【賃貸経営】ワンルームマンション投資の未来は明るい?オワコンというのは本当?

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資といえば、ワンルームマンション投資が人気です。

少ない自己資金で始められる手軽さや、節税効果や安定した収入などのメリットが魅力的です。

しかし、最近ではワンルームマンション投資はオワコンだという声も聞かれます。

空室リスクや資産価値の下落、金利上昇などのデメリットやリスクも無視できません。

では、ワンルームマンション投資の未来は本当に暗いのでしょうか?

それとも、まだまだ明るいのでしょうか?

この記事では、ワンルームマンション投資の現状と将来性について、最新のデータや事例をもとに分析していきます。

また、失敗しないためのポイントや成功事例も紹介します。

ワンルームマンション投資会社を間違えなければ未来は眩しい

ワンルームマンション投資を成功させるためには、物件選びだけでなく、投資会社選びも重要です。

投資会社とは、物件の紹介や売買の仲介、賃貸管理やアフターサービスなどを行ってくれるパートナーです。

投資会社によっては、物件の価格や利回り、家賃保証などを誇大に宣伝しておきながら、実際には空室や資産価値の低下などのリスクを隠している場合もあります。

そのため、投資会社選びに失敗すると、ワンルームマンション投資はオワコンになりかねません。

逆に言えば、投資会社選びに成功すれば、ワンルームマンション投資の未来は眩しいと言えるでしょう。

失敗しないワンルームマンション投資会社はJPリターンズ

では、どのような投資会社が失敗しないワンルームマンション投資会社なのでしょうか?

ここでは、【JPリターンズ】という投資会社を例に挙げて、その特徴やメリットを解説します。

JPリターンズは、ワンルームマンション投資に特化した不動産投資会社であり、以下のような点が評価されています。

  • 区分マンション専門であるため、物件の知識や経験が豊富
  • 中古物件を中心に取り扱っており、初期投資を抑えられる
  • 需要が高いエリアや立地の物件を厳選して紹介してくれる
  • 家賃保証や修繕積立金などのサポートが充実している
  • 無料でセミナーや個別相談を受けられる
  • 電子書籍や動画などで不動産投資の知識を学べる

これらの点から、【JPリターンズ】は失敗しないワンルームマンション投資会社。

ワンルームマンション投資を始める際には、自分の目的や予算に合った投資会社を選ぶことが重要。

ワンルームマンション投資会社をミスるとオワコン

ワンルームマンション投資は、初期費用が低く、銀行からの借入もしやすいというメリットがあります。

しかし、その反面、空室リスクや価値下落リスクなどのデメリットもあります。

そのため、ワンルームマンション投資を成功させるには、物件選びだけでなく、投資会社選びも重要です。

投資会社とは、物件の紹介や売買の仲介、賃貸管理やアフターサービスなどを行ってくれるパートナーです。

投資会社によっては、以下のような問題を抱えている場合があります。

  • 物件の価格や利回りを誇大に宣伝しておきながら、実際には空室や資産価値の低下などのリスクを隠している
  • 不人気物件や不良物件を強引に買わせようとしてくる
  • 自己資金0円でも始められると強調しておきながら、高金利のローンを組ませてくる
  • 節税目的でワンルームマンション投資を始めるよう営業しておきながら、実際には節税効果が小さいかゼロである
  • 家賃保証や修繕積立金などのサポートが充実していると言っておきながら、実際には不十分である

このように、投資会社選びにミスすると、ワンルームマンション投資はオワコンになりかねません。

逆に言えば、投資会社選びに成功すれば、ワンルームマンション投資の未来は明るいと言えるでしょう。

では、どのような投資会社が失敗しないワンルームマンション投資会社なのでしょうか?

ここでは、以下のような点をチェックすることをおすすめします。

  • 物件の価格や利回りだけでなく、空室率や将来性なども正確に伝えてくれる
  • 需要が高いエリアや立地の物件を厳選して紹介してくれる
  • 自己資金や借入金額に応じた最適な物件を提案してくれる
  • 家賃保証や修繕積立金などのサポートが充実している
  • 無料でセミナーや個別相談を受けられる
  • 電子書籍や動画などで不動産投資の知識を学べる

ワンルームマンション投資を始める際には、自分の目的や予算に合った投資会社を選ぶことが重要です。

悪徳業者の嘘に騙されないように注意しましょう。

ワンルームマンション投資の将来性

ワンルームマンション投資は、少ない自己資金で始められる手軽さや、需要が高いエリアでは安定した収入を得られる魅力があります。

しかし、ワンルームマンション投資の将来性はどうなのでしょうか?

ワンルームマンション投資を始める前に、以下の3つの点を分析しておくことが重要です。

  • 需要動向の分析
  • 価値動向の分析
  • 出口戦略の検討

ここからは、それぞれの点について詳しく紹介します。

需要動向の分析

ワンルームマンション投資において最も重要な要素は、需要です。

需要があれば家賃収入が得られますが、需要がなければ空室になり収入がゼロになります。

そのため、ワンルームマンション投資をする際には、現在だけでなく将来にわたって需要があるかどうかを見極めることが必要です。

ワンルームマンションの需要は、主に以下のような属性を持つ方々からあります。

  • 1人暮らしの学生
  • 1人暮らしの社会人
  • 単身赴任をする方
  • シニア世代

これらの属性を持つ方々は、ワンルームマンションの低家賃や利便性を求めています。

特に、学生や社会人は都市部への流入が続いており、ワンルームマンションへの需要が高まっています。

また、単身赴任をする方も増えており、ワンルームマンションへの需要が見込めます。

さらに、シニア世代も高齢化に伴って一人暮らしや都市部への移住をする傾向があり 、ワンルームマンションへの需要が期待できます。

これらのことから、ワンルームマンション投資における需要動向は、現在だけでなく将来的にも安定していると言えます。

ただし、需要があると言ってもエリアや立地によって差があります。

そのため、物件選びには十分な注意が必要です。

価値動向の分析

ワンルームマンション投資においてもう一つ重要な要素は、価値です。

価値とは、物件自体の価格や売却時の価格を指します。

価値が高ければ利益が出やすくなりますが、価値が低ければ損失を被る可能性があります。

そのため、ワンルームマンション投資をする際には、現在だけでなく将来にわたって価値が下落しないかどうかを見極めることが必要です。

ワンルームマンションの価値は、主に以下のような要素に影響されます。

  • 立地
  • 築年数
  • 間取り・専有面積
  • 建物構造
  • 管理状況

これらの要素は、物件の魅力や売却時の需要に関係しています。

特に、立地や築年数は価値に大きな影響を与えます。

立地が良ければ需要が高く、価値が下落しにくいし、築年数が新しければ状態が良く、価値が下落しにくい。

逆に、立地が悪ければ需要が低く、価値が下落しやすいです。

築年数が古ければ状態が悪く、価値が下落しやすいです。

出口戦略の検討

ワンルームマンション投資において最後に重要な要素は、出口戦略です。

出口戦略とは、物件を売却するタイミングや方法を指します。

出口戦略をしっかりと考えておけば、利益を最大化したり、リスクを最小化したりすることができます。

そのため、ワンルームマンション投資をする際には、現在だけでなく将来にわたって出口戦略を検討することが必要です。

ワンルームマンション投資の出口戦略は、主に以下のようなパターンがあります。

  • 長期保有
  • 中期保有
  • 短期保有

これらのパターンは、物件を売却するまでの期間によって分類されます。

長期保有は10年以上、中期保有は5~10年、短期保有は5年以下という目安で考えることができます。

長期保有の場合は、家賃収入を重視するパターンです。

家賃収入を安定的に得るためには、需要が高いエリアや立地の物件を選ぶことが重要です。

また、修繕費用や管理費用などの経費も考慮する必要があります。

中期保有の場合は、家賃収入と売却益をバランスよく得るパターンです。

家賃収入と売却益を両立させるためには、需要が高いエリアや立地の物件であると同時に、価値が下落しにくい物件を選ぶことが重要です。

また、ローン返済や税金などの経費も考慮する必要があります。

短期保有の場合は、売却益を重視するパターンです。

売却益を最大化するためには、価格上昇率が高いエリアや立地の物件を選ぶことが重要です。

また、ローン返済や税金などの経費も考慮する必要があります。

これらのことから、ワンルームマンション投資における出口戦略は、自分の目的や予算に応じて適切な出口戦略を選ぶことで、ワンルームマンション投資のリターンを最適化することができます。

しかし、出口戦略を決める際には、以下のような点に注意する必要があります。

  • 売却時の税金
  • 売却時の市場状況

これらの点は、売却時の価格や需要に影響を与えます。

売却時の税金は、所得税や譲渡所得税などがかかります。

売却時の市場状況は、景気や金利などが関係します。

これらの点を考慮して、売却時に最も有利なタイミングや方法を選ぶことが重要です。

また、売却する際には、信頼できる不動産会社に依頼することも大切です。

なぜワンルームマンション投資がオワコンと言われるの?

最近ではワンルームマンション投資は儲からない、オワコンだと言われるようになっていますが、なぜでしょうか?

ワンルームマンション投資がオワコンと言われる理由は、主に以下の4つです。

  • 利回りが低い
  • 空室リスクが高い
  • 価値が下落しやすい
  • 競合が多い

これらの理由について、詳しく見ていきましょう。

利回りが低い

利回りとは、不動産投資の収益性を表す指標です。

利回りが高ければ高いほど、儲かっていると言えます。

しかし、ワンルームマンション投資の利回りは、他の不動産投資に比べて低い傾向にあります。

ワンルームマンションの期待利回りは全国平均で4%程度。

これはファミリーマンションや1棟投資よりも低く、不動産投資の中では最も利回りが低いのがワンルームマンション投資。

空室リスクが高い

空室リスクとは、物件に入居者が見つからずに家賃収入が得られなくなるリスクです。

空室リスクが高ければ高いほど、経営に影響を与えます。

しかし、ワンルームマンション投資の空室リスクは、他の不動産投資に比べて高い傾向にあります。

空室リスクが高い理由の一つは、入居者の居住期間が短いことです。

ワンルームマンションに入居する単身者は学生や社会人など様々ですが、一般的にはファミリー層よりも転勤や結婚などで引っ越す頻度が高くなります。

空室リスクが高い理由のもう一つは、競合物件が多いことです。

ワンルームマンションは需要が高いエリアに集中しており、同じような物件がたくさんあります。

そのため、入居者の選択肢が広がり、物件の差別化が難しくなります。

また、新築物件やリノベーション物件などに入居者が流れると、古い物件は空室になりやすくなります。

価値が下落しやすい

価値とは、物件の売却価格や資産価値を指します。

価値が高ければ高いほど、利益が出やすくなります。

しかし、ワンルームマンション投資の価値は、他の不動産投資に比べて下落しやすい傾向にあります。

価値が下落しやすい理由の一つは、築年数の影響を受けやすいことです。

ワンルームマンションは築年数が経つと状態が悪化し、入居者のニーズに合わなくなります。

そのため、家賃相場や売却相場も下がっていきます。

また、築年数が古くなると大規模修繕工事の頻度や費用も増えるため、経営コストも上昇します。

価値が下落しやすい理由のもう一つは、立地の影響を受けやすいことです。

ワンルームマンションは立地が良ければ需要が高く、価値が下落しにくいです。

しかし、立地が悪ければ需要が低く、価値が下落しやすいです。

立地の良し悪しは、駅からの距離や周辺環境などによって変わります。

また、立地の良さも時代によって変化するため、将来的に価値が下落する可能性もあります。

競合が多い

競合とは、同じエリアや立地にある他のワンルームマンションを指します。

競合が多ければ多いほど、入居者獲得や売却時の需要に影響を与えます。

しかし、ワンルームマンション投資の競合は、他の不動産投資に比べて多い傾向にあります。

競合が多い理由の一つは、供給量が多いことです。

ワンルームマンションは需要が高いエリアに集中しており、不動産会社やデベロッパーも積極的に建設しています。

そのため、同じエリアや立地に似たような物件がたくさんあります。これらの物件と差別化することは難しくなります。

競合が多い理由のもう一つは、入居者層が限定されることです。

ワンルームマンションは単身者向けの物件であり、ファミリー層やカップル層などは対象外です。

そのため、入居者層は比較的狭くなります。

また、単身者でもニーズは様々であり、ワンルームマンションだけでなくシェアハウスやゲストハウスなどの住まいの選択肢もあります。

さいごに

ワンルームマンション投資はオワコンと言われることもありますが、物件選びや投資会社選び、出口戦略などによって、成功する可能性は十分にあります。

しかし、ワンルームマンション投資は簡単なものではありません。

様々なリスクやコストを考慮する必要があります。

そのため、ワンルームマンション投資を始める前には、十分な知識や情報を得ることが重要です。

JPリターンズは、不動産投資のプロフェッショナル集団であり、ワンルームマンション投資の成功事例や失敗事例を多数把握しています。

無料面談では、あなたの目的や予算に合わせて、最適な物件や投資会社を紹介したり、出口戦略や節税対策などをアドバイスしたりします。

無料面談はオンラインでも対面でも受けられますし、時間も柔軟に調整できます。

もちろん、無料面談後に強引な営業をすることは一切なし。

ワンルームマンション投資に興味のある方は、ぜひこの機会にJPリターンズの無料面談をお申し込みください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました