桧家住宅で後悔しないために。失敗した人たちの声を聞いてみました。

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

桧家住宅とはどんな住宅なのか、特徴やメリットは何なのか、失敗した人たちの声や成功事例はどうなのか、などについて詳しく解説します。

この記事を読んでいただければ、桧家住宅に関する疑問が解消されるだけでなく、桧家住宅で理想の暮らしを実現するためのヒントも得られるでしょう。

記事の結論としては、

桧家住宅は素晴らしい住宅ですが、失敗しないためにはFPなどの第三者機関に相談したり、見学会や体験会に参加したりすることが大切だ

ということです。

桧家住宅とはどんな住宅なのか?

桧家住宅とは、ヒノキヤグループが展開する注文住宅のブランドです。

桧家住宅の最大の特徴は、全館空調「Z空調」が装備できることと屋上の提案が得意なこと

Z空調とは、一年中、家の温度を快適に保つシステムで、身体にも家計にもやさしいとされています。

Z空調は、断熱材「アクアフォーム」や高気密高断熱の構造と相性が良く、エコで快適な住まいを実現します。

吹付だから断熱材の厚みが物足りないし、リフォームがだるいけどね。

桧家住宅の特徴やメリット

桧家住宅は、土地探しからの家づくりのお手伝いはもちろん、自社物件もご用意しています。

また、注文住宅で培った品質やプランアイデアを盛り込んだ全館空調「Z空調」搭載の建売住宅の分譲もしています。

さらに、ヒノキヤグループは、「注文住宅事業」「不動産事業」「断熱材事業」に加え、「リフォーム事業」といった周辺事業を充実させており、多様化するライフスタイルを反映したお客様のニーズにしっかりと対応できる体制を構築しています。

桧家住宅で失敗。。。3つの失敗例と原因。

桧家住宅は、全館空調「Z空調」や高気密高断熱の「Wバリア工法」など、快適な暮らしをサポートする技術やサービスが充実した住宅です。

しかし、桧家住宅にも失敗する可能性があります。

ここでは、桧家住宅で家を建てた人たちの声をもとに、3つの失敗例とその原因を紹介します。

冷暖房費用が高い

桧家住宅は、木造住宅の中でも高断熱・高気密性能を誇る住宅です。

しかし、それだけでは冷暖房費用を抑えることはできません。

桧家住宅で冷暖房費用が高くなってしまった人たちは、以下のような原因がありました。

桧家住宅の冷暖房費用が高い理由
  • 窓の性能が低く、日射熱や外気の影響を受けやすい。
  • 換気システムが不十分で、室内の湿度や温度が一定に保てない。
  • 断熱材が薄いため、熱が逃げて行きやすい。
  • 冷暖房の使用方法や管理方法が適切でなく、無駄なエネルギー消費をしている。

これらの原因を防ぐためには、桧家住宅の設計段階で、窓の配置やサイズ、換気システムの種類や能力、冷暖房機器の種類や能力などを考慮する必要があります。

メンテナンス費用が高い

桧家住宅でメンテナンス費用が高くなってしまった人たちは、以下のような原因がありました。

桧家住宅のメンテナンス費用が高い理由
  • 外壁や屋根の塗装や防水処理が十分でなく、雨風にさらされて傷んだ
  • 屋根外壁が思ったより汚れてメンテナンス費用がかかった
  • 室内の壁や床の塗装や仕上げが十分でなく、汚れやキズに弱かった
  • 室内の木材に虫食いやカビが発生し、交換する必要があった
  • 定期的な点検や清掃を怠り、木材の劣化に気づかなかった

これらの原因を防ぐためには、桧家住宅の建築段階で、外壁や屋根、室内の壁や床などに対して、適切な塗装や防水処理、仕上げなどを施す必要があります。

場合によっては適切にオプションを採用して建築時に建物のグレードを上げることが重要です。

住居内に段差をつけて失敗

桧家住宅は、和風と洋風を融合させたモダンなデザインが特徴的な住宅です。

しかし、デザインのために住居内に段差をつけると、思わぬトラブルに遭うことがあります。

桧家住宅で住居内に段差をつけて失敗した人たちは、以下のような原因がありました。

桧家住宅で段差をつけて失敗
  • 段差に気づかずに転倒したり、つまずいたりして怪我をした
  • 段差に家具や荷物が引っかかって移動が困難になった
  • 段差によって部屋の広さや使い勝手が損なわれた
  • 段差によって掃除がしにくくなった

これらの原因を防ぐためには、桧家住宅の設計段階で、段差の必要性や安全性、快適性などを検討する必要があります。

桧家住宅で失敗しないために専門家から5つのアドバイス

桧家住宅は、全館空調「Z空調」を搭載した木造住宅で、快適さや健康効果を追求した家づくりを提供しています。

しかし、桧家住宅にもメリットとデメリットがあります。

桧家住宅で失敗しないためには、どのようなポイントに注意すべきでしょうか?

専門家が5つのアドバイスをご紹介します。

桧家住宅で建築する場合は、太陽光発電はつけてはいけない

桧家住宅で建築する場合は、太陽光発電はおすすめできません。

その理由は、以下の通りです。

桧家住宅で太陽光をつけてはいけない理由
  • 桧家住宅は全館空調「Z空調」を使っています。Z空調は24時間稼働するので、昼間に発電した電力を夜間に買い戻す太陽光発電と相性が悪いです。太陽光発電のメリットを十分に享受できません。
  • 太陽光パネルを屋根に設置すると、屋根に穴を開ける必要があります。これは雨漏りの原因になります。また、パネルが壊れたり古くなったりした場合、交換や処分にもコストがかかります。屋根の耐久性も低下します。
  • 太陽光パネルの搭載容量は、屋根の面積や方位によって制限されます。桧家住宅は木造住宅なので、重いパネルを多く設置することができません。必要な電力量を賄えない場合があります。
  • 桧家住宅は断熱性能がハウスメーカーの中では高い方ではありません。夏は熱く、冬は寒くなります。また、桧家住宅はZ空調で快適な温度を保ちますが、その分電力消費量も増えます。太陽光発電で得られる節約効果が減少します。

以上の理由から、桧家住宅で建築する場合は、太陽光発電はつけない方がよいと言えます。

桧家住宅は、メンテナンス費用が高くなることを認識しておく

桧家住宅で建築する場合は、メンテナンス費用が高くなることを想定しておく必要があるというのは事実です。

その理由は、以下の通りです。

メンテナンス費用が高い理由
  • 屋根や外壁は木造住宅の特性上、劣化しやすい部分です。そのため、10年ごとに塗装や補修を行う必要があります。これには費用がかかります。メンテナンスの必要がない外壁は光触媒を採用する外壁と強化ガラスを採用できる屋根のみだが桧家住宅では採用できない。
  • 防腐防蟻処理も定期的に再処理を行う必要があります。木造住宅はカビやシロアリなどの被害に遭いやすいので、予防するためには欠かせません。これにも費用がかかります。
  • Z空調は全館空調システムで、ダクトを通して空気を送ります。ダクトにはホコリやカビなどが溜まる可能性があります。そのため、定期的にダクト清掃を行う必要があります。これにも費用がかかります。
  • Z空調は家電製品です。家電製品は故障する可能性があります。故障した場合、修理や交換を行う必要があります。これにも費用がかかります。特に交換の場合、Z空調本体の価格は高いです。

以上の理由から、桧家住宅で建築する場合は、メンテナンス費用が高くなることを想定しておく必要があると言えます。

桧家住宅は冷暖房費用が高くなる

桧家住宅で建築する場合は、冷暖房費用が高くなる。その理由は、以下の通りです。

冷暖房費用が高くなる理由
  • 桧家住宅は全館空調「Z空調」を使っています。Z空調は一年中快適な温度を保つことができますが、エネルギー消費量も多くなります。
  • アクアフォームは吹付断熱で施工。吹付断熱は柱や梁などの隙間にも断熱材を充填できるため、均一な断熱効果が得られます。しかし、吹付断熱は柱の厚さ分しか断熱材を入れることができません。桧家住宅では、壁に8センチ程度、天井に9センチ程度、床下に4センチ程度の厚さでアクアフォームを施工しています。これは一般的な木造住宅の断熱性能よりも低いです。
  • 窓の断熱性能が低い。熱貫流率は1.37w/㎡kと熱を通しやすい仕様。

以上の理由から、桧家住宅で建築する場合は、冷暖房費用が高くなります。

もちろん、あなたが桧家住宅の営業なら、「うちは高気密高断熱の建物で冷暖房費用も安いです!」と言い切ることでしょう。

SNSを見てもらうとわかりますが、桧家住宅で建築している人の冬場の冷暖房費用は4万円を超えますし、太陽光発電を搭載している人は夏場でも消費電力が高い

段差は作らない方が良い

桧家住宅では、建物の中に段差を作ることができます。

しかし、段差は作らない方が良いという意見が多くありました。

その理由は以下の通りです。

  • 転倒の原因になる
  • 掃除がしにくい
  • インテリアに制限をかける

段差は転倒事故の原因になります。

特に小さな子どもや高齢者が住む場合は注意が必要です。

段差は掃除がしにくくなります

モップや掃除機で段差を越えるのは大変ですし、埃やゴミが溜まりやすくなります。

段差は空間の広さや開放感を損ないます

段差があると部屋同士のつながりが悪くなりますし、天井高も低く感じられます。

段差はインテリアコーディネートに制限をかけます

段差があると家具やカーテンなどの配置やサイズに気を付けなければなりません。

和室やロフトなど特別な空間を作る場合には段差を利用することもありますが、その場合もやはり危険。

Z空調は採用しないほうが良い

Z空調は、天井にダクトを通して各部屋に冷暖気を送る全館空調です。

しかし、ダクトの清掃には手間と費用がかかりますし、カビが発生する恐れもあります。

また、Z空調の機材は高価で、故障した場合は壁を壊して交換する必要があります。

そのため、Z空調よりも壁掛けエアコンの方がコストパフォーマンスが良いと言えます。

桧家住宅に住んでいる方のリアルな評判と口コミ

桧家住宅で実際に建てた人たちは、どのような評判や口コミを寄せているのでしょうか?

ここでは、桧家住宅の評判と口コミをいくつか紹介します。

良い評判と口コミ

桧家住宅の良い口コミ
  • Z空調が快適
  • 内装が気に入っている
  • 平屋で正解だった

Z空調が快適。

夏でも冬でも全館同じ温度に保たれ、過ごしやすいという声が多くあります。

インテリアや設備のセットが良い。

プロがコーディネートしたインテリアが標準仕様に含まれるため、家具選びやレイアウトに悩まなくて済むという利点があります。

平屋で家事導線がスムーズになった。

桧家住宅では平屋のプランも豊富に用意されており、階段の上り下りや移動距離を減らしてラク家事を実現できるという魅力があります。

悪い評判と口コミ

悪い口コミ
  • 契約後の打ち合わせで金額が大きく増えた
  • 冷暖房費用が高かった
  • メンテナンス費用が高かった

契約後の打ち合わせで金額が大きく増えた

オプションや追加工事などで予算が膨らんだり、見積もりと実際の請求額が異なったりするケースがあるようです 。

契約前に細かく見積もりを確認したり、契約後に変更があった場合は明細を要求したりすることが大切です。

冷暖房費用が高かった

桧家住宅の特徴であるZ空調は、全館同じ温度に保つことで快適な暮らしを提供してくれますが、その分電気代がかかるというデメリットもあります。

実際SNSやヒノキヤ住宅にお住まいの方のブログリサーチ、住宅展示場でのリサーチでは、Z空調で夏でも冬でも電気代4万円を超えるという声も聞こえてきます。

桧家住宅の断熱性能と気密性能は低いです。

太陽光発電をはじめとする住宅設備で電気代を安くするように工夫することも一つですが、諦めて、冷暖房費の高額な住宅を建築するのも一つでしょう。

大切なことはあらかじめ断熱性が低いことを理解してヒノキヤで住宅を建築すること。

理解しないで「こんなはずじゃなかった。。。」ってのが一番ダメージでかいでしょ。

メンテナンス費用が高かった

桧家住宅では、初期保証は10年、最長30年ですが、その後は有料でメンテナンスサービスを受ける必要があります 。

メンテナンス費用は建物の規模や状態によって異なりますが、一般的には数万円から数十万円程度かかると考えられます。

メンテナンス費用を抑えるためには、日頃から清掃や点検を行ったり、必要に応じて修繕や改修を行ったりすることが重要です。

桧家住宅の見学会や体験会に参加しよう。

桧家住宅の見学会や体験会に参加すると、以下のようなメリットがあります。

  • 実際にZ空調やWバリア工法などの省エネルギー効果が高い住まいを体感できる
  • 施主宅や完成現場など、様々なタイプの住まいを見学できる
  • 建築中の構造や断熱材など、普段見ることができない部分を確認できる
  • 桧家住宅の営業担当者や施主様から、住まいづくりのアドバイスや感想を聞ける

桧家住宅の見学会や体験会に参加するには、以下の方法があります。

  • イベント・見学会情報から、希望するエリアや日程を選んで予約する
  • Z空調オーナー様宅見学会から、希望するエリアや日程を選んで予約する
  • 現地見学会一覧から、希望する分譲住宅の現地見学会に予約する

桧家住宅の見学会や体験会に参加する際の注意点は、以下の通りです。

  • 予約制の場合は、事前にWEBまたは電話で予約
  • 予約が取れない場合は、お近くの展示場にお問い合わせ
  • 見学会や体験会によっては、定員制や時間制限がある場合がある

以上のように、桧家住宅の見学会や体験会に参加する方法と注意点をお伝えしました。

桧家住宅で快適な住まいを建てるためには、ぜひ一度現地で体感してみてください。

まとめ

桧家住宅は、Z空調やWバリア工法などの省エネルギー効果が高い住まいを提案するハウスメーカーです。

しかし、実際に桧家住宅で建てた人たちの声を聞くと、電気代が高い、間取りや設備に不満がある、サポートに不満があるという後悔や失敗のポイントが多く見られます。

桧家住宅で住宅を建築できるかどうかFPに確認

桧家住宅で住宅を建築できるかどうかは、あなたの収入や貯金、借入などの資金状況によって異なります。

桧家住宅の建築費用は、平均で3000万円程度と言われていますが、間取りや設備、土地の価格などによって変動します。

また、住宅ローンの金利や返済期間、頭金やボーナス払いなども、住宅購入に影響する要素です。

桧家住宅で住宅を建築できるかどうかを正確に知るには、専門家に相談するのが一番です。

しかし、ハウスメーカーや銀行の営業担当者に相談すると、自社の商品やサービスを売り込まれる可能性があります。

そこでおすすめなのが、無料のFP相談です。

無料FP相談でお金の不安を払拭!

FPとはファイナンシャルプランナーの略で、お金の専門家です。

FPは、あなたの資金状況やライフプランを分析し、最適な住宅購入の方法や計画を提案してくれます。

FPは、ハウスメーカーや銀行とは無関係な第三者なので、中立的で客観的なアドバイスが受けられます。

また、FP相談は無料で利用できるサービスも多くあります。

桧家住宅で住宅を建築できるかどうかを知りたい方は、ぜひ無料のFP相談を利用してみてください。

FP相談を利用することで、以下のメリットがあります。

  • あなたに合った住宅購入の方法や計画を知ることができる
  • 住宅ローンの金利や返済方法を最適化することができる
  • 予算内で理想の住まいを手に入れることができる
  • 住宅購入後の生活費や将来の備えも考えることができる

無料のFP相談は、ライフプラン設計に特化したFP無料相談から簡単に申し込むことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました