【家づくりの秘密】良い客はお得に家を建築できて、悪い客は家づくりで損をする

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

この記事を書いているのは、ハウスメーカーで家づくりを検討している方や、これから注文住宅会社を選びたい方のための不動産業界の営業マンです。

この記事では、ハウスメーカーにとって良い客と悪い客を理解することで、家づくりをスムーズに進める方法をお伝えします。

あなたは、ハウスメーカーで家づくりをするときに、こんな疑問を持ったことはありませんか?

みんなの悩み
  • ハウスメーカーは客を見るって本当?
  • 嫌がる・迷惑な客のタイプって?
  • 相手にされないこともあるの?

もしそうなら、この記事はあなたにぴったりです。

この記事を読んでわかることは、

この記事を読んでわかること
  • ハウスメーカーが嫌う客・好かれる客の特徴
  • 好かれる客になるためにすべきこと
  • 家づくりで失敗しないためのコツ

です。

この記事の結論は、

この記事の結論
  • ハウスメーカーが嫌う客は、本気で建てる気がない・予算が少ない・過度な要求をする・時間や手間がかかる・人間性に問題がある人
  • ハウスメーカーが好かれる客は、本気で建てる気がある・予算がある・過度な要求をしない・時間や手間がかからない・人間性に問題がない人
  • 好かれる客になるためには、間取りのことはプロに任せる・ハウスメーカーの営業マンと信頼する・自分のライフスタイルや価値観に合った家を建てる・自分で調べたり他の人の意見を聞いたりする・契約書や図面などの書類をしっかり確認する

です。

これらのことを知っておけば、ハウスメーカーと良好な関係を築き、理想の家づくりができる可能性が高まります。

また、好かれる客になることで、嫌われる客と比較して圧倒的にお得に住宅を建築することができます。

結局は「人」が作る家。

契約後も長い付き合いになるハウスメーカーに対して、あえて嫌われることが長期的に多大な損失を産むことが理解できないなら建売をや中古戸建などの「既製品」を選びましょう

ハウスメーカーでの家づくりは、形のないものをともに作り上げていくこと。

良い客はお得に家を建築できて、悪い客は家づくりで損をする理由

家づくりは、ハウスメーカーとの関係が大きく影響します。良い客になれば、ハウスメーカーの営業マンはあなたに対して、

  • 素早く丁寧に対応してくれる
  • 予算や要望に合わせて最適なプランや見積もりを提案してくれる
  • 余計な費用やトラブルを回避してくれる
  • アフターサービスも充実してくれる

といったメリットがあります。これらは、家づくりの品質やコスト、満足度に直結することです。

一方、悪い客になってしまうと、ハウスメーカーの営業マンはあなたに対して、

  • 対応が遅く雑になる
  • 予算や要望に合わないプランや見積もりを押し付ける
  • 追加費用やトラブルを起こす
  • アフターサービスも手抜きになる

といったデメリットがあります。これらは、家づくりの品質やコスト、満足度にマイナスの影響を与えることです。

つまり、良い客はお得に家を建築できて、悪い客は家づくりで損をするということです。

角刈り
角刈り

本当にすぐに罵声を浴びせるタイプの大人の方々には、提案も何もしたくないですの。

では、ハウスメーカーで良い客と悪い客の違いとは何でしょうか?次の項目で見ていきましょう。

ハウスメーカーで良い客と悪い客の違いとは何か?

良い客とは、ハウスメーカーの営業マンが好む客のことです。

具体的には、

  • 本気で建てる気がある
  • 予算がある・明確
  • 過度な要求をしない
  • 時間や手間がかからない
  • 人間性に問題がない

といった特徴を持つ人です。

悪い客とは、ハウスメーカーの営業マンが嫌う客のことです。具体的には、

  • 本気で建てる気がない
  • 予算が少ない・不明
  • 過度な要求をする
  • 時間や手間がかかる
  • 人間性に問題がある

といった特徴を持つ人です。

良い客と悪い客の具体的な例とその理由

良い客と悪い客の具体的な例を、以下に挙げます。

良い客の例:

アドバイザー
アドバイザー

営業マンに自分たちの予算や要望をしっかり伝え、プランや見積もりを提案してもらいました。営業マンのアドバイスも参考にしながら、無理のない範囲で要望を調整しました。打ち合わせや契約もスムーズに進み、家づくりに満足しました。

アドバイザー
アドバイザー

インターネットでハウスメーカーの情報を調べて、気になる会社を数社選びました。それぞれの会社に問い合わせて、自分たちの予算や条件を伝えました。その中から一番信頼でき会社を選んで、間取りや見積もりを作ってもらいました。図面に関してはプロの設計士に一任しましたが、自分たちの理想も伝え、できないことは諦め、できる範囲で最大限魅力ある建物にする為、打ち合わせをしました。

悪い客の例:

アドバイザー
アドバイザー

住宅展示場に見学に行きましたが、本当は家を建てる予定はありませんでした。景品やプレゼント目当てでアンケートに嘘の情報を書き、営業マンから電話がかかってきても無視しました。営業マンはCさんに対して時間と労力を無駄にしました。

アドバイザー
アドバイザー

家づくりにこだわりが強く、雑誌やインターネットで見たデザインや仕様をそのまま要求しました。営業マンから現実的ではないと指摘されても聞き入れず、値引きや無料サービスも要求しました。打ち合わせや契約も何度も変更やキャンセルを繰り返し、営業マンは精神的に疲れました

以上のように、良い客と悪い客は、ハウスメーカーの営業マンに対する姿勢や行動が大きく異なります。

良い客は、ハウスメーカーの営業マンと協力して家づくりを進めることで、お得に家を建築できます。

悪い客は、ハウスメーカーの営業マンと対立して家づくりを妨げることで、家づくりで損をします。

では、どうすれば良い客になれるのでしょうか?次の項目で見ていきましょう。

良い客になるために、設計に関することはプロに任せる

家づくりで最も重要なのは、間取りです。

間取りは、家族のライフスタイルや将来の変化に合わせて、快適で機能的な空間を作ることです。

しかし、間取りを作るのは、素人には難しいこと。

自分たちのイメージや好みだけで間取りを考えてしまうと、以下のような問題が起こります。

  • 予算や敷地の条件に合わない
  • 家具や収納が入らない
  • 採光や通風が悪い
  • 道路や隣家との関係が悪い
  • 耐震性や断熱性が低い
  • メンテナンスが大変

これらの問題は、家づくりの後悔や不満の原因になります。

また、間取りを変更するたびに、見積もりや図面も変更しなければならず、時間や手間がかかります。

そこで、良い客になるためには、間取りのことはプロに任せることが大切です。

プロとは、ハウスメーカーの営業マンや設計士のことです。

彼らは、家づくりの専門家であり、あなたの予算や要望を聞きながら、最適な間取りを提案してくれます。

彼らの提案は、以下のようなメリットがあります。

  • 予算や敷地の条件に合う
  • 家具や収納が入る
  • 採光や通風が良い
  • 道路や隣家との関係が良い
  • 耐震性や断熱性が高い
  • メンテナンスが楽

これらのメリットは、家づくりの品質やコスト、満足度に直結することです。

もちろん、プロに任せると言っても、あなたの意見や感想は大切です。

プロの提案を聞いて、気に入った点や気になった点を伝えましょう。

そうすれば、プロもあなたに対して信頼感を持ち、より良い提案をしてくれるでしょう。

間取りは、自分たちで作るのではなく、プロと一緒に作るものだと考えましょう。

それが、良い客になるための第一歩です。

良い客になるために、ハウスメーカーを信頼する

家づくりは、ハウスメーカーと長期的な関係を築くことです。

契約から完成まで数ヶ月から数年かかりますし、アフターサービスも長く続きます。

そのため、ハウスメーカーを信頼することが大切です。

信頼するということは、

  • 営業マンの話を真剣に聞く
  • 営業マンのアドバイスを参考にする
  • 営業マンとコミュニケーションを取る
  • 営業マンに感謝や敬意を示す

といったことです。

信頼することで、

  • 営業マンもあなたに対して親身になって対応してくれる
  • 営業マンもあなたの要望や不安を理解してくれる
  • 営業マンもあなたと一緒に家づくりを楽しんでくれる

という効果があります。

逆に、信頼しないことは、

  • 営業マンの話を聞かない・否定する
  • 営業マンのアドバイスを無視する・拒否する
  • 営業マンとコミュニケーションをしない・嘘をつく
  • 営業マンに不満や不信感を示す

といったことです。

信頼しないことで、

  • 営業マンもあなたに対して冷淡になってしまう
  • 営業マンもあなたの要望や不安を無視してしまう
  • 営業マンもあなたと一緒に家づくりを嫌々してしまう

という結果が生じます。

信頼するかしないかで、家づくりの経験や結果が大きく変わってきます。

信頼することで、

  • 家づくりがスムーズに進む
  • 家づくりが楽しくなる
  • 家づくりが満足度が高まる

というメリットがあります。

ハウスメーカーで家づくりをする前に知っておくべきこと

家づくりは、一生に一度の大きな買い物です。

そのため、ハウスメーカーで家づくりをする前に、以下のことを知っておく必要があります。

  • 自分のライフスタイルや価値観に合った家を建てること
  • 自分で調べたり他の人の意見を聞いたりすること
  • 契約書や図面などの書類をしっかり確認すること

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

自分のライフスタイルや価値観に合った家を建てること

家づくりで最も重要なのは、自分のライフスタイルや価値観に合った家を建てることです。自分に合わない家は、住んでみても快適さや満足度が低くなってしまいます。

自分のライフスタイルや価値観に合った家を建てるためには、

  • 家族構成や将来の変化を考える
  • 生活動線や間取りをシミュレーションする
  • 住みたいエリアや土地条件を決める
  • 建築費用やランニングコストを把握する
  • 建物のデザインや仕様を選ぶ

といったことが必要です。

これらのことは、ハウスメーカーの営業マンや設計士と相談しながら決めていきますが、あくまでも自分が主体的に考えることが大切です。

自分で調べたり他の人の意見を聞いたりすること

ハウスメーカーで家づくりをする前に、自分で調べたり他の人の意見を聞いたりすることも重要です。

これは、

  • ハウスメーカーの特徴や評判を比較する
  • 実際に住んだ人の体験談や口コミを参考にする
  • 住宅展示場やモデルハウスなどで実際に見て触って感じる
  • 家づくりの専門書や雑誌などで知識を増やす

といった方法があります。

これらの方法で、

  • ハウスメーカー選びに失敗しない
  • 家づくりの失敗事例から学ぶ
  • 自分の希望や不安を明確にする
  • ハウスメーカーとの打ち合わせがスムーズになる

というメリットがあります。

契約書や図面などの書類をしっかり確認すること

ハウスメーカーで家づくりをする前に、契約書や図面などの書類をしっかり確認することも必要です。

これは、

  • 建築条件付き土地契約書
  • 建築請負契約書
  • 設計図面
  • 工事仕様書
  • 見積書

などがあります。

これらの書類は、家づくりの内容や費用、権利関係などを示す重要なものです。

そのため、

  • 内容が正しいかどうか確認する
  • 細かい部分まで目を通す
  • わからない点は質問して解決する

ということが大切です。

これらのことで、

  • トラブルや不備を防ぐ
  • 追加費用や変更費用が発生しないようにする
  • 自分が納得した上で契約する

というメリットがあります。

お得に家づくりをする為に気をつけるべきこと

家づくりは、自分の夢や理想を実現するためのものですが、それが行き過ぎてしまうと、かえって不利益になることがあります。

文句を言ったもん勝ちというクレーマー思考

家づくりでは、自分の好みやこだわりを反映させたいと思うのは当然です。

しかし、それがプロの意見やアドバイスを無視したり、現実的ではない要求をしたりするようになると、トラブルのもとになります。

例えば、

  • 予算や敷地の条件に合わない間取りや仕様を強要する
  • 見積もりや契約書の内容を納得せずに値引きや無料サービスを要求する
  • 打ち合わせや契約の途中で何度も変更やキャンセルを繰り返す
  • 工事中や完成後に細かい感情に任せたクレームや文句を言う

といったことは、ハウスメーカーとの関係を悪化させるだけでなく、追加費用や工期の遅れ、品質の低下などのデメリットが生じます。

自分の要望が絶対というクレーマー思考

家づくりでは、自分の希望や不安を伝えることは大切です。

しかし、それがプロの提案やアドバイスに耳を傾けなかったり、自分の考えに固執したりするようになると、良い結果にはつながりません。

例えば、

  • ハウスメーカーの特徴や評判を調べずに選んでしまい後から聞いてないと文句を言う
  • モデルハウスやモデルプランに惚れ込んでそのまま決めてしまい後から聞いてないと文句を言う
  • 雑誌やインターネットで見たデザインや仕様をそのままコピーしようとする
  • 他人の意見や流行に左右されて自分の本当の希望がわからなくなる
  • できないと言われても諦めず会社の仕組みを変えようとする

といったことは、自分に合わない家になってしまったり、結果的に後悔することが多くなります。

プロに任せることが重要

家づくりでは、自分で考えたり決めたりすることも必要ですが、それ以上にプロに任せることが大切です。

プロとは、ハウスメーカーの営業マンや設計士、工事担当者などです。

彼らは、

  • 家づくりの専門知識や経験が豊富である
  • 自分の予算や要望に応じた最適な提案ができる
  • 現実的かつ合理的な判断ができる
  • 工事の品質や安全性を保証してくれる

というメリットがあります。

彼らの提案やアドバイスは、

  • 家づくりがスムーズに進む
  • 家づくりが楽しくなる
  • 家づくりが満足度が高まる

という効果があります。

もちろん、プロに任せると言っても、自分の意見や感想は大切です。

プロの提案を聞いて、気に入った点や気になった点を伝えましょう。

そうすれば、プロもあなたに対して信頼感を持ち、より良い提案をしてくれるでしょう。

家づくりは、自分で作るのではなく、プロと一緒に作るものだと考えましょう。

それが、お得に家づくりをする為に気をつけるべきことです。

さいごに

ハウスメーカーで家づくりをする前に知っておくべきことを、3つのポイントにまとめてみました。

家づくりのポイント3選
  • 自分のライフスタイルや価値観に合った家を建てること
  • 自分で調べたり他の人の意見を聞いたりすること
  • 契約書や図面などの書類をしっかり確認すること

これらのことを意識して、自分にぴったりのハウスメーカーを選び、理想の家づくりを実現しましょう。

家づくりは、素人が我を通さないこと、素人の要望を通さないようにすること、プロに任せることが大切です。

プロと一緒に作る家は、快適で満足度の高いものになるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事があなたの家づくりの参考になれば幸いです。

それでは、良い家づくりを!

家づくりのお金、無料FP相談で解決!

家づくりは、自分の夢や理想を実現するためのものですが、それを適切に実現するためには、お金のこともしっかり考える必要があります。

家づくりでお金に関する悩みや不安を抱えている方は多いと思います。

そんな方におすすめなのが、無料FP相談です。

無料FP相談とは、お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に、家づくりに関するお金のことを相談できるサービスです。

無料FP相談では、

  • 住宅ローンや購入時の諸費用、税金などの資金計画
  • 老後資金や教育資金などのライフプラン
  • 保険や資産運用などのマネープラン

など、さまざまな分野でアドバイスを受けることができます。

無料FP相談のメリットは、

  • 第三者の視点で客観的にアドバイスをもらえる
  • 自分に合った最適な提案をもらえる
  • 無料で何度でも相談できる

ということです。

無料FP相談を利用することで、

  • お金の不安が減って安心できる
  • お得に家づくりができる
  • 家づくりが楽しくなる

という効果が期待できます。

それでは、無料FP相談をぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました