なぜ都心ワンルームマンション投資が不動産投資初心者におすすめなのか?

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資に興味があるけれど、どんな物件を選べばいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか?

不動産投資は、安定した収入を得ることができる魅力的な投資方法ですが、同時に大きな資金や知識が必要な難しい投資方法でもあります。

そこで、初心者におすすめなのが「都心ワンルームマンション投資」です。

都心ワンルームマンション投資とは、都心部にあるワンルームタイプのマンションを購入して、賃貸として貸し出すことです。

この記事では、都心ワンルームマンション投資が不動産投資初心者におすすめな理由を詳しく解説します。

また、

  • 都心ワンルームマンション投資のメリットとデメリット
  • 都心ワンルームマンションの賃貸需要の現状と将来性
  • 都心ワンルームマンション投資で失敗しないためのポイント

もご紹介します。

この記事を読めば、都心ワンルームマンション投資の基礎知識が身につき、自分に合った物件選びができるようになるでしょう。

都心ワンルームマンション投資のメリット

都心ワンルームマンション投資のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 安定性が高い:都心には学生や社会人、単身赴任者などの単身者が多く住んでおり、ワンルームマンションの需要が高いです。そのため、家賃収入が安定しやすく、空室リスクも低く抑えられます。また、都心は地価が高く、資産価値が下がりにくいという特徴もあります。
  • 手間がかからない:ワンルームマンションは単身者向けのコンパクトな物件であるため、物件の管理や修繕が比較的容易です。また、管理会社に委託することで、オーナーの負担を軽減することもできます。
  • ローンが組みやすい:ワンルームマンションは物件価格が比較的安く、初期投資を抑えることができます。そのため、不動産投資ローンを借りる際の審査も通りやすく、自己資金が少なくても始められる可能性があります。

都心ワンルームマンション投資のデメリット

一方で、都心ワンルームマンション投資のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 物件価格が高い:都心は人口や需要が多いため、物件価格も高くなります。そのため、利回りが低くなることや、売却時に手数料や税金がかかることも考慮しなければなりません。
  • 空室の影響が大きい:ワンルームマンションは1部屋単位で運用するため、空室になると収入がゼロになります。そのため、入居者の入れ替わりや競合物件の影響に注意しなければなりません。
  • 原状回復費用やリフォームの費用がかかる:ワンルームマンションは入居者の入れ替わりが多いため、原状回復費用やリフォームの費用がかかることがあります。また、築年数が経過すると設備の老朽化や故障も発生しやすくなります。

不動産投資初心者におすすめな理由は、安定性や手軽さにありますが、デメリットを軽減するためには物件選びや運営方法に注意する必要があります。

都心ワンルームマンションの賃貸需要は今後も下がらない

都心ワンルームマンションの賃貸需要は今後も下がらないという見方が強いです。

その理由としては、以下のような点が挙げられます。

都心への人口集中が続く

東京都は日本の政治・経済・文化の中心地であり、多くの人が仕事や学業、生活のために都心に移住してきます。

特に若年層や外国人は都心部に魅力を感じる傾向があります。

また、コロナ禍でも都心部の賃貸物件の需給はタイトであり、郊外志向は一時的なものにとどまっています。

これらのことから、都心への人口集中は今後も続くと予想されます。

単身世帯の増加が続く

日本では晩婚化や少子化、核家族化などの社会的要因により、単身世帯が増加しています。

単身世帯はワンルームマンションなどのコンパクトな物件を好む傾向があります。

また、単身者は転勤や転職などで住み替える機会も多く、賃貸物件を選ぶ割合も高いです。

これらのことから、単身世帯の増加は都心ワンルームマンションの賃貸需要を高める要因となります。

高齢者の持ち家減少が影響しない

日本では高齢者の持ち家率は高いですが、その一方で持ち家から賃貸に移る高齢者も増えています。

その理由としては、老朽化や維持費用、相続税対策などが挙げられます。

しかし、高齢者が賃貸に移る場合、都心よりも郊外や地方の方が安全性やコスト面で有利だと考える傾向があります。

また、高齢者はワンルームマンションよりも広めの物件を好む傾向があります。

これらのことから、高齢者の持ち家減少は都心ワンルームマンションの賃貸需要に大きな影響を与えないと考えられます。

都心ワンルームマンションの賃貸需要は今後も下がらないという見通しです。

都心ワンルームマンションは安定した収入源として不動産投資家に人気ですが、物件選びや管理方法に注意する必要があります。

都心ワンルームマンション投資で失敗しないためのポイント

都心ワンルームマンション投資で失敗しないポイントは、2つ

  • 物件選び
  • 管理会社選び

物件選びのコツ3選

物件選びのコツとしては、以下のような点が挙げられます。

立地条件を重視する

都心ワンルームマンション投資の最大の魅力は、賃貸需要が高いことです。

そのため、立地条件は非常に重要です。

駅から近い、商業施設や学校が周辺にある、治安が良い、などの要素が入居者のニーズに応えることができます。

また、将来的にも価値が下がりにくいエリアを選ぶことも大切です。

管理状況を確認する

ワンルームマンションは単身者向けの物件であるため、入居者の入れ替わりが多くなります。

そのため、物件の管理や修繕がしっかりと行われているかどうかをチェックすることが必要です。

管理会社や管理組合の対応や実績、修繕積立金の残高や使用履歴、建物や設備の状態などを確認しましょう。

収益性を計算する

都心ワンルームマンション投資は安定性や手軽さが魅力ですが、それだけでは不十分です。

収益性もしっかりと計算することが必要です。

収益性を計算する際には、表面利回りだけでなく、実質利回りやキャッシュフローも考慮することが大切です。

また、経費や税金、ローン返済なども正確に把握することが必要です。

管理会社選びのコツ3選

管理会社選びのコツとしては、以下のような点が挙げられます。

実績や評判を調べる

管理会社は不動産投資のパートナーとなる存在です。

そのため、実績や評判を調べることが重要です。

管理会社のホームページや口コミサイトなどで情報収集をしましょう。

また、実際に管理会社に問い合わせてみることもおすすめです。

契約内容や手数料を比較する

管理会社によって契約内容や手数料は異なります。

そのため、複数の管理会社を比較することが必要です。

契約内容では、管理形態(集金代行か家賃保証か)、契約期間、解約条件などを確認しましょう。

手数料では、月額管理手数料、入居者募集手数料、原状回復費用などを確認しましょう。

コミュニケーションをとる

管理会社とは長期的な関係を築くことになります。

そのため、コミュニケーションをとることが重要です。

管理会社の対応や報告のスピードや内容、入居者の募集状況や家賃の見直し提案などを確認しましょう。

まとめ

この記事では、都心ワンルームマンション投資が不動産投資初心者におすすめな理由を詳しく解説しました。

都心ワンルームマンション投資のメリットとしては、

  • 安定性が高く
  • 手間がかからず
  • ローンが組みやすい

という点があります。

また、都心ワンルームマンションの賃貸需要は今後も下がらないという見通しです。

一方で、都心ワンルームマンション投資のデメリットとしては、

  • 物件価格が高く
  • 空室の影響が大きく
  • 原状回復費用やリフォームの費用がかかる

という点があります。

そのため、物件選びや管理会社選びに注意することが必要です。

失敗しない不動産会社選びは、一括資料請求がオススメ。

無料で各社の情報収集が可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました