TSON FUNDINGの口コミ・評判まとめ!AIを使った不動産クラウドファンディングのメリット・デメリットは?

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資に興味があるけれど、資金や知識が足りないと感じている方は多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、不動産クラウドファンディングです。

不動産クラウドファンディングとは、インターネットを通じて多くの人から少額の資金を集めて、不動産投資プロジェクトに参加する仕組みです。

不動産クラウドファンディングのメリットは、以下の通りです。

  • 低額から参加できる
  • 高い利回りが期待できる
  • 不動産投資の知識や経験が不要
  • 手間やリスクが少ない

しかし、不動産クラウドファンディングにもデメリットがあります。

  • 元本保証がない
  • 流動性が低い
  • 情報開示が不十分な場合がある
  • 運営会社の信頼性が重要

そこで、今回はTSON FUNDINGという不動産クラウドファンディングサービスについて紹介します。

TSON FUNDINGは、AIを使って不動産投資先を選定し、優先劣後方式で元本割れのリスクを低減するという特徴を持っています。

この記事では、TSON FUNDINGのサービス内容や利用方法、口コミや評判、運営会社や実績などをまとめてご紹介します。

TSON FUNDINGとは?サービスの特徴やメリットを紹介

TSON FUNDINGとは、株式会社TSONが運営する不動産クラウドファンディングサービスです。

不動産クラウドファンディングとは、インターネットを通じて多くの人から少額の資金を集めて、不動産投資プロジェクトに参加する仕組みです。

TSON FUNDINGのサービスの特徴やメリットは、以下の通りです。

AIによるリスク分析で安心な投資先を提供

TSON FUNDINGでは、AIを使って不動産投資先のリスク分析を行っています。

AIは、過去の不動産取引データや市場動向などをもとに、物件の価値や将来性を評価し、適正な利回りや期間を算出します。

また、AIは、物件の立地や周辺環境、建物の構造や設備などもチェックし、耐震性や防災性などの安全性も考慮します。

このように、AIによるリスク分析で安心な投資先を提供することが、TSON FUNDINGの最大の特徴とメリットです。

優先劣後方式で元本割れのリスクを低減

TSON FUNDINGでは、優先劣後方式という仕組みを採用しています。

優先劣後方式とは、出資者と運営会社がそれぞれ優先出資者と劣後出資者に分かれて、利益や損失の分配順位が決められる仕組みです。

TSON FUNDINGでは、出資者が優先出資者であり、運営会社が劣後出資者です。

つまり、利益が発生した場合は、まず出資者に分配されてから運営会社に分配されます。

逆に、損失が発生した場合は、まず運営会社が負担してから出資者が負担します。

このように、優先劣後方式で元本割れのリスクを低減することが、TSON FUNDINGのもう一つの特徴とメリットです。

キャピタルゲイン型とインカムゲイン型の選択肢が豊富

TSON FUNDINGでは、キャピタルゲイン型とインカムゲイン型の二種類のファンドが用意されています。

キャピタルゲイン型とは、物件の売却益(キャピタルゲイン)を目的としたファンドです。

インカムゲイン型とは、物件の賃貸収入(インカムゲイン)を目的としたファンドです。

TSON FUNDINGでは、キャピタルゲイン型のファンドは、利回りが高く、期間が短いのが特徴です。

一方、インカムゲイン型のファンドは、利回りが安定しており、期間が長いのが特徴です。

このように、キャピタルゲイン型とインカムゲイン型の選択肢が豊富にあることが、TSON FUNDINGのもう一つの特徴とメリットです。

TSON FUNDINGの利用方法や手順を解説

TSON FUNDINGを利用するには、以下のような手順が必要です。

会員登録の方法と必要な書類

まず、TSON FUNDINGの公式サイトにアクセスして、会員登録をします。

会員登録は無料で、メールアドレスとパスワードを入力するだけで完了です。

会員登録後、以下の書類を提出する必要があります。

  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 口座確認書類(通帳やキャッシュカードなど)
  • 納税証明書(源泉徴収票や確定申告書など)

これらの書類は、オンラインでアップロードするか、郵送で送付することができます。

書類の提出が完了すると、審査が行われます。

審査には、通常1営業日程度かかります。

審査に合格すると、メールで通知され、出資可能な状態になります。

ファンドの選び方と出資の方法

次に、TSON FUNDINGの公式サイトから、自分に合ったファンドを選びます。

ファンドの選び方のポイントは、以下の通りです。

  • 目的に合わせてキャピタルゲイン型かインカムゲイン型かを決める
  • 利回りや期間、最低出資金額などを比較する
  • 物件の詳細やリスク分析などを確認する
  • 運営会社の実績や信頼性などをチェックする

ファンドを選んだら、出資申込みをします。

出資申込みは、オンラインで行うことができます。

出資申込み後、指定された口座に出資金額を振り込みます。

振込期限は、通常3営業日以内です。

振込が確認されると、メールで通知され、出資契約が成立します。

運用途中での解約や分配金の受け取り方法

最後に、運用途中での解約や分配金の受け取り方法について説明します。

TSON FUNDINGでは、運用途中での解約は原則としてできません。

ただし、以下のような場合には、一部または全額を返還してもらえる可能性があります。

  • ファンドが目標金額に達しなかった場合
  • 物件の売却が早まった場合
  • 運営会社が解約可能なファンドを提供した場合

分配金の受け取り方法は、ファンドによって異なりますが、基本的には以下のようになります。

  • キャピタルゲイン型:物件売却時に一括で支払われる
  • インカムゲイン型:毎月または毎年定期的に支払われる

分配金は、登録した口座に振り込まれます。

TSON FUNDINGの評判や口コミは?

TSON FUNDINGのサービス内容や利用方法について解説しましたが、実際に投資した人の評判や口コミはどうなのでしょうか?

ここでは、インターネット上で見つけたTSON FUNDINGに関する評判や口コミを紹介します。

TSON FUNDINGに投資した人のメリットや満足度は?

まず、TSON FUNDINGに投資した人が感じたメリットや満足度について見ていきましょう。

  • 高い利回りで不動産投資ができる
  • AIによるリスク分析で安心感がある
  • 優先劣後方式で元本割れのリスクが低い
  • キャピタルゲイン型とインカムゲイン型が選べる
  • 運用途中でも解約できる
  • サービスの使いやすさや対応の良さ

以下は、具体的な口コミの一部です。

利用者
利用者

TSON FUNDINGは、高い利回りで不動産投資ができるサービスです。AIによるリスク分析もされているので、安心して投資できます。優先劣後方式も採用されているので、元本割れのリスクも低くなっています。私はキャピタルゲイン型のファンドに投資しましたが、想定通りの利益が出ました。サービスも使いやすく、対応も丁寧でした。

利用者
利用者

不動産クラウドファンディングに興味があって、色々なサービスを比較してみましたが、TSON FUNDINGが一番魅力的だと感じました。AIが物件を選んでくれるというのが斬新で、信頼できると思いました。優先劣後方式も安心感がありますし、キャピタルゲイン型とインカムゲイン型が選べるのも良いですね。私はインカムゲイン型のファンドに投資しましたが、毎月定期的に分配金が振り込まれています。運用途中でも解約できるというのも魅力的です。

利用者
利用者

TSON FUNDINGは、高利回りの不動産クラウドファンディングサービスです。AIによって物件や利回りが決められているというのが面白くて、試しに投資してみました。優先劣後方式なので、元本割れする可能性は低そうですし、運用途中でも解約できるというのも安心です。私はキャピタルゲイン型とインカムゲイン型の両方に投資しましたが、どちらも想定どおりに利益が出ました。サービスもシンプルで使いやすく、対応も迅速で親切でした。

このように、TSON FUNDINGに投資した人は、高い利回りやAIによるリスク分析、優先劣後方式などのサービスの特徴やメリットに満足しているようです。

また、サービスの使いやすさや対応の良さも評価されています。

TSON FUNDINGに投資した人のデメリットや不満点は?

次に、TSON FUNDINGに投資した人が感じたデメリットや不満点について見ていきましょう。

  • 情報開示が不十分な場合がある
  • ファンドの募集が早く終わる場合がある
  • 運用途中で解約すると手数料がかかる

以下は、具体的な口コミの一部です。

利用者
利用者

TSON FUNDINGは、AIが物件を選んでくれるというのが魅力的ですが、その分情報開示が不十分な場合があります。物件の詳細や収支計画などをもっと詳しく知りたいと思うことがあります。また、ファンドの募集が早く終わってしまうこともあるので、気になるファンドはすぐに申し込まないといけません。

利用者
利用者

TSON FUNDINGは、高利回りのファンドが多くて良いですが、運用途中で解約すると手数料がかかってしまうのが残念です。3%+消費税というのは結構高いと思います。もし急に現金が必要になったり、リスクを回避したいと思ったりしたら、損をすることになります。

利用者
利用者

TSON FUNDINGは、優先劣後方式で元本割れのリスクを低減してくれるのは良いですが、情報開示がもっと充実してほしいです。物件の写真や資料だけではなく、AIの判断基準やロジックなどをもっと分かりやすく説明してほしいです。また、ファンドの募集がすぐに埋まってしまうこともあるので、もっと多くのファンドを提供してほしいです。

このように、TSON FUNDINGに投資した人は、情報開示の不十分さやファンドの募集状況、運用途中で解約する際の手数料などに不満を感じているようです。

TSONFUNDINGの実績

TSON FUNDINGの実績についてお答えします。

TSON FUNDINGは、2020年10月にサービスを開始した不動産クラウドファンディングです。

不動産のプロと不動産AIが選定した物件に少額から投資でき、想定利回りは5%~7%です。

TSON FUNDINGのファンド実績は、2023年2月時点で以下の通りです。

  • 募集ファンド数:66件
  • 償還済みファンド数:20件
  • 平均利回り:6.4%
  • 平均投資期間:11.8ヶ月
  • 元本回収率:100%
  • 元本割れ件数:0件

TSON FUNDINGでは、元本割れリスクを低減するために、優先劣後出資方式と全期間家賃固定型の空室保証制度を採用しています。

  • 優先劣後出資方式とは、出資者(優先出資者)と運営会社(劣後出資者)の両者からお金を集めてファンドを組成し、得られた利益や損失が出資者に優先的に配分される仕組みです。つまり、運営会社が先に損失を被り、出資者の負担を軽減します。
  • 全期間家賃固定型の空室保証制度とは、運営会社が物件を一括借り上げて家賃を保証する仕組みです。つまり、物件の空室率に関係なく安定した収入が得られます。

ただし、これらの仕組みでも元本割れリスクはゼロではありません。

物件が想定以上に安く売却された場合や市場環境が悪化した場合などに元本割れする可能性があります。

そのため、投資する際には自己責任で判断し、リスクとリターンをよく考える必要があります。

さいごに

この記事では、TSON FUNDINGという不動産クラウドファンディングについて詳しく解説しました。

TSON FUNDINGは、不動産のプロと不動産AIが選定した物件に少額から投資できるサービスです。

想定利回りは5%~7%で、優先劣後出資方式や全期間家賃固定型の空室保証制度などで元本割れリスクを低減しています。

しかし、元本割れリスクはゼロではありません。

物件の売却価格や市場環境によっては元本割れする可能性があります。

そのため、投資する際には自己責任で判断し、リスクとリターンをよく考える必要があります。

TSON FUNDINGは、不動産AIを活用した新しいタイプの不動産クラウドファンディングです。

高い利回りと低いリスクを目指す方には魅力的なサービスかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました