性能が高いし業界で唯一家中全部が床暖房だからね。

ちょっとレベチ。

床暖房とエアコン暖房の違いは?

エアコン暖房と床暖房は温め方が180度ちがう。

項目床暖房エアコン暖房
熱の伝え方輻射(ふくしゃ)により、床から赤外線を出して部屋全体を均一に温める対流により、天井から温風を吹き出して空気を循環させる
暖まるスピード起動から適温になるまでに時間がかかる起動するとすぐに温風が出るが、温度ムラが発生しやすい
初期コスト専門的な工事が必要で高い工事は比較的簡単で安い
運用コスト光熱費は高い傾向だが、メンテナンスコストはほとんどかからない光熱費は安い傾向だが、メンテナンスコストや交換コストがかかる
室内空気の汚染度空気を汚染する物質を発生させないカビやホコリを吹き出す可能性がある
耐用年数30年以上と長い10年程度と短い

床暖房の最大メリットは埃などを巻き上げないこととカビをばら撒かないこと。

デメリットは断熱性が極端に高い住宅でないと機能しないということ。

エアコン暖房の最大のメリットはすぐあったまるところ。

デメリットはカビの胞子や埃などの粉塵をばら撒くこと。

その家にどのくらい滞在するかが暖房方法選びのポイントになるように個人的には感じるばかり。

一人暮らしのワンルームならエアコン一択かな

35年ローンを組んで家族と共に長い時間生活するなら床暖だろうね。

床暖房の電気代って?

床暖房は電気代が高いって意見もちらほらあるね。

これに関しては床暖房そのものよりも「どのような断熱性能の住宅に入っているか?」で決まる部分が多い。

本気で床暖房の電気代を確認したい人はSNSで電気代と検索してみて。

今時SNSでみんなの家の電気代公表してるよね。

電気代に関してはハウスメーカーのHPとかブログで確認するよりSNSで見た方がリアルガチ!

参考程度に各ハウスメーカーの情報を収集したいなら資料請求だね。

情報があちらからきてくれるから楽

まとめ

理想の暖房方法はどのように住みたいかで変わるよね。

ワンルーム人立暮らしとか、夫婦二人で共働き子供なしなら家にいる時間も短いだろうからエアコンが理想だよね。

35年の住宅ローンを組んで子供達と家族みんなが長くその住居で生活することを想定するなら床暖房だろうね。

あなたにとって何がいいのかはあなた次第でしょ。

賃貸がいいとか持ち家がいいとか、、、、

どのハウスメーカーがいいとか、、、

人によって変わるからね。

誰かにとっての理想があなたにとっての理想とは限らないわけね。

だから自分にとって何がいいかは自分で判断するしかないね。

判断材料の一つはお金。

いつどんなお金がかかるかわからなくて不安な方はライフプランしてみるといいんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました