FP相談のメリットは無限だけど注意点も要チェック!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

あなたは、お金に関する悩みを抱えていませんか?

家計の見直しや資産運用、保険や教育費、老後の生活設計など、お金に関することは一人で考えると難しいものです。

そんなときに頼りになるのが、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

FPは、お金のプロとして、あなたの目標や夢に合わせた最適なアドバイスをしてくれます。

しかし、FPに相談するということは、どんなメリットがあるのでしょうか?

また、どんな注意点があるのでしょうか?

角刈り
角刈り

メリットは将来を言語化、可視化できることで不安がなくなることだよな。注意点はライフプランの延長に保険への誘導があるけど、保険に加入しないことだよ。保険は不要。ライフプランは重要!!!

FP相談のメリット

お金に関する悩みや不安を抱えている人は多いと思います。

そんなときに頼りになるのが、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

FPは、お金のプロとして、あなたの目標や夢に合わせた最適なアドバイスをしてくれます。

しかし、FPに相談するということは、どんなメリットがあるのでしょうか?

FP相談のメリット3選
  1. 専門家から知識を短時間で提供される
  2. 第三者からの客観的な意見が聞ける
  3. 悩みが解消され長期的な視点が身につく

メリット①専門家から知識を短時間で提供される

FPはお金に関する総合的な知識を持つライフプランニングのプロです。

自分で勉強するよりも、FPに相談することで、正確で効果的なアドバイスを受けることができます。

FPに相談するメリットのひとつは、専門家から知識を短時間で提供されることです。

FPは、金融・税制・不動産・相続・保険・年金などのあらゆる知識を持った、いわゆる「お金の専門家」です。

例えば、家計管理や資産運用、保険や住宅ローンなどの見直しをしたり、教育資金や老後資金の準備をしたり、相続や贈与の対策をしたりすることができます。

FPはそれぞれの税金の仕組みや計算式、手続きの流れなどを知っているため、税の負担が最小限になるようにタックスプランニングを立案することもできます。

これらの知識は、自分や家族のライフプランを実現するために役立つだけでなく、就職転職やキャリアアップにも有利になることがあります

メリット②第三者からの客観的な意見が聞ける

FPは利害関係のない第三者として、あなたの目標や夢に合わせた最適なプランを提案してくれます。

自分では気づかない問題点や改善点を指摘してくれることもあります。

FPは、金融商品の販売や勧誘を行わないため、利害関係のない立場でアドバイスしてくれます。

また、FPは、家計に関わる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識を持っています。

そのため、自分では気づかない問題点や改善点を指摘してくれることもあります。

メリット③悩みが解消され長期的な視点が身につく

FPに相談することで、お金に関する悩みや不安を解決できます。

また、長期的な視点でライフプランを立てることができるようになります。

目標達成に向けて楽しく快適に過ごすことができます。

これらのメリットは、FP相談をすることで人生が変わる可能性があることを示しています。

もちろん、FP相談には注意点やデメリットもありますが、それらを理解して効果的に利用することで、FP相談のメリットを最大限に活かすことができるでしょう。

FP相談の注意点

FPは家計や保険、資産運用などの専門家であり、一人ひとりのライフプランに合わせたアドバイスをしてくれます。

しかし、FPに相談する前に知っておきたい注意点や危険性があります。

保険の勧誘に注意

FPが顧客にライフプランを実施することの目的は「保険の勧誘」

保険は不要につき加入しないこと。

ライフプランで未来の不安を可視化することで、安心を獲得。

未来の資金の流れを言語化することで、安心を獲得。

保険への勧誘に関しては、断固拒否する。

自分の目的や悩みを明確に伝えること。

FPは一人ひとりのライフプランに合わせたアドバイスをしてくれますが、相談者の状況やニーズがわからなければ適切な提案ができません。

また、テーマを具体的に決めてから相談すると効果的です。

その上で少しでも疑問に感じることや理解できないことは確認しましょう。

無料で相談できるからと言って遠慮する必要はありません。

将来的に仕事をやめたい。。。

子供にはもう少し援助金を出したい。。。

いや、子供達は自分で稼いでほしい等々

どれだけ本音で語ることができるかで、現実に近いシミュレーションができるかが決まります。

自分で判断して行動すること。

FPはあくまでアドバイザーであり、最終的な意思決定は相談者自身が行わなければなりません。

強引な勧誘や解約を迫るFPには注意し、納得できない商品やサービスは契約しないことが大切です。

基本的に生命保険や医療保険は不要です。

必要なことは未来まで見通すことができる具体的なシミュレーション。

相談料やプラン作成料などの費用を把握する

FPに相談する場合、料金はFPや事務所によって異なりますが、一般的には1時間あたり5,000円から10,000円未満が相場です。

FPに依頼する場合、料金の形式は時間単位の相談料だけでなく、月額や年額で定額制としたり、顧問契約を結んだりと様々。

また、ライフプランやキャッシュフロー表の作成などのサービスにも別途料金がかかる場合があります。

FPに相談する前には、相談内容や目的に合ったFPを探し、相談料やプラン作成料などの費用を確認しておくことが大切ですし、相談後も定期的な見直しを行うことが重要。

ちなみに、ライフプラン設計に特化したFP無料相談を活用すれば相談料は無料

相談前に必要な準備をする

FPに相談する前には、どんなことを準備しておけばいいのでしょうか?

FPに相談する前に必要な準備や持ち物を、相談内容別に解説していきます。

相談内容や目的を明確にする。

FPに相談することで何を解決したいのか、どんなアドバイスを求めているのかを考えておくことが大切です。

  • 何がどのように不安なのか?
  • いついくらを目的にするのが良いか?
  • いつまでにいくら資産を構築するためには毎月どのくらい貯蓄すると良いか?
  • 住宅ローンはいくら借りるのが良いか?
  • 住宅ローンの支払いを進めていくと毎月どのくらい手元に資金が残るか?

相談内容に合わせた持ち物を準備する。

FPに相談する前には、相談内容に応じて必要な書類や資料を用意しておくことが望ましいです。

例えば、家計相談なら家計簿や源泉徴収票、住宅ローン相談なら不動産のリーフレットや契約書、保険相談なら保険証券や健康診断の結果などが必要です。

FPに相談した人たちの事例や体験談

FPにライフプランを実施した人の口コミと評判は、以下のようなものがあります。

  • 現状把握ができてよかった。自分では気づかなかったことや見落としていたことに気づけた。将来の目標や計画が明確になった。
  • 無駄な保険料を減らすことができた。保険の知識がなくても、FPのアドバイスで適切な保障を選べた。保険以外にも投資や貯蓄などの提案もしてくれた。
  • 住宅購入や教育資金、老後資金などの大きな資金計画が立てられた。自分では不安だったことや分からなかったことが解決した。
  • 相談後に電話がしつこかった。契約を迫られたり、断っても連絡が途切れなかった。
  • 無料相談では解決しなかった。保険商品しか提案されなかったり、他の選択肢について説明されなかったりした。

FP相談は、相談者の目的やニーズに応じて、様々なメリットがあります。

しかし、FPによっては、自分の商品やサービスを売り込むために、無料相談を利用する場合もあります。

そのようなFPは、信頼できる専門家とは言えません。

無料FP相談で失敗したくないのであれば大手リクルートが運営するFP相談が安心です。

まとめ

FPはお金と家計の専門家で、ライフプランや家計見直しの相談に対して一人ひとりに合わせたファイナンシャルプランを提案します。

予備知識や事前準備は必要ありませんが、家計簿や保険証券などを持っていくとスムーズに相談できます。

FPに相談することで、あなたの人生が変わるかもしれません。

きっかけを掴むために今すぐFPに相談してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました