2024年に家を建てる方に教えたい!コスパ抜群の注文住宅の選び方

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

2024年に家を建てる方は、どんな悩みや目的を持っているのでしょうか?

家づくりは人生の大きな決断ですから、慎重に考えたいものです。

ここでは、2024年に家を建てる方の共通の悩みと目的を紹介します。

2024年に家を建てる方が抱える共通の悩みは、次のようなものが挙げられます。

  • 住宅ローンの返済が不安
  • 土地やハウスメーカーの選び方がわからない
  • 省エネや耐震などの性能が高い家を建てたいが、予算が足りない
  • 子育てやテレワークに適した間取りや設備がわからない
  • 補助金や減税などの制度を活用したいが、申請方法や期限がわからない

これらの悩みは、多くの人が共感できるものだと思います。

家づくりは一人で行うものではありません。

専門家やアドバイザーに相談したり、インターネットや書籍で情報収集したりすることで、解決策を見つけることができます。

2024年に家を建てる方が持つ目的は、次のようなものが挙げられます。

  • 結婚や出産などのライフイベントに合わせて、自分たちに合った家を持ちたい
  • 子供が入園・入学する前に、教育環境や交通アクセスが良い場所に住みたい
  • 家賃と住宅ローンを比べて、将来的に資産形成したい
  • エコや健康に配慮した、快適で省エネな住まいを実現したい
  • 自分たちの好みやライフスタイルに合わせて、オリジナルなデザインや機能を取り入れたい

これらの目的は、自分たちだけの理想の家づくりを目指すものだと思います。

しかし、理想と現実は必ずしも一致しません。

予算や条件などの制約もありますから、妥協や調整が必要な場面も出てくるでしょう。

そのときは、自分たちにとって本当に大切なことは何かを見極めることが重要。

角刈り
角刈り

住宅建築は思い立ったが吉日。建てるなら早い方が良いし、住宅を建築せず一生賃貸もありだと角刈りは思う。とはいえ、建築するなら少しでも早く建てた方が良い。

注文住宅とは?

注文住宅とは、自分たちの希望に合わせて設計や仕様を決めて建てる一戸建て住宅のことです。

注文住宅には、フルオーダー住宅セミオーダー住宅の2種類があります。

フルオーダー住宅は、すべての項目を自由に決められる住宅で、自分だけのオリジナルな家が建てられますが、建築知識や時間や費用がかかります。

セミオーダー住宅は、基本的な仕様は決まっていて、間取りや設備などは選べる住宅で、自由度とコストパフォーマンスのバランスが良いです。

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 自由度が高く、自分たちの理想に合った家づくりができる。
  • 建築現場をチェックできるため、施工品質が高くなる。
  • 予算に応じてコストをかける部分とかけない部分を調整できる。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 入居までの期間が長い。
  • 契約までの工程が複雑で手間がかかる。
  • 完成をイメージしづらい。

注文住宅の費用内訳

注文住宅を建てるときの費用内訳は、大きく分けて以下のようになります。

  • 土地代
  • 建物代
  • 諸経費

建物代は、設計料や施工費、設備費などから構成されます。

諸経費は、登記費用や税金、保険料などから構成されます。

注文住宅の予算は、これらの費用を合計したものになります。

注文住宅の予算はどう決めるかというと、まずは自分たちが借り入れ可能な金額を把握することが大切です。

予算決めは、家族だけで考えるのではなく第三者の目を入れた方が安心。

お金のプロによる客観的なアドバイスを確認せずに予算を決めると失敗する。

コスパ抜群の注文住宅の選び方

注文住宅は、自分の理想の家を建てることができる夢のようなものですが、その分費用も高くなりがちです。

しかし、安くても品質の高い注文住宅を建てることは可能です。

コスパ抜群の注文住宅を選ぶためには、どのようなポイントに注意すべきでしょうか。

コスパを理解する

注文住宅のコスパはイニシャルコストのみに在らず。

入居後の冷暖房費用、屋根外壁補修含めた各種維持費用。

太陽光&蓄電池による電気代高騰対策などランニングコストも考えてハウスメーカーを選択する必要がある。

コスパ最強なハウスメーカーは一条工務店。

でも、

注文住宅で家建てるけど、その家に一生住むことを想定しないなら、コスパよりもイニシャルコストを下げることに注力した方が良い。

イニシャルコストに注力するならパパまる

注文住宅の資金計画

注文住宅の資金計画について、住宅ローンや補助金などの資金調達方法を紹介。

住宅ローンの種類と選び方

住宅ローンは、注文住宅を建てるために必要な費用の大部分を借り入れることができる融資のことです。

住宅ローンには、以下のような種類があります。

住宅ローンの種類
  • 変動金利型:金利が市場の動向に応じて変動するタイプ。金利が下がれば返済額も減りますが、上がれば増えます。
  • 固定金利型:金利が一定期間固定されるタイプ。金利の変動に左右されず、返済計画が立てやすいですが、変動金利型よりも金利が高めです。
  • フラット35:住宅金融支援機構が提供する住宅ローンで、最長35年間の固定金利型です。審査基準が厳しく、建物の性能や耐震性にも条件があります。

住宅ローンを選ぶときは、以下の点に注意しましょう。

住宅ローン選択時の注意点
  • 借入可能額:年収や勤続年数、他の借入れなどによって、借りられる金額は異なります。自分に合った借入額を設定しましょう。
  • 返済負担率:年収に対する年間の返済額の割合を示す指標です。無理のない水準は25%以内、理想は20%以内と言われています。
  • 返済期間:返済期間が長ければ長いほど、毎月の返済額は少なくなりますが、総支払額は多くなります。また、老後資金の準備も考えましょう。
  • 金利:金利が高ければ高いほど、総支払額は多くなります。変動金利型と固定金利型では、将来の金利動向によって得する・損するが変わります。

補助金や減税などの制度を利用する

注文住宅を建てるときには、国や地方自治体から補助金や減税などの制度を受けることができる場合があります。

これらの制度を利用することで、住宅購入にかかる費用を軽減することができます。

以下に代表的なものを紹介します。

  • 住宅ローン控除:住宅ローンを借りて注文住宅を建てた場合、所得税や住民税から一定額を控除してもらえる制度です。最大で13年間適用されますが、控除額は借入金利の0.7%に相当する金額です。例えば、単純計算ではありますが3,000万円の住宅ローンを借りた場合、年間20万円程度の控除が受けられます。
  • こどもエコみらい補助金:若年世帯や子育て世帯が注文住宅を建てた場合、一定額の給付金を受け取ることができる制度です。

これらの制度を利用することで、注文住宅の資金計画を助けることができます。

ただし、それぞれの制度には申請期限や対象条件などがありますので、事前に確認しておくことが大切です

自己資金や貯蓄などの活用方法

注文住宅を建てる際には、自己資金や貯蓄などを活用することで、住宅ローンの借入額を減らすことができます。

自己資金や貯蓄を活用する方法には、以下のようなものがあります。

  • 頭金:住宅ローンを借りる前に支払うお金のことです。頭金は多ければ多いほど、借入額や返済額を減らすことができます。最近では頭金なしのフルローンも増加傾向。
  • 住宅貯蓄:住宅購入を目的として貯めたお金のことです。住宅貯蓄は、頭金に充てることができるほか、住宅ローンの審査にも有利になります。また、住宅貯蓄専用の口座や積立制度などを利用することで、税制上の優遇措置を受けることもできます。
  • 退職金:退職した際に受け取るお金のことです。退職金は、頭金や返済資金に充てることができますが、将来の生活費や老後資金なども考慮する必要があります。また、退職金は所得税や住民税などの課税対象になりますので、節税対策も検討することが大切です。
  • 財形住宅貯蓄:給与やボーナスから天引きして所定の口座にお金を貯める仕組みです。財形住宅貯蓄では、利息が非課税になるほか、住宅ローン控除の対象額が増えるメリットもあります。
  • 住宅取得資金贈与:親や祖父母などの親族からマイホームを購入するための資金を援助してもらう方法です。一定の条件を満たせば、贈与税が非課税になります。

これらの自己資金や貯蓄などを活用することで、注文住宅の資金計画を助けることができます。

ただし、自己資金や貯蓄などはすべて住宅購入にまわしてしまうと、新居に入居した後の生活費や引っ越し費用などが不足する可能性があります。

そのため、自己資金や貯蓄などはあくまでも一部分を住宅購入に充てるようにしましょう。

まとめ

これらの知識をもとに、自分のライフプランや目標に合わせて、最適な資金計画を立てることができます。

コスパ抜群の注文住宅を建てるためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 住宅ローンは、金利や返済期間、借入限度額などによって種類が異なります。自分の収入や支出、将来設計などを考慮して、無理のない返済計画を立てましょう。
  • 補助金や減税などの制度は、国や地方自治体から住宅購入者に対して提供されるものです。一定の条件を満たせば、住宅購入にかかる費用を軽減することができます。事前に確認しておきましょう。
  • 自己資金や貯蓄などは、住宅ローンの頭金や諸費用に充てることができます。頭金は多ければ多いほど、借入額や返済額を減らすことができます。財形住宅貯蓄や住宅取得資金贈与なども活用しましょう。
  • ハウスメーカーのコスパはイニシャルコストを抑えるよりランニングコストを抑える方が重要。なぜなら、35年以上は住むことになるから。しかも、イニシャルコストを抑えた最低限の家づくりは35年後どうなるか。最低限の住宅の35年後を想定して慎重に判断してね

コスパ抜群の注文住宅を実現するためにはFP相談が必須

コスパ抜群の注文住宅を実現するためには、FP相談が必須です。

FP相談とは、ファイナンシャルプランナー(FP)という専門家に、自分の資産状況や目標、ライフプランなどを相談することです。

FP相談をすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 自分に合った資金計画を立てることができます。FPは、住宅ローンの種類や選び方、補助金や減税などの制度、自己資金や貯蓄などの活用方法などに詳しく、自分の収入や支出、将来設計などを考慮して、最適な資金計画を提案してくれます。
  • 無理のない返済計画を立てることができます。FPは、住宅ローンの返済にかかる負担やリスクをシミュレーションしてくれます。また、返済中に発生する可能性のあるライフイベントやトラブルに備えるための対策も教えてくれます。
  • 資産運用の方法を知ることができます。FPは、住宅購入だけでなく、教育資金や老後資金などの人生の三大資金についてもアドバイスしてくれます。自分に合った運用方法や商品を紹介してくれるほか、運用中のフォローアップも行ってくれます。

以上のように、FP相談をすることで、コスパ抜群の注文住宅を実現するだけでなく、人生全体の資産形成にも役立ちます。

FP相談は有料の場合もありますが、無料で相談できるサービスもあります。

あなたも今すぐ無料FP相談サイトにアクセスして、コスパ抜群の注文住宅を実現しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました