注文住宅で家を建てるときに親に反対されたらどうする?成功事例と失敗事例から学ぶ対策

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
注文住宅の評判

注文住宅で家を建てるときに親に反対されたらどうする?

この質問に答えるのは簡単ではありませんね。

家づくりは人生の大きな決断の一つです。

自分たちの夢や希望を形にするために、注文住宅を選ぶ人も多いでしょう。

しかし、親からの反対や口出しに悩まされることもあるかもしれません。

親は自分たちの子どもの幸せを願っているはずですが、時には理解できないことや心配することもあるでしょう。

では、親の反対を乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか?

角刈り
角刈り

まずは、歩み寄り、両親の言い分を理解しながら、両親が住宅を検討したときと今の時代では住宅の考え方や取り巻く環境が違うことを説明するのが重要だよね。その上で、理解されない時には、反対を押し切って住宅を建築していいのかと考えてる角刈りだけど、人によっては両親の反対を押し切れない場合もあるよね。そもそも自分たちの家作りのどの部分に両親が関係あるかだけどね。

両親が家づくりを反対する理由と対策

注文住宅で家を建てるときに親に反対されたらどうする?

この質問に答えるためには、まず親がなぜ反対するのか、その理由を知ることが大切です。

親の反対には、親の考え方や価値観、心配事などが影響しています。

親の反対の理由を理解することで、親とのコミュニケーションがスムーズになり、納得してもらうための対策が見えてきます。

ここでは、親の反対の理由と対策について、以下の4つのパターンに分けてご紹介します。

  • 親が持ち家に否定的な場合
  • 親が家づくりのタイミングに疑問を持つ場合
  • 親が住宅ローンに不安を感じる場合
  • 親が家のスペックや間取りに口出しする場合

それぞれのパターンについて、親の反対の理由と対策を見ていきましょう。

親が持ち家に否定的な場合

親が持ち家に否定的な場合、親の反対の理由は以下のようなものが考えられます。

  • 親は賃貸派で、持ち家のメリットを感じない
  • 親は持ち家の維持費や固定資産税などの負担を心配する
  • 親は持ち家に固執することで、転勤や転職の機会を失うことを恐れる

親が持ち家に否定的な場合の対策は、以下のようなものがあります。

  1. 親の考え方を理解する
    • 親がなぜ持ち家に否定的なのか、その理由を聞いてみましょう。親の経験や価値観に基づいて、持ち家に対する考え方が違うことを理解しましょう。親の意見を否定せずに、尊重する姿勢を見せましょう。
  2. 持ち家のメリットを伝える
    • 親に持ち家のメリットを伝えましょう。持ち家のメリットは、自分の好みに合わせて家をカスタマイズできることや、資産として残せることなどがあります。また、持ち家の場合、賃貸よりも住宅ローンの金利が低いことや、住宅ローン控除などの税制優遇が受けられることもあります。これらのメリットを具体的な数字や事例を交えて説明しましょう。
  3. 親の心配を解消する
    • 親の心配を解消するためには、持ち家のデメリットに対する対策を考えておきましょう。持ち家のデメリットは、維持費や固定資産税などの負担や、転勤や転職の際の柔軟性の低下などがあります。これらのデメリットに対しては、維持費や固定資産税を節約する方法や、転勤や転職の際の家の売却や賃貸化の方法などを調べておきましょう。親に対して、これらの対策を具体的に伝えましょう。
角刈り
角刈り

理解してもらいたいと思うなら、言語化して説明する必要がある。言語化して説明できるようになるには、自分自身の理解が重要。何より親世代と、今の世代では住宅に対する価値観も、価格も、住宅ローン金利もまるで違うからね。

親が家づくりのタイミングに疑問を持つ場合

親が家づくりのタイミングに疑問を持つ場合、親の反対の理由は以下のようなものが考えられます。

  • 親は子どもの結婚や出産などのライフイベントを待ってほしい
  • 親は子どもの収入やキャリアが安定してから家を建ててほしい
  • 親は子どもの将来の変化に対応できる家を建ててほしい

親が家づくりのタイミングに疑問を持つ場合の対策は、以下のようなものがあります。

  1. 親の意図を探る
    • 親がなぜ家づくりのタイミングに疑問を持つのか、その意図を探ってみましょう。親は子どもの幸せを願っているので、家づくりのタイミングが早すぎると思うのかもしれません。親の考えに耳を傾けて、親の気持ちを汲み取りましょう。
  2. 自分たちの決断を説明する
    • 自分たちがなぜ今家を建てたいのか、その理由を説明しましょう。自分たちの夢や希望、家づくりにかける情熱や準備などを伝えましょう。また、家づくりのタイミングが今でなければならない理由もあれば、具体的に伝えましょう。たとえば、住宅ローンの金利が低いことや、土地や建築会社の条件が良いことなどがあれば、それらを親に知らせましょう。
  3. 親の経験を尊重する
    • 親が家づくりのタイミングに疑問を持つのは、自分たちの経験から子どもの幸せを考えているからかもしれません。親は自分たちが苦労したことや後悔したことを、子どもに繰り返させたくないと思っているのです。親の経験を否定せずに、教訓として受け止めましょう。また、親の経験と現在の状況との違いも説明しましょう。たとえば、親が若いうちに家を建てて、その後の人生に影響があったとしても、今は住宅ローンの金利が低いことや、家の売却や賃貸化の方法があることなどを伝えましょう。

親が住宅ローンに不安を感じる場合

親が住宅ローンに不安を感じる場合、親の反対の理由は以下のようなものが考えられます。

  • 親は子どもの収入や将来性に不安を感じる
  • 親は住宅ローンの金利や返済期間に不安を感じる
  • 親は住宅ローンの返済に苦労した経験がある

親が住宅ローンに不安を感じる場合の対策は、以下のようなものがあります。

  1. 親の金利観を知る
    • 親が住宅ローンの金利に不安を感じるのは、親の金利観が現在の金利と乖離している可能性があります。親の世代は、金利が高かった時代に住宅ローンを組んだ経験があるかもしれません。そのため、現在の金利が低くても、それでも高いと感じるのです。親の金利観を知るためには、親が住宅ローンを組んだ時代の金利や、親が理想とする金利を聞いてみましょう。
  2. 現在の住宅ローンの状況を示す
    • 親に現在の住宅ローンの状況を示しましょう。現在の金利や返済期間、返済額などを具体的に伝えましょう。また、金利の変動に備えて、固定金利や変動金利の選択肢や、借り換えの可能性なども説明しましょう。親に現在の住宅ローンの状況を示すことで、親の不安を和らげることができます。
  3. 資金計画を共有する
    • 親に資金計画を共有しましょう。住宅ローンの返済だけでなく、家の維持費や固定資産税などの負担も考慮した資金計画を作成しましょう。また、万が一の場合に備えて、貯蓄や保険などの備えも伝えましょう。親に資金計画を共有することで、親の信頼を得ることができます。

親が家のスペックや間取りに口出しする場合

親が家のスペックや間取りに口出しする場合、親の反対の理由は以下のようなものが考えられます。

  • 親は自分たちの好みや価値観を押し付ける
  • 親は子どもの家の機能性や快適性に不安を感じる
  • 親は子どもの家の将来性や柔軟性に不安を感じる

親が家のスペックや間取りに口出しする場合の対策は、以下のようなものがあります。

  1. 親の好みと自分たちの好みを比べる
    • 親が自分たちの好みや価値観を押し付けるのは、親が自分たちの家づくりの経験や知識を生かしたいと思っているからかもしれません。親の好みや価値観を否定せずに、自分たちの好みや価値観と比べてみましょう。たとえば、親が和室や床暖房などを重視するのに対して、自分たちは洋室やエアコンなどを重視するというように、世代やライフスタイルの違いを説明しましょう。
  2. 自分たちのライフスタイルを伝える
    • 親が子どもの家の機能性や快適性に不安を感じるのは、親が子どものライフスタイルを知らないからかもしれません。自分たちのライフスタイルを伝えましょう。たとえば、自分たちはどのような時間帯に起きて寝るのか、どのような家事や趣味をするのか、どのような人と交流するのかなどを伝えましょう。親に自分たちのライフスタイルを伝えることで、親が子どもの家の機能性や快適性に納得することができます。
  3. 親のアドバイスを参考にする
    • 親が子どもの家の将来性や柔軟性に不安を感じるのは、親が子どもの家の変化に対応できるかどうかを心配しているからかもしれません。親のアドバイスを参考にしましょう。親は自分たちの家づくりの失敗や成功の経験から、子どもの家づくりに役立つアドバイスをしてくれるかもしれません。たとえば、親が家の間取りや収納などについてアドバイスをしてくれたら、それを参考にしてみましょう。親のアドバイスを参考にすることで、親が子どもの家の将来性や柔軟性に安心することができます。
角刈り
角刈り

親のアドバイスを参考にするのと、アドバイスを実際に取り入れるのは別の話だからね。話は聞いたフリでもおっけい。結局その家に長く住むのはあなた自身。親のアドバイス通りに住宅を建築して後悔したくないでしょう?失敗の原因を親のせいにするのも嫌でしょう?

親の反対を押し切る場合の注意点は援助がある場合

親の反対を押し切って住宅を建築する場合、親からの資金援助がなくなることがあります。

傲慢だけど子供をコントロールしたい親が今も後をたたないのが現実。

要は俺の言った通りに住宅を建築しなさいという親の傲慢。

とはいえ、家づくりには、多額の出費が必要になります。

親からの資金援助がないと、自分の収入だけでは足りない場合もあるでしょう。

そのような場合には、自分で貯金や借金をするなど、資金計画をしっかりと立てておきましょう。

親に頼らずに自立することが、親の反対を押し切る場合の前提です。

角刈り
角刈り

税金対策として親が住居費用を援助するメリットは親にもあるんだよね。ほとんどの場合が家づくりする子供のとこを心配して、鎌かける意味で反対してるんだけど、中には本当に俺の言いた通り建てろとか、俺の言ったハウスメーカーで住宅建築しろとか子供を物としてしか扱っていない親もいるのが事実でしょ。個人的には従う必要ないと考えるけど、親に洗脳されてしょうがない人もいるでしょうからね。親を取るか、未来の自分の納得をとるか。

さいごに

親の反対に悩まないで、夢のマイホームを実現できるようになったでしょうか。

親の反対は家づくりの障害ではありません。

親の反対を乗り越えて夢のマイホームを実現しましょう。

自分自身が両親を説得するためには、住宅を建築する理由を言語化して明確に説明する必要があります。

言語化して明確に説明するためには、注文住宅がどのようなものなのか正しく理解する必要がありますよね。

とはいえ、各ハウスメーカーにそれぞれの特徴を確認しに住宅展示場に行くのはしんどいでしょ。

そのための資料請求よ。

無料で損することは何一つないから、親を説得するためにもハウスメーカーに関する情報をあつめようね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました