注文住宅購入時の営業マンの選び方を考えるの巻

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

「注文住宅で住宅を建築したい。。。」

「ハウスメーカーはお気に入りがあるけど営業マンは検討中」

「営業マンの担当変更は可能なの?」

こんな疑問にハウスメーカーの営業マンである角刈りがお答えします。

営業マンが良いからハウスメーカーを決めるとかは絶対やっちゃいけない愚の骨頂シリーズなんだけど、営業マンを蔑ろにしてもダメ。

営業マンがイマイチだといちいちストレスだ。

営業マンがイマイチなことを例えるなら、出口の見えないトンネルを突き進む感じ、、、

もしくは、老後が不安な感じ、、、

もしくは、寝ている時に誰もいない部屋から人の気配を感じる感じ。

つまり、不安なんだよね。

営業マンがイマイチだといちいちストレスで不安がつきまとう。。。

さて、どうしよう、、、

勤続年数と役職チェック

ストレスのない営業マンを見極めるためには、勤続年数と役職の確認からどうぞ。

やはり、入社一年目よりは入社10年目の方が知識の幅は広いし、

一般職よりは役職ついている営業マンの方が、知識の幅が豊富だよね。

今時、どのハウスメーカーも会社全体でサポートするとは言え、営業マンがハズレだととにかくレスポンスが遅い。

なんでもかんでも確認して教えてくれるのは良いことだけど、住宅を建築する側からすると、不安がなかなか解消されないのはストレスでしょ。

だから、長く業界に身を置くことで、多くのお客様の家づくりに携わっているベテランを選んでおいた方がストレスフリーで安心。

転職歴も確認しとくとよい

ハウスメーカーの営業職をはじめ、不動産業界は離職率が高い。

どうしてもクレームが多い業界だからしょうがないけれど、転職が多いもんだから年配の新人なんてのも一定数存在するよね。

転職歴が多いのは、様々クレームを発生させている可能性が高い。

もしくはその他トラブルにより逃げるように転職ってのがハウスメーカー営業の定番。

そもそも、ハウスメーカーからハウスメーカーの転職ってのは行き場がなくての転職のケースが多いでしょ。

せめてローコストから最大手ハウスメーカーへの転職とか、最大手からローコストへの転職を1回とかならありかもだけど、ハウスメーカーの営業マンはハウスメーカーを転々としているケースが多いのよね。

あんまり転職回数が多いと、あなたの担当になった後も、転職しちゃうかもね。

定年退職間近の営業もキツイね

あんまり年配だと、打ち合わせ中に定年退職なんてことも無きにしも非ず。

引き継ぎがうまくできなくてストレスがかかることも多いね。

あと、営業マンを選ぶときはなるべく自分と年齢が同じくらいというのも結構重要な決め手。

年齢が同じくらいだと、活用している連絡手段も同じようなものを使えるからやり取りがスムーズでノーストレス。

あなたにとって都合が良い連絡手段を獲得する目的でも、営業マンは同じくらいの年齢の人を選ぶのが良い。

営業マンでハウスメーカーを選ぶのは間違い

営業マンがあなただからこのハウスメーカーにしましたってやつね。

これは本気で辞めてください。

営業マンはお仕事ですよ。

あなたに信頼してもらうために、都合のいいことだけ並べてます。

だから営業マンでハウスメーカーを選択すると、建物の質が低いことに気づけないことも少なくない。

営業マンがいい人に見えるのは当たり前。

そんで、

相性が合わない営業だからといってハウスメーカー選びを諦めないで。

営業マンが合わないだけでそのハウスメーカーがあなたにとって最適であることも少なくない。

ハウスメーカー選びに営業マンは関係ない。

必要なことはあなたの価値観をを明確にしてハウスメーカーを選択すること。

あなたに優しい営業マンを見つけることではない。

価値観を明確にするには、ライフプラン一択

営業を変更することは可能

営業がどうしても合わない時に変更することは可能

営業マンを変更する方法は、直接伝えてもいいけど言いづらいよね。

そんなときは、検討しているハウスメーカーのホームページにある問い合わせからメールにて営業担当変更希望を申し出る。

もしくは担当の営業とは違う部署に電話でもいいね。

店舗に電話で伝えるのもちょっと言いづらいからね。

なるべく営業マンから遠いところに電話を入れるとストレスも少ないかもね。

営業選びより大切なこと

営業を選ぶより大切なことは、そのハウスメーカーが提供する「家」を見ること。

何度でもいうけど営業マンはいい人に見えるかもしれない。

あなたに寄り添ってくれてほかのハウスメーカーにはこんな人いなかったと感じるかもしれない。

でも、

それが営業マン。それがビジネス。

あなたのことを考えてるように見せているだけ。

もっと言えば優秀な営業マンは「水道水」でも売るんだよね。

水道水ならいいよ。

あなたから水道水を変えてよかったって思ってればいいさ。

でも家は違うよね。

一生に一度の買い物を営業マンで決めていいの?

その家に何年住むの?

営業マンは一緒に住むの?

そんなわけないでしょ。

何より大切なことは営業マンに騙されるのではなくて、ハウスメーカーの「家」を比較して選ぶことだよね。

営業マン騙されないで。

まとめ

あなたが買うのは家で、あなたが住むのも家。

営業マンとかどうでもいい。

でも、

営業マン選びに失敗すると家づくりがストレスが溜まる。

家づくりで無駄にストレスを抱えないためには、役職のついた、転職歴のない、年齢の同じくらいの営業を選ぶこと。

営業マンとイマイチ相性が合わないとなった時には営業マンを気軽に変更しよう。

営業マンの変更方法は、ハウスメーカーのホームページからメールにて問い合わせが一番楽。

失敗しない家づくりのために、営業マンではなくて「家」を比較する。

間違えないで、選ぶのは営業マンではなくて家。

コメント

タイトルとURLをコピーしました