住宅の購入のタイミング今。購入時期は前倒しがお得な理由

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

「住宅の購入タイミングはいつ?」

「いつがお得?」

「今買っていいの家?」

こんな悩みを持った人、集まれ集まれ。

住宅の購入を検討するならもーすでにあなたは買い時タイミング。

やっぱり今じゃ無いかなー、、、みたいな感じなやんで数ヶ月経ってしまった人はもー家買うの諦めることを検討していい頃

買えない人はずっと買えないし、買い時を探す人は、常に一番いいタイミングを逃している。

結局投資と一緒ね。

未来を読める人なんていないわけ。

だから、家買おっかなーと思ったら速攻買った方がお得。

角刈り
角刈り

住宅は、早く購入した方が良い。建物購入費用が安くなっても、住宅ローン金利が上昇すれば意味がないし、その額も同じこと。数十年前より、ハウスメーカーの金利は高くなっているが、その分住宅ローン金利は安くなっている。結果、いつ買っても得も損もない。だったら少しでも早く買って住居の資産化を早めた方が良いに決まってる。いつか住居を買うなら早く買った方が良い。一生賃貸ならそれもありだろうけどね。あくまで角刈りの感想な。

なんで家買うのか明確にしないと始まらん

家でも購入しようかなーと考えるきっかけは何?

この質問深掘りしてほしい。

この質問に対する答え次第でいつが買い時か判断すると楽勝

家購入動機①家賃が、、、

家賃がもったいない。。。。

はい。

あなたは今家買うべき人

だって家賃て毎日かかってんのよ

毎月支払いなんでしょうけどね。

実際は毎日家賃かかってんの。

いやいや、

毎秒家賃かかってんだよ。

そう

今この瞬間も家賃かかってる。

住宅購入動機が家賃が高いからの人は、もー建てどきを逃してる可能性あり。

真面目に一生外の住居費を住宅ローン・住宅購入に特化したFP無料相談で確認した方が良い

家購入動機②家が狭くなった

家族構成の変化により今の家が手狭になったタイプ。

手狭なら家買うしか無いよね。

でさ、

家が手狭になる時ってどう言う時?

子供生まれたんだよね。

てことはさ、

あと20くらいはその家手狭だよね。

いや、

早く家買った方いいよ。

家にすぐ資料を届けてもらうのが間違いない。

家購入動機③土地を相続した

いそご。

土地相続して、まだ、賃貸に住んでいるならこの際だから、家建てよ。

相続した土地をそのまま放置しとくのもったいないで。

もちろん、前提に、相続した土地に住みたくないとか、そんな事情があれば別よ。

でも、

もしさ、

土地を相続した上で、「いやー家っていつ建てんのがお得なのー????」みたいな場合は速攻で建てた方がいいよ。

住宅購入を同じ場所で実施する場合には、今日より明日お得になった事例がないからね。

家購入動機④定年退職した。

もー今だよ。

明日土に帰ってしまうかもしれない。

こう言う人に限ってさ、営業されたくないから「今じゃないけど時期が来たら家建てたいんだ」みたいなノリで住宅展示場に遊びにくるんだよね。

いやいや

明日があると思うなかれだよね。

定年退職する年齢なら時間ないやん。

どんな理由であれ収入があれば住宅ローンの借り入れができる可能性もあるでしょ。

住宅ローン組むと団体信用生命保険に加入できると言うことはよく聞く話でしょ。

その通り保険加入できるから、土に帰ってしまった場合は、住宅ローンなくなるから。

定年退職したのに「家づくりっていつがお得なのかなー」なんて言ってる場合ではないぞよ。

家の購入するしないを明確に

家づくりは時間がかかる。

ハウスメーカーはいっぱいあるし、マンションだって建売住宅だってあるし、、、

今時賃貸もよく見えるし、、、

住まいに関する選択肢って増えたんだよね。

だから、無駄に時間を浪費しないためには、家購入するしないを明確にしとくと後で楽。

では、どうやって明確にすんのか

家づくりするかしないかはライフプラン次第

家づくりした方がいいと言う人も、賃貸がいいと言う人も考えていることは同じ。

どんだけお得に住まいを確保できるか。

そんで、

どんだけお得に住まいを確保できるかはあなたの年齢や所在地、家族構成、趣味嗜好で変わるんだ。

それらをまとめて検討することができるのが、ライフプラン設計に特化したFP無料相談なんだな。

いつなににどのくらいの費用がかかるか試算する。

それがわかれば、あなたにとって必要なのは賃貸住宅なのか、流動性の高いマンションなのか、長期で楽しめる戸建て住宅なのかが明確にできる。

ポイントは自分でなんとなくの計算をしないこと。

資格を持ったFPに情を入れずに第三者目線で計算してもらうことが重要。

逆に未来の方がお得に家買える理由は?

ない。

だって未来の想定はできない。

もちろん過去の事例から予測することはできるかもしれないけれど、その予測は1000%確実な未来とはいえなくない?

ぶっちゃけ、五年前から五年経ったら土地は安くなるよとか言われてるからね。

現状土地の代金は値上がりする一方でしょ。

あん時購入しておけばよかったよね。

いつだってそう。

買いたいと思った時に買わないと

あん時買っておけばよかった症候群。

早く買えば、物件は吟味しなくていいの?

それは違うね。

あくまでも長期的にお得になる可能性が高い住宅を購入すべき。

ハウスメーカーであれば、未来への投資ができる建物を選ぶべき。

急いで粗悪な家をつかまされないように失敗しない家のための情報を一括取得をつかう。

マンションであればとにかく立地。

先々売却する時に駅から遠いマンションで築年数が古いのは赤字になる可能性が高いよね。

マジ駅近かつマジ築浅を購入するのがマンション

建売住宅もとにかく立地。

建売もマンションと考え方は同じで将来的に売却をすることが前提。

建売住宅の考え方は土地にこだわり建物の性能を低くしてお安く販売するよのスタンス。

建売住宅も駅から徒歩10分は重要ポイント

まとめ

まじで、家を買うことを検討するなら、いつ家買うのがお得?なんて考えている場合ではない。

イタズラに購入時期を遅らせることほど損。

お得な購入時期は今であり今でさえ遅すぎるレベル。

家買うならね。

家買うことを想定するなら、買い時はいつも今。

賃貸派の人はそれも一つの選択。

だから、

家買う気持ちがあるなら早く買ったもん勝ち。

それでも自分には賃貸が合っているのか、持ち家が合っているのが理解できない人はライフプラン設計に特化したFP無料相談を活用して人生設計。

いや

買う。

買うって言う人は、家づくりの第一歩を無料で踏み出す

コメント

タイトルとURLをコピーしました