ハウスメーカーに土地を売るメリットとデメリットを徹底解説!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
不動産売却の評判

土地を売却するとき、どのような方法があるかご存知ですか?

一般的には、不動産会社に仲介してもらう方法が多いと思いますが、実はハウスメーカーに直接買い取ってもらう方法もあります。

ハウスメーカーに土地を売るというと、どんなイメージがありますか?

「高く売れるのでは?」

「手間がかからないのでは?」

「条件が厳しいのでは?」 など、色々な想像ができると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、以下の内容についてお伝えします。

この記事でわかること
  • ハウスメーカーに土地を売るとはどういうことなのか?
  • ハウスメーカーに土地を売るメリットは何か?
  • ハウスメーカーに土地を売るデメリットは何か?
  • ハウスメーカーに土地を売る前に知っておきたいことは何か?

ハウスメーカーに土地を売るという選択肢があることを知っておくだけでも、土地売却の幅が広がります。

もし、あなたが土地を売却する予定があるなら、ぜひこの記事を参考にしてください。

ハウスメーカーに土地を売るとは?

ハウスメーカーに土地を売るとは、ハウスメーカーが直接土地を買い取って、その土地に自社の住宅を建てて販売することです 。

ハウスメーカーは、自社の商品である住宅を販売するために、立地や面積などに合った土地を仕入れる必要があります。

そのため、ハウスメーカーは、土地の所有者から直接買い取ることで、仲介手数料や競争相手の存在などを気にせずに、スムーズに土地を確保できます。

一方、土地の所有者は、ハウスメーカーに土地を売ることで、仲介手数料が不要であったり、古家の解体費用が不要であったりするなどのメリットがあります。

しかし、ハウスメーカーに土地を売る場合は、買取価格が相場よりも安くなる可能性が高いというデメリットもあります。

そのため、ハウスメーカーに土地を売るかどうかは、査定額や売却条件などを複数の不動産会社と比較して検討する必要があります。

ハウスメーカーに土地を売るメリット

ハウスメーカーに土地を売るメリットは以下の3つです。

  • 仲介手数料がかからない
  • スピーディーに売却できる
  • 個人では買い手がつかないような広い土地も売却できる可能性が高い

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

仲介手数料がかからない

仲介手数料とは、不動産の売買や賃貸の取引を行う際、売主と買主の間に入って案内~引き渡しまでサポートする不動産仲介会社に支払う手数料のことです。

不動産は高額なものなので、仲介手数料もかなりの金額になります。例えば、3000万円の土地を売った場合、おおよそ96万円(税別)の手数料が必要です。

しかし、ハウスメーカーに直接買取してもらう場合は、この手数料がかからない場合があります 。

ハウスメーカーは自社で土地を仕入れて分譲住宅や賃貸物件などに活用するため、不動産会社を通さずに直接売主と取引することができます。その場合、仲介手数料は発生しません。

仲介手数料がかからないメリット

仲介手数料がかからないメリットは、売却価格がそのまま手元に残ることです。

仲介手数料がかかる場合は、売却価格から仲介手数料を差し引かれるため、実際に得られる金額は減ってしまいます。

仲介手数料がかからない場合は、その分だけ売却価格を下げることもできます。これは、買主にとっても魅力的な条件となります。

仲介手数料がかからないデメリット

仲介手数料がかからないデメリットは、不動産会社のサポートが受けられないことです。

不動産会社は、物件の査定や広告、見学案内や契約書作成など、売却に関するさまざまな業務を行ってくれます。

また、法律や税金などの専門知識も持っています。

ハウスメーカーに直接買取してもらう場合は、これらのサポートが受けられません。

そのため、自分で物件の価値や条件を判断したり、契約内容や書類に目を通したりする必要があります。

仲介手数料がかからない場合でも、売却時に発生する税金や登記費用などの諸費用は支払わなければなりません。

また、ハウスメーカーによっては査定価格が低く設定されている場合もあります。

そのため、ハウスメーカーに土地を売る場合は、複数のハウスメーカーから査定を受けて比較検討することが大切です。

スピーディーに売却できる

ハウスメーカーに土地を売る場合、不動産会社に仲介を依頼する場合と比べて、売却がスピーディーに進むことが多いです。その理由は以下の通りです。

スピーディーに売却できる4つの理由
  • 不動産会社を介さないため、仲介手数料や広告費がかからない
  • ハウスメーカーは土地の価値や条件をプロとして判断し、適正な価格で買取する
  • ハウスメーカーは現金や小切手で一括支払いするため、早く現金化できる
  • ハウスメーカーは古家付土地や広大な土地や権利関係が複雑な土地でも買取できる

ハウスメーカーは土地を直接買い取るので、仲介手数料や広告費がかからない場合があります。

また、価格交渉もスムーズにできます。

ハウスメーカーは土地の価値や条件をプロとして判断するので、適正な価格で買取してくれる可能性が高いです。

さらに、ハウスメーカーは現金や小切手で一括支払いするので、早く現金化できます。

そして、ハウスメーカーは古家付土地や広大な土地や権利関係が複雑な土地でも買取できるので、売りにくい土地でも安心です。

複雑な土地でも購入する理由は、購入後にハウスメーカーが造成などの大規模工事をすることで再販の利益を確保できることが理由になります。

個人では買い手がつかないような広い土地も売却できる可能性が高い

個人では買い手がつかないような広い土地とは、一般的には戸建住宅の敷地よりも大きく、マンションや商業施設などの建築に適した土地のことです。

このような土地は、個人の需要よりも法人やデベロッパーの需要が高く、価格も相場よりも高くなる傾向があります。

個人では買い手がつかないような広い土地も売却できる可能性が高いと言えますが、用途地域や立地条件、不動産会社の選び方に注意する必要があります。

広い土地を売却する際には、複数のハウスメーカーに査定依頼をして比較検討することが大切です。

ハウスメーカーに土地を売るデメリット

ハウスメーカーに土地を売るデメリットは以下の3つです。

  • 買い取りの可否や金額はハウスメーカー次第
  • 買い取り価格は相場の2~3割は安くなることが一般的
  • 買い取り後は自分の意思で土地の使い方を決められない

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

買い取りの可否や金額はハウスメーカー次第

買い取りとは、ハウスメーカーが直接土地を買い取る方法です。

買い取りの可否や金額は、ハウスメーカーが土地の利用方法や立地条件によって決めます。

ハウスメーカーは、買い取った土地を再販して利益をえることを目的としています。

そのため、ハウスメーカーが付加価値をつけて再販売できると判断すれば、買い取りをする可能性が高くなりますがそうでなければ、買い取りをしないか、あるいは相場よりも安い価格で買い取ることもあります。

ハウスメーカーに直接交渉する場合、買い取り価格に関して交渉の余地はほとんどありません。

買い取り価格は相場の2~3割は安くなることが一般的

ハウスメーカーは、買い取った土地に自社の住宅を建てて販売することを目的としています。

そのため、ハウスメーカーは、市場価格よりも高く土地を買い取ることはありません。

むしろ、市場価格よりも安く土地を仕入れる必要があります。

市場価格よりも安くなる理由は、以下の3点です。

  • ハウスメーカーは、買い取った土地に利益を上乗せして再販売するため、仕入れ価格を抑える必要があるから
  • ハウスメーカーは、居住用の個人と違ってビジネスとして査定するため、感情的な要素は入らないから
  • 売主は、早く現金化したいなどの事情があって、安い査定金額でも了承してしまうから

以上がハウスメーカーに土地を売る場合、買い取り価格は相場の2~3割は安くなる理由です。

買い取り後は自分の意思で土地の使い方を決められない

買い取り後は、あなたではなく、買い取った会社が土地の所有者になります。

土地の所有者は、法律や契約に反しない限り、土地の使い方を自由に決めることができます。

例えば、あなたが住宅用に使っていた土地を買い取ったハウスメーカーが、マンションや商業施設を建てることにしたら、あなたはそれに反対できません。

また、あなたが農地や空き地として使っていた土地を買い取った不動産会社が、太陽光発電や工場用地として使うことにしたら、同じようにあなたは何も言えません。

このように、買い取り後は自分の意思で土地の使い方を決められないので、買い取り前にその点をよく考えておく必要があります。

特に、売った土地の近所に住んでいる場合は注意が必要です。

売った土地に建物が建てられて景色が悪くなったり、人が増えて治安が悪くなったりする可能性もあります。

それでもあなたは何も文句を言えません。

ハウスメーカーに土地を売る前に知っておきたいこと

ハウスメーカーに土地を売るということは、不動産会社が直接土地を買い取る方法です。

この方法は、早く現金化できるというメリットがありますが、相場よりも安くなるというデメリットや、土地の使い方に口出しできなくなるというデメリットもあります。

そこで、ハウスメーカーに土地を売る前に知っておきたいことを、以下の2点にまとめてみました。

  • 不動産売却の手順や流れを把握する
  • 不動産売却で住宅ローンを返済できるかどうか確認する

これらのポイントを知っておくことで、ハウスメーカーに土地を売る際に失敗しないようにすることができます。

それでは、それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

不動産売却の手順や流れを把握する

不動産売却の手順や流れは、大きく分けて以下のようになります。

不動産売却の流れ
  • ステップ1
    査定依頼

    ハウスメーカーに土地の査定を依頼します。査定依頼は住宅展示場を直接訪問して実施。査定は無料で行われますが、複数のハウスメーカーに査定依頼することで、より高い買取価格を得ることができます。

  • ステップ2
    売買契約

    査定結果に納得したら、ハウスメーカーと売却契約を結びます。契約時には、買取価格や引渡し時期などの条件を確認しましょう。また、契約書や重要事項説明書などの書類を受け取り、内容をよく理解してから署名捺印しましょう。

  • ステップ3
    売買代金の支払いと引渡し

    契約した条件に従って、ハウスメーカーから売買代金が支払われます。支払い方法は、一括払いや分割払いなどがあります。また、引渡し時には、土地の登記簿謄本や固定資産税納税証明書などの必要書類をハウスメーカーに渡します。

以上が不動産売却の手順や流れです。不動産売却には様々な手続きや書類が必要になるため、事前に把握しておくことで、スムーズに進めることができます。

不動産売却で住宅ローンを返済できるかどうか確認する

家を売るときは、住宅ローンの残りと家の値段をチェックしましょう。

住宅ローンの残りは、「年末残高証明書」や「残高証明書」でわかります。

紛失したら、銀行に連絡すれば再発行が可能です。

売ったお金が住宅ローン残債よりも多い場合は、売ったお金で住宅ローンを全部払えます。

しかし、売るときにかかるお金や税金も考えておく必要があるので注意。

売ったお金が住宅ローンよりも少ない場合は、売ったお金だけでは住宅ローンを全部払えませんね。

この場合は、貯蓄や他から借りて足りない分を用意するか、銀行と話して、足りない分もまとめて借りる方法があります。

それぞれ良い点と悪い点がありますので金融機関に相談してあなたに合った方法を選ぶことが大切です。

土地を高く売るためのコツ

土地を売却するときには、できるだけ高く売りたいと思うのが当然です。

しかし、土地の価格は市場の状況や土地の特徴によって変動するもので、単に高く設定すればいいというものではありません。

では、どうすれば土地を高く売ることができるのでしょうか?

ここでは、土地を高く売るためのコツをご紹介します。

信頼できるハウスメーカーに査定依頼をする

土地を高く売るためには、まずその土地の適正な価格を知る必要があります。

そのためには、ハウスメーカーに査定依頼をすることが必要です。

しかし、査定額はハウスメーカーによって異なることがあります。

そのため、信頼できるハウスメーカーに査定依頼をすることが大切です。

そうすることで、より正確な市場価格を把握することができます。

信頼できるハウスメーカーとは、以下のような特徴を持つ会社です。

  • 土地の買取実績が豊富である
  • 土地の買取価格が公開されている
  • 土地の買取方法や条件が明確である

これらの特徴を持つハウスメーカーならば、安心して査定依頼をすることができます。

一括査定がオススメできない理由

一括査定がオススメできない理由を簡潔にまとめると、以下のようになります。

  • 電話やメールでの営業が多い
  • 査定額が概算である
  • 比較対象が多くて選びにくい
  • 簡易査定が多くて精度が低い

一括査定は査定額を釣り上げることはできますが、売却額と査定額は異なります。

私たち不動産会社からすれば取り扱える物件は欲しいので一度は高値で査定価格を提示しますが、話が進んでいくと実際の売却価格が安くなるという事態も起こります。

時間の無駄になるだけでなくストレスの原因にもなるので、信頼できる会社で査定をしてもらうのが良いでしょう。

まとめ

土地を売るときには、ハウスメーカーに依頼する方法があります。

ハウスメーカーは土地を買い取ってくれたり、自社の建物を建てて売却してくれたりします。

この方法のメリットは、仲介手数料がかからないことや、早く売却できることでした。

しかし、デメリットもあります。

買い取り価格は相場よりも安くなることが多いことや、買い取り後は土地の使い方に関与できないことです。

ハウスメーカーに土地を売る前には、不動産売却の手順や住宅ローンの返済方法を確認しましょう。

また、土地を高く売るためには、信頼できるハウスメーカーに査定依頼をしましょう。

一括査定サイトはオススメできません。

なぜなら、一括査定では査定価格は上がる可能性がありますが、実際の売却価格と乖離がある場合があるためでした。

信頼できるハウスメーカーは売れているハウスメーカーで大手のハウスメーカーが間違いないでしょう。

ハウスメーカーに直接交渉が気が引けるなら・・・

不動産売却の際には、どのような方法で売るか、どのようなサポートを受けるかが重要です。

不動産売却は一生に一度あるかないかの大きな取引ですから、失敗は避けたいものです。

しかし、不動産売却には様々な手続きや注意点があり、素人には難しいことも多いです。

ハウスメーカーと直接交渉するのはハードルが高いのも事実。

信頼できる不動産屋で手間暇かけずに安心の不動産取引をしたいなら三井のリハウスがお勧め。

三井のリハウスは、不動産売買仲介取扱件数35年連続No.1の実績を持つ信頼できる不動産会社です。

三井のリハウスでは、お客様のご事情や目的に合わせて、最適な価格と売却方法をご提案します。

また、不動産売却の最初から最後まで、360°サポートを行います。

査定・相談・契約・引渡しはもちろん、引越し・インテリア・リフォーム・リノベーションなど、住み替えに関するあらゆるサービスをご用意しております。

不動産売却を検討している方は、まずは三井のリハウスにご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました