大切な不動産を高く売る!知らなきゃ損する不動産売却の2つの秘訣

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
不動産売却の評判

あなたは今、不動産を売りたいと思っていますか?

もしそうなら、あなたはどんなことに悩んでいますか?

物件の価値がわからない?

市場の動向がつかめない?

売り方や手続きが面倒くさい?

それとも、単純に高く売りたいだけ?

どれも当然の気持ちです。

不動産売却は簡単なことではありません。

しかし、あなたが知らないと損する不動産売却の2つの秘訣があります。

これらの秘訣を知れば、あなたは大切な不動産を高く売ることができます。

興味があれば是非この記事を読み進めてください。

大切な不動産を高く売る!知らなきゃ損する不動産売却の2つの秘訣

不動産を高く売却するための秘訣は2つ。

不動産売却は人生で一度あるかないかの大きな取引ですから、失敗したくないですよね。

そこで、注意すべきポイントを2つご紹介します。

所有期間

所有期間とは、不動産を売却した年の1月1日現在で、いつから所有しているかを計算した期間のことです。

所有期間によって、不動産売却時にかかる税金の種類や税率が変わります。一般的には、所有期間が長いほど税金が安くなります。

したがって、不動産を高く売却するためには、所有期間を考慮してタイミングを見極めることが重要です。

信頼できる不動産会社と提携すること

不動産会社は、不動産の査定や広告、契約や手続きなどを行ってくれますが、そのサービスや実績には差があります。

信頼できる不動産会社を選ぶためには、

  • 担当者が丁寧で親切か
  • 不動産の市場価値に基づいた適正な査定額を提示してくれるか
  • 媒介契約の内容や手数料などを明確に説明してくれるか
  • 広告媒体や販売方法などを提案してくれるか
  • 契約後もアフターサービスが充実しているか

などのポイントに注意しましょう。

信頼できる不動産会社と提携することで、

  • 不動産の価値を最大限引き出せる
  • 不動産の販売活動に時間や労力を削減することができる
  • 不動産の契約や手続きに関するトラブルやリスクを回避することができる

以上のように不動産売却を成功させられるはずです。

なぜ不動産売却で失敗するのか?ポイント解説

不動産売却で失敗する理由には、以下のポイントがあります。

  1. 査定額で不動産会社を選んでしまうこと
  2. 営業力のない不動産会社を選んでしまうこと
  3. 最適な媒介契約を選ばないこと
  4. 売り出し価格を高くしすぎること
  5. 瑕疵(かし)を買い手に伝えないこと

これらのポイントをしっかりと押さえることができれば、不動産売却で失敗することを回避することができます。詳しい解説を以下で行います。

査定額で不動産会社を選んでしまうこと

不動産売却で失敗しないためには、査定額だけでなく不動産会社の実績や信頼度も重視しましょう。

査定額は見積もり価格であり、実際の売却価格とは異なることがあります。

市場や需要によって売却価格は変わるからです。

査定額だけ高い不動産会社は悪質な場合があります。

具体的には、売主の心理を利用して契約させた後、買主がつかない価格設定をしたり、値下げ交渉やキャンセル料の請求をしたりすることがあります。

また、書類作成や手続きも不備や遅延が起こることがあります。

これらのトラブルはあなたに損失やストレスを与えます。

そうならないためには、複数の不動産会社から相見積もりを取って査定方法や根拠を確認しましょう。

契約前には契約内容や費用明細もしっかり確認しましょう。

営業力のない不動産会社を選んでしまうこと

不動産売却で失敗しないためには、営業力のある不動産会社を選ぶことが大切です。

営業力のない不動産会社に任せてしまうと、売却価格が下がったり、売却期間が長引いたり、契約トラブルに巻き込まれたりするリスクが高まります。

では、どうやって営業力のある不動産会社を見分けるのでしょうか?

ここでは、3つのポイントをお伝えします。

  1. 査定額だけでなく、売却計画や実績も見る
  2. 地域密着型かどうか確認する
  3. コミュニケーション能力や対応スピードを見る

査定額だけ高くても、それを実現する方法や実際に売れた事例が示されていなければ信用できません。

営業力のある不動産会社は、市場調査や販売戦略を具体的に説明してくれますし、自社の成果や評判もオープンにしてくれます。

地域密着型の不動産会社は、そのエリアの市場動向や需要層を把握しており、効果的な広告や交渉ができます。

また、地元の人々との信頼関係も築いているため、口コミや紹介で買い手を見つけることもあります。

コミュニケーション能力や対応スピードが高い不動産会社は、売主や買主との信頼関係を築きやすく、契約までスムーズに進められます。

逆にコミュニケーション能力や対応スピードが低い不動産会社は、情報伝達にミスが起きたり、相手からの返答を待たされたりすることが多くなります。

このようにして営業力のある不動産会社を選べば、失敗する可能性はグッと低くなります。ぜひ参考にしてみてください。

最適な媒介契約を選ばないこと

不動産売却には媒介契約が必要です。

媒介契約は、不動産会社と売主の間の契約で、売却の条件や手数料などを決めます。

媒介契約には、専属専任、専任、一般の3種類があります。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、あなたに合ったものを選びましょう。

媒介契約を選ぶときには、

  • 希望価格
  • 希望期間
  • 希望条件
  • 不動産会社の信頼度

などを考えることが大切です。

希望価格は、高く売りたいか早く売りたいかで変わります。

高く売りたいなら専属専任、早く売りたいなら一般がおすすめです。

希望期間は、長くかけて少しでも高く売りたいか、少し安くても短く売りたいかで変わります。

長くかけて売りたいなら専任や一般、短くかけて売りたいなら専属専任がおすすめです。

希望条件は、自分で買い手を探したいか探したくないかで変わります。自分で探したいなら専任や一般、探したくないなら専属専任がおすすめです。

不動産会社の信頼度は、

  • 口コミや評判
  • 営業力や実績
  • 査定額や提案力

などでチェックしましょう。

これらのポイントを参考にして最適な媒介契約を選んでください。

売り出し価格を高くしすぎること

不動産売却で売り出し価格を高くしすぎると、次のようなデメリットがあります。

  • 売れない期間が長くなり、手持ち資金が減る
  • 購入希望者が少なくなり、交渉力が低下する
  • 価格を下げる必要が生じ、信用を失う
  • 不動産会社の営業力や提案力が低くなる

売り出し価格は、市場相場や周辺物件の価格に合わせて設定することが大切です。

売り出し価格を決めるときには、

  • 不動産会社の査定額を参考にする
  • 複数の不動産会社に査定依頼する
  • 自分で周辺物件の価格を調べる

などの方法があります。

これらの方法を使って適正な売り出し価格を見つけてください。

瑕疵(かし)を買い手に伝えないこと

不動産売却で瑕疵を買い手に伝えないと、次のようなデメリットがあります。

  • 売買契約後に瑕疵が発覚した場合、買主から賠償請求や契約解除を求められる
  • 瑕疵の内容によっては、売却価格が下がるか、売却できなくなる
  • 不動産会社や周囲から信用を失う

不動産売却では、物理的瑕疵(建物の欠陥や不具合)、環境的瑕疵(騒音や臭気など)、心理的瑕疵(事件や事故の発生など)、法律的瑕疵(権利関係や制限事項など)の4種類の告知義務があります。

これらの告知義務を遵守することで、スムーズかつ安心して不動産売却を行うことができます。

相場を把握して高く売るための方法

不動産売却で失敗しないためには、まず自分の物件の相場を知ることが大切です。

相場を知らないと、安く売ってしまったり、高すぎて売れなかったりするリスクがあります。

では、相場をどうやって調べるのでしょうか?

簡単な方法は2つあります。

市場価格や周辺物件の価格をチェックする

インターネットや不動産雑誌などで、同じエリアや条件の物件の価格を見てみましょう。

これで大体の相場感がわかります。

複数の不動産会社に査定依頼する

査定依頼は無料で行えるサービスなので、気軽に利用しましょう。

査定額は会社によって異なるので、複数比較することがポイントです。

査定額だけではなく、会社の営業力や提案力も見極めましょう。

これらの方法を使って、自分の物件に合った売却価格を設定してください。

相場を把握することで、不動産売却が成功する可能性が高くなります。

不動産査定の方法と注意点

あなたは不動産を売りたいと思っていますか?

もしそうなら、まずやるべきことがあります。

それは査定です。

査定とは、あなたの物件がどれくらいの価値があるかを知ることです。

査定をすると、物件の魅力や改善点が明らかになり、適正な価格で売却できる可能性が高まります。

しかも、査定はほとんどの場合タダでできます。

こんなお得なことはありませんよね。

では、査定はどうやってするのでしょうか?

色々な方法がありますが一番オススメなのは取引事例比較法です。

これは、近くにある同じような物件の売買価格を調べて、それを参考にして自分の物件の価値を出す方法です。

この方法だと、今の市場に合わせたリアルな価格がわかるので、売却時に交渉しやすくなります。

取引事例比較法はネットで調べることもできますが、正直言って面倒ですし、正確さに欠けるのでプロに任せることをお勧めします。

あなたの物件を細かくチェックしてくれて、適切に価格を算出してくれるのはもちろん、どうやって売ればいいかも教えてくれます。

不動産会社に頼む時は、

  • 何社かから見積もりや提案を取ってみて一番良さそうなところを選ぶ
  • 金額だけじゃなくてサービス内容や手数料もしっかり確認する
  • 口コミや評判で信頼できる業者かどうかチェックする

こういうことに気をつけましょう。

不動産査定はあなたの物件を最高値で売却するために必要不可欠です。

この機会にぜひ試してみてください。

まとめ

不動産売却は簡単なことではありません。

物件の価値や市場の動向、売り方や手続きなど、様々なことを考えなければなりません。

しかし、あなたが知らないと損する不動産売却の2つの秘訣があります。

それは査定プロに任せることです。

査定はあなたの物件がどれくらいの価値があるかを知ることで、適正な価格で売却できる可能性を高めます。

プロに任せることはあなたの物件を細かくチェックしてくれて、最適な価格や売り方を教えてくれます。

これらの秘訣を実践すれば、あなたは大切な不動産を高く売ることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました