不動産業界での転職は本当におすすめ?実際に働いた人の体験談を徹底解説

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
宅建転職の評判

この記事では、不動産業界での転職は本当におすすめなのか、実際に働いた人の体験談を徹底解説します。

不動産業界というと、高収入ややりがいがある一方で、競争が激しくてストレスが多いというイメージがありませんか?

実際に不動産業界で働くとどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

この記事では、以下のことをお伝えします。

  • 不動産業界での転職のメリットとデメリット
  • 不動産業界で働く人の体験談
  • 不動産業界での転職を成功させるためのポイント

この記事を読んでいただければ、不動産業界での転職についてより深く理解できると思います。

また、不動産業界への転職を検討している方には、参考になる情報を提供できると思います。

記事の結論から言うと、

不動産業界は収入をあげたいならおすすめです。

しかし、それだけではなく、商売の基本や影響力のある仕事を学ぶことができる素晴らしい業界でもあります。

もちろん、大変なこともありますが、それに見合うだけの魅力があります。

では、早速見ていきましょう。

不動産業界での転職とは?メリットとデメリットを知ろう

不動産業界での転職は、高収入やスキルアップ、やりがいや成長感など、魅力的なメリットがありますが、一方で競争や仕事量、ストレスやトラブルなど、大変なデメリットもあります。

不動産業界での転職を考えている方は、メリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが重要です。

本章では、不動産業界で働くことのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

不動産業界での転職のメリット

不動産業界で働くことには、以下のようなメリットがあります。

高収入が期待できる

不動産業界は、物件単価が高いため、成果に応じて高額なインセンティブが支払われることが多いです。

特に売買仲介や賃貸仲介では、成約1件当たりの手数料が数十万円から数百万円にもなることがあります。

また、不動産開発・販売や不動産投資では、大きな利益を上げることも可能です。

財務省の調査によれば、2021年における不動産業界の平均年収は「590万円」となっており、全産業の平均年収「470万円」を大きく上回っています。

スキルや資格が活かせる

不動産業界では、さまざまなスキルや資格が活かせます。

例えば、営業スキルやコミュニケーションスキルは、お客様との信頼関係を築くために必要です。

また、ITスキルやファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、物件情報の分析や提案に役立ちます。

さらに、宅地建物取引士や管理業務主任者などの不動産関連の資格は、法律知識や専門知識を身につけることができます。

これらのスキルや資格は、不動産業界だけでなく他の業界でも通用するものです。

やりがいや成長感がある

不動産業界では、お客様の住まいやビジネスに関わる重要な仕事をすることができます。

例えば、企画・開発では街づくりに貢献したり、販売ではお客様の夢を叶えたりすることができます。

また、売買仲介や賃貸仲介では、お客様のライフスタイルに合った物件を見つけたりすることができます。

さらに、管理や投資では、物件の価値を高めたりすることができます。

これらの仕事は、お客様から感謝されたり、自分自身の成果を目にしたりすることができるため、やりがいや成長感を感じられます。

不動産業界での転職のデメリット

不動産業界で働くことには、以下のようなデメリットもあります。

競争が激しい

不動産業界は、高収入ややりがいがある反面、競争が激しい業界です。

特に売買仲介や賃貸仲介では、同じ物件を扱う他社との競争に勝たなければなりません。

また、不動産開発・販売や不動産投資では、市場の動向や需要の変化に対応しなければなりません。

さらに、お客様のニーズや要望も多様化しており、高い提案力や対応力が求められます。

仕事量や残業が多い

不動産業界は、仕事量や残業が多い業界です。

特に個人消費者向けの物件を扱う会社では、土日祝日が出勤日となります。

また、お客様の都合に合わせて夜遅くまで対応したり、契約書類の作成や手続きなどの事務作業をしたりすることもあります。

さらに、不動産開発・販売や不動産投資では、プロジェクトの進捗状況や納期によって残業時間が増減したりします。

ストレスやトラブルが多い

不動産業界は、ストレスやトラブルが多い業界です。

特に売買仲介や賃貸仲介では、お客様との交渉やクレーム対応などでストレスを感じることがあります。

また、不動産開発・販売や不動産投資では、建設工事の遅延やトラブル、市場の変動などでリスクを抱えることがあります。

さらに、管理や投資では、物件の故障や空室率、入居者の問題などでストレスを感じることがあります。

不動産業界で働く人の体験談

不動産業界で働くことに興味がある方は、実際に不動産業界で働いている人の体験談を聞くと参考になるかもしれません。

本章では、不動産業界で様々な職種に就いている3名の方に、

  • 不動産業界への転職理由と経緯
  • 不動産業界で働くことのメリットとデメリット
  • 不動産業界で働くことのアドバイス

などをお伺いしました。

30代・男性・不動産会社勤務のAさんの場合

不動産業界への転職理由と経緯はコロナ禍と友人の誘い。

Aさん
Aさん

私は元々、飲食店の店長をしていました。

しかし、コロナ禍で売上が激減し、店舗も閉店することになりました。

その時、私は30歳を過ぎていて、これからどうするか悩んでいました。

そんな時、友人から不動産会社で働かないかと誘われました

友人は私が営業スキルやコミュニケーションスキルがあることを知っていて、不動産業界でも活躍できると思ってくれたようです。

私は不動産業界については全く知識がなかったのですが、友人から高収入ややりがいがあることを聞き、興味を持ちました。

また、飲食店の経験も無駄にならないと思いました。そこで、友人の紹介で不動産会社に入社することにしました。

不動産業界で働くことのメリットとデメリット

Aさん
Aさん

不動産業界で働くことのメリットは、やはり高収入です

私は売買仲介の営業をしていますが、成約1件当たりの手数料が数十万円から数百万円にもなります。

インセンティブもしっかり出ますし、年収も1000万円以上を目指せます。

また、やりがいもあります。

お客様の住まいやビジネスに関わる重要な仕事をすることができます。お客様から感謝されたり、自分自身の成果を目にしたりすることができます。

特に大きな案件を成約した時は達成感があります。

一方で、デメリットもあります。競争が激しいことです。同じ物件を扱う他社との競争に勝たなければなりません。また、お客様のニーズや要望も多様化しており、高い提案力や対応力が求められます。

また、仕事量や残業も多いことです。お客様の都合に合わせて夜遅くまで対応したり、契約書類の作成や手続きなどの事務作業をしたりします。

土日祝日も出勤日ですし、休みも少ないです。

さらに、ストレスやトラブルも多いことです。

お客様との交渉やクレーム対応などでストレスを感じることがあります。

また、契約の遅延やキャンセル、市場の変動などでリスクを抱えることがあります。

不動産業界で働くことのアドバイス

不動産業界で働くことを考えている方には、以下のようなアドバイスをします。

Aさん
Aさん

まず、不動産業界についてしっかりと勉強しておくことです。

不動産業界は法律や契約などの知識が必要です

特に宅地建物取引士や管理業務主任者などの資格は、不動産業界で働く上で必須です。資格を取得することで、信頼性や専門性が高まります。

次に、コミュニケーションスキルや提案力を磨くことです。

不動産業界はお客様との関係性が重要です。

お客様のニーズや要望を聞き出し、最適な物件を提案することができるかどうかが成否を分けます。

また、オーナーや他社との交渉も上手に行うことができるかどうかが重要です。

最後に、目標や計画を持つことです。不動産業界は成果主義です。

自分の目標や計画を持ち、それに向かって努力することが大切です。

また、市場の動向や物件情報に常にアンテナを張り、情報収集や分析を怠らないことも重要です。

不動産業界は大変な面もありますが、それ以上に魅力的な面もあります。

自分の能力やスキルを発揮できる場所だと思います。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

40代・女性・不動産コンサルタントのBさんの場合

不動産業界への転職理由と経緯は、将来の不安。

Bさん
Bさん

私は元々、銀行で法人営業をしていました。

しかし、銀行業界はコロナ禍で厳しい状況にありました。

低金利やデジタル化の進展などで収益が減少し、人員削減や組織改革などが行われていました。

私は40代半ばでしたが、これからどうなるか不安に感じていました。

そんな時、以前から知り合いだった不動産コンサルタント会社の社長から声をかけられました。

社長は私の銀行での営業経験や金融知識を評価してくれて、不動産コンサルタントとして働かないかと誘ってくれました。

私は不動産コンサルタントという仕事に興味がありましたし、社長も信頼できる人だったので、転職することにしました。

不動産業界で働くことのメリットとデメリット

Bさん
Bさん

不動産業界で働くことのメリットは、自分のスキルや知識を活かせることです。私は不動産コンサルタントとして、法人や個人のお客様に対して不動産の購入や売却、管理や活用などに関するアドバイスやサポートを行います。私の金融知識や営業経験が役立っていますし、お客様の不動産に関する悩みを解決できるときはやりがいを感じます。

また、市場が安定していることも大きなメリットです。不動産は人々の生活に必要なものですし、需要も供給も一定しています。コロナ禍でも不動産市場は大きな影響を受けていません。むしろ、在宅勤務やテレワークなどの影響で、住宅やオフィスのニーズが変化しています。そのため、不動産コンサルタントとして新しい提案ができるチャンスもあります。

一方で、不動産業界で働くことのデメリットは、専門知識が必要なことです。不動産業界は法律や契約などの知識が必要ですし、常に最新の情報や動向について学び続けなければなりません。特に不動産コンサルタントは、お客様から信頼されるために高い専門性が求められます。そのため、資格取得や勉強会などに積極的に参加する必要があります。

また、仕事の責任が重いことです。不動産コンサルタントは、お客様の不動産に関する重要な決断をサポートする仕事です。そのため、提案内容や契約内容に対して責任を持たなければなりません。また、お客様との信頼関係を築くためにも、誠実で正確な対応が求められます。

不動産業界で働くことのアドバイス

不動産業界で働くことを考えている方には、以下のようなアドバイスをします。

Bさん
Bさん

まず、自分がどんな職種に就きたいかを明確にしておくことです。不動産業界は営業や事務、管理や企画など様々な職種があります。自分の適性や興味に合った職種を選ぶことが大切です。

次に、不動産業界についてしっかりと勉強しておくことです。不動産業界は専門知識が必要ですし、常に変化しています。そのため、資格取得や情報収集などを通じて自分の知識をアップデートしておくことが重要です。

最後に、コミュニケーションスキルを磨くことです。不動産業界はお客様との関係性が重要です。お客様のニーズや要望を聞き出し、最適な提案をすることができるかどうかが成否を分けます。また、オーナーや他社との交渉も上手に行うことができるかどうかが重要です。

不動産業界は大変な面もありますが、それ以上に魅力的な面もあります。自分のスキルや知識を活かせる場所だと思います。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

20代・男性・不動産投資家のCさんの場合

不動産業界への転職理由と経緯は、人生について考えた結果。

Cさん
Cさん

私は元々、IT企業でエンジニアとして働いていました。しかし、仕事にやりがいを感じられなくなり、自分の人生について考えるようになりました。そんな時、不動産投資に興味を持ちました。

不動産投資とは、住居やビルを所有し、賃料収入を得ることです。私は不動産投資について本やネットで勉強し、実際に物件を購入しました。その結果、不動産投資の収益が仕事の収入を上回るようになりました。

私は不動産投資が好きでしたし、自分の時間やお金を自由に使えるようになりたいと思いました。そこで、IT企業を退職し、不動産投資家として独立することにしました。

不動産業界で働くことのメリットとデメリット

Cさん
Cさん

不動産業界で働くことのメリットは、自由度が高いことです。私は不動産投資家として、自分の好きな時に好きな場所で仕事ができます。また、自分の判断で物件を選んだり、運用したりすることができます。自分の責任で結果を出すことができるので、やりがいもあります。

また、収入も高いことです。私は不動産投資から安定した賃料収入を得ていますし、物件の価値が上がれば売却益も得られます。また、税金やローンなどの優遇措置もあります。不動産投資は長期的に見ればリターンが高い投資だと思います。

一方で、デメリットもあります。リスクが高いことです。不動産投資は高額な資金が必要ですし、市場の変動や入居者の減少などで収益が減少する可能性もあります。また、物件の管理やトラブル対応なども大変です。

また、知識や経験が必要なことです。不動産投資は法律や契約などの知識が必要ですし、物件の選び方や運用方法なども学ばなければなりません。また、不動産業界の情報や動向にも常にアンテナを張っておく必要があります。

不動産業界で働くことのアドバイス

不動産業界で働くことを考えている方には、以下のようなアドバイスをします。

Cさん
Cさん

まず、自分の目的や目標を明確にしておくことです。不動産業界は多様な職種やビジネスモデルがあります。自分が何をしたいか、何を得たいかを明確にしておくことが大切です。

次に、不動産業界についてしっかりと勉強しておくことです。不動産業界は専門知識が必要ですし、常に変化しています。そのため、資格取得や情報収集などを通じて自分の知識をアップデートしておくことが重要です。

最後に、リスク管理をしっかりと行うことです。不動産業界はリスクが高いです。そのため、物件の選び方や資金計画、税金対策などをしっかりと行うことが大切です。また、トラブルや問題が発生した場合にも、迅速かつ適切に対応することが重要です。

不動産業界は自由度が高く、収入も高い魅力的な業界です。しかし、それだけにリスクや責任も高いです。自分の目的や目標を持ち、知識や経験を積み、リスク管理を行うことで、不動産業界で成功することができると思います。興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

不動産業界での転職を成功させるためのポイント

不動産業界は、未経験でもチャンスがある一方で、競争も激しい業界です。

不動産業界での転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

  • 自分の強みや目標を明確にする
  • 不動産業界に関する知識や情報を収集する
  • 転職サイトやエージェントを活用する
  • 面接対策や履歴書作成に力を入れる

自分の強みや目標を明確にする

不動産業界に転職するには、自分がどんな職種に就きたいか、どんなキャリアを目指しているかを明確にしておくことが重要です。

不動産業界には、開発・流通・管理など多様な業種があり、それぞれに求められるスキルや資格も異なります。

自分の適性や興味に合った職種を選ぶことで、転職活動の効率も上がります。また、自分の強みや経験をアピールできるようにしておくことも大切です。

不動産業界では、営業力やコミュニケーション力などが評価されやすい傾向にあります。

不動産業界に関する知識や情報を収集する

不動産業界に転職するには、不動産業界に関する知識や情報を収集することも必要です。

不動産業界は、市場の動向や法律の変更などに影響されやすい業界です。そのため、最新の情報やトレンドを把握しておくことで、転職先の企業や求人に対して興味や関心を示すことができます。

また、不動産業界では、宅地建物取引士や不動産鑑定士などの資格が有利になる場合があります。

資格取得は時間や費用がかかりますが、転職活動中でも勉強を始めることで、自分の意欲や能力をアピールできます。

転職サイトやエージェントを活用する

不動産業界に転職するには、転職サイトやエージェントを活用することもおすすめです。

転職サイトやエージェントでは、不動産業界の求人情報や企業情報を多く掲載しています。

また、専門的なアドバイスやサポートも受けられます。

特に、未経験者や転職初心者の場合は、転職エージェントに相談することで、自分に合った求人や企業を紹介してもらえます。

転職エージェントは、企業との交渉や面接のアレコレなども代行してくれるので、転職活動の負担を軽減できます。

面接対策や履歴書作成に力を入れる

不動産業界に転職するには、面接対策や履歴書作成に力を入れることも大切です。

面接では、自分の志望動機や強み、不動産業界に対する知識や関心などをしっかりと伝えることが求められます。

また、履歴書では、自分の経歴やスキル、資格などをわかりやすくまとめることが必要です。

面接対策や履歴書作成は、転職活動の最初の関門です。

不動産業界に興味があることや、自分がどんな仕事がしたいかを明確にすることで、印象に残る応募者になることができます。

さいごに

この記事では、不動産業界での転職について、実際に働いた人の体験談を徹底解説しました。

不動産業界での転職は、収入をあげたいならおすすめですが、競争も激しい業界です。

不動産業界での転職を成功させるためには、自分の強みや目標を明確にすることや、不動産業界に関する知識や情報を収集することなどが大切です。

転職サイトやエージェントを活用することや、面接対策や履歴書作成に力を入れることも忘れずに行いましょう。

不動産業界での転職に興味がある方は、

ぜひ、宅建Jobエージェントをチェックしてみてください。

宅建Jobエージェントは、不動産業界に特化した転職サイトです。

不動産業界の求人情報や企業情報を多く掲載しており、専門的なアドバイスやサポートも受けられます。

宅建Jobエージェントであなたの理想の転職先を見つけましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました