ワンルームマンション投資は本当に儲かるのか?リサーチした結果衝撃の事実が判明した

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でも人気の高い投資方法ですが、本当に儲かるのでしょうか?

ワンルームマンション投資にはどんなメリットやデメリットがあるのか?

コロナ禍でワンルームマンション投資の将来性はどうなるのか?

ワンルームマンション投資を始めるためにはどうすればいいのか?

など、気になる疑問に答えていきます。

この記事を読むことで、

  • ワンルームマンション投資の仕組みや落とし穴
  • 成功させるためのポイントや狙い目の物件

など、ワンルームマンション投資に関する知識を身につけることができます。

また、最新の情報や事例も紹介していきますので、ワンルームマンション投資の現状や動向を把握することもできます。

この記事は、ワンルームマンション投資に興味がある方や、実際に始めようと考えている方におすすめです。

ワンルームマンション投資は儲かるのか?

不動産投資に興味がある方の中には、ワンルームマンション投資を検討している方も多いでしょう。

ワンルームマンション投資とは、一人暮らし用のマンションを購入して、家賃収入や売却益を得ることです。

ワンルームマンション投資の魅力は、以下のような点にあります。

  • 初期費用が安く、不動産投資ローンを利用しやすい
  • 入居者の需要が高く、空室リスクが低い
  • 管理費や修繕費が少なく、経営管理に手間がかからない
  • 流動性が高く、売却しやすい

しかし、ワンルームマンション投資にはメリットだけではなく、デメリットやリスクも存在します。

以下のような点に注意する必要があります。

  • 利回りが低く、収益性が高くない
  • 家賃下落リスクや退去率が高い
  • 資産価値が減少しやすい
  • 競合物件が多く、差別化が難しい

では、ワンルームマンション投資は本当に儲かるのでしょうか?

答えは、物件選びに失敗しなければ儲かる物件選びが全て!

ワンルームマンション投資の成否は、物件の選び方や運用方法によって大きく変わります。

ワンルームマンション投資を成功させるためには、以下のようなポイントを押さえる必要があります。

  • 不動産投資の目的や期間を明確にする
  • 物件の立地や設備、利回りなどを総合的に判断する
  • 入居者ニーズや市場動向を常に把握する
  • 不動産会社や管理会社と良好な関係を築く

ワンルームマンション投資は、儲からないというわけではありませんが、儲かるという保証もありません。

不動産投資は長期的な視点で行うものですから、慎重に情報収集や分析を行い、自分に合った物件を見つけることが大切です。

また、不動産投資会社やセミナーなどのサポートを利用することも有効です。

ワンルームマンション投資に失敗するパターンとその対策

ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でも初心者に人気のある投資方法ですが、それゆえに失敗するパターンも多く見られます。

ワンルームマンション投資に失敗する原因は、主に以下の4つに分けられます。

  • 節税効果を目的に始める
  • 利回りだけで物件を選ぶ
  • 高額な新築物件に投資する
  • サブリースに頼りすぎている

これらの失敗パターンを避けるためには、どのような対策が必要でしょうか?

それぞれのパターンについて、具体的な対策を紹介します。

節税効果を目的に始める

ワンルームマンション投資は、所得税や相続税などの節税効果が期待できるというメリットがあります。

しかし、節税効果だけを目的にしてワンルームマンション投資を始めると、収益性やリスクを軽視してしまう恐れがあります。

節税効果はあくまで副次的なものであり、本来の目的は収益性の高い不動産投資を行うことです。

節税効果を目的に始めると、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 収益性の低い物件を購入してしまう
  • 空室や滞納などのリスクを考慮しない
  • 資金計画やキャッシュフロー管理が不十分になる
  • 売却時に大きな損失を被る

対策

節税効果を目的に始めるのではなく、収益性やリスクをしっかりと分析して物件選びや運用計画を立てることが重要です。

以下のようなポイントに注意してください。

  • 物件の利回りやキャッシュフローを計算する
  • 空室率や家賃下落率などの市場動向を調査する
  • 修繕費や管理費などの経費を見積もる
  • ローン返済や税金などの支払い能力を確認する
  • 売却時の価格や手数料などを考慮する

利回りだけで物件を選ぶ

ワンルームマンション投資では、物件価格と家賃収入から利回り(年間家賃収入÷物件価格×100)を算出して、収益性を判断することが一般的です。

しかし、利回りだけで物件を選ぶと、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 物件価格が安すぎて利回りが高く見える
  • 家賃収入が高すぎて利回りが高く見える
  • 物件の立地や設備、競合状況などを考慮しない
  • 空室や滞納などのリスクを考慮しない

対策

利回りだけでなく、物件の価値や需要、競争力などを総合的に判断することが重要です。以下のようなポイントに注意してください。

  • 物件の相場価格や評価額を調べる
  • 家賃収入の妥当性や将来性を調べる
  • 物件の立地や設備、築年数などをチェックする
  • 競合物件や入居者ニーズなどを調べる

高額な新築物件に投資する

ワンルームマンション投資では、新築物件に投資することもできます。

新築物件は、以下のようなメリットがあります。

  • 入居者の需要が高い
  • 設備や共用部が新しい
  • 修繕費や管理費が少ない
  • 火災保険料が安い

しかし、新築物件に投資すると、以下のようなデメリットもあります。

  • 物件価格が高い
  • 利回りが低い
  • 資産価値が減少しやすい
  • 競合物件が多い

対策

新築物件に投資する場合は、以下のようなポイントに注意してください。

  • 物件価格と利回りのバランスを見る
  • 資金計画やキャッシュフロー管理をしっかりする
  • 売却時の価格や手数料などを考慮する
  • 差別化できる物件やエリアを選ぶ

サブリースに頼りすぎている

ワンルームマンション投資では、サブリースという契約形態を利用することもできます。

サブリースとは、不動産会社がオーナーから物件を借り上げて、自ら入居者を募集して家賃収入を得るという仕組みです。

サブリースには、以下のようなメリットがあります。

  • 家賃収入が安定する
  • 管理費や仲介手数料がかからない
  • 入居者トラブルや滞納対応が不要になる

しかし、サブリースには、以下のようなデメリットもあります。

  • 家賃収入が低くなる
  • 物件の管理状況が把握できない
  • サブリース会社の倒産リスクがある

対策

サブリースに頼りすぎると、収益性やコントロール性が低下する可能性があります。

サブリースを利用する場合は、以下のようなポイントに注意してください。

  • サブリース会社の信頼性や実績を調べる
  • サブリース契約の内容や期間を確認する
  • 物件の管理状況や入居者情報を定期的に報告してもらう

ワンルームマンション投資を成功させるためのポイントと狙い目の物件

ワンルームマンション投資は、初期投資が少なく、需要が高いエリアでは安定した収入を得やすいというメリットがあります。

しかし、それだけに安易に考えてしまうと、空室や滞納、物件価値の下落などのリスクに直面する可能性もあります。

ワンルームマンション投資を成功させるためには、以下の4つのポイントに注意してください。

  • 中古ワンルームマンションへの投資から始める
  • ワンルームマンション投資に強い投資会社を選ぶ
  • 事前にシミュレーションを行い綿密な計画を立てる
  • 交通の便がよく、近隣に学校や企業がある物件を探す

ここからは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

中古ワンルームマンションへの投資から始める

ワンルームマンション投資では、新築物件と中古物件のどちらを選ぶかが重要な判断基準です。

新築物件は、入居者の需要が高く、設備や共用部が新しいというメリットがあります。

しかし、新築物件は物件価格が高く、利回りが低いというデメリットもあります。

また、新築物件は競合物件が多く、資産価値が減少しやすいというリスクもあります。

一方、中古物件は新築物件に比べて物件価格が安く、利回りが高いというメリットがあります。

また、中古物件は築年数や立地などによって個性があるため、競合物件と差別化できる可能性もあります。

しかし、中古物件は設備や共用部が古くなっている場合が多く、修繕費や管理費がかかるというデメリットもあります。

ワンルームマンション投資を始める場合は、中古物件への投資から始めることをおすすめします。

中古物件への投資では、以下のようなメリットがあります。

  • 初期投資を抑えられる
  • 利回りが高くキャッシュフローが良い
  • 立地や設備などで差別化できる
  • リフォームやリノベーションで付加価値をつけられる

中古物件への投資をする場合は、以下のようなポイントに注意してください。

  • 物件の相場価格や評価額を調べる
  • 物件の立地や設備、築年数などをチェックする
  • 競合物件や入居者ニーズなどを調べる
  • 修繕費や管理費などの経費を見積もる
  • リフォームやリノベーションの費用対効果を考える

ワンルームマンション投資に強い投資会社を選ぶ

ワンルームマンション投資では、不動産会社や投資会社との関係が重要です。

不動産会社や投資会社は、物件の紹介や売買の仲介、管理や運用のサポートなどを行ってくれます。

しかし、不動産会社や投資会社によっては、以下のような問題がある場合があります。

  • 物件の情報や契約内容を不十分に説明する
  • 物件の価格や利回りを誇張する
  • 物件の状況や入居者情報を報告しない
  • サブリース契約や家賃保証を勧める
  • 売却時に手数料や買取価格を不利にする

ワンルームマンション投資を成功させるためには、ワンルームマンション投資に強い投資会社を選ぶことが重要です。

ワンルームマンション投資に強い投資会社とは、以下のような特徴を持つ投資会社です。

  • 物件の情報や契約内容を詳しく説明する
  • 物件の価格や利回りを適正に提示する
  • 物件の状況や入居者情報を定期的に報告する
  • サブリース契約や家賃保証を無理に勧めない
  • 売却時に手数料や買取価格を有利にする

ワンルームマンション投資に強い投資会社を選ぶためには、以下のようなポイントに注意してください。

  • 投資会社の信頼性や実績を調べる
  • 投資会社の提案内容やサービス内容を比較する
  • 投資会社の口コミや評判を確認する

で、

ほぼすべての不動産投資会社と面談したけど、一番失敗しづらい投資会社は【JPリターンズ】だった。

物件も良いの出してくるしワンストップで全部丸投げできるからサラリーマンにもってこい。

事前にシミュレーションを行い綿密な計画を立てる

ワンルームマンション投資では、事前にシミュレーションを行い、綿密な計画を立てることが重要です。

シミュレーションでは、以下のような項目を計算しておく必要があります。

  • 物件の利回りやキャッシュフロー
  • ローン返済や税金などの支払い能力
  • 売却時の価格や手数料など

シミュレーションでは、現在の収入や支出だけでなく、将来的な収入や支出も想定しておく必要があります。

例えば、以下のようなケースを考えてみましょう。

  • 家族構成やライフスタイルが変わる
  • 収入が減るか増えるか
  • 火災や地震などの災害が発生する
  • 空室率や家賃下落率が変わる
  • 物件価値が上昇するか下落するか

これらのケースでは、収入と支出のバランスが大きく変わる可能性があります。

そのため、 シミュレーションでは最悪のケースも想定しておき、リスク対策も考えておく必要があります。

シミュレーションは自分で行うこともできますが、専門的な知識が必要な場合もあります。

その場合は、不動産会社や投資会社に相談することもできます。

不動産会社や投資会社は、シミュレーションのツールやサービスを提供してくれる場合があります。

しかし、不動産会社や投資会社のシミュレーションには、以下のような注意点があります。

  • シミュレーションの内容や前提条件を確認する
  • シミュレーションの結果を鵜呑みにしない
  • シミュレーションの結果を他の情報源と照らし合わせる

シミュレーションを行い、綿密な計画を立てることで、ワンルームマンション投資の収益性やリスクを把握することができます。

また、シミュレーションを行うことで、自分の目標や期待値に合った物件を選ぶことができます。

交通の便がよく、近隣に学校や企業がある物件を探す

ワンルームマンション投資では、物件の立地が重要な要素です。

物件の立地は、入居者の需要や家賃収入、資産価値などに大きく影響します。物件の立地を判断する際には、以下のようなポイントに注意してください。

  • 交通の便がよいか
  • 近隣に学校や企業があるか
  • 近隣に商業施設や公共施設があるか
  • 近隣に治安や環境の問題がないか

交通の便がよい物件は、入居者の需要が高く、空室率が低いというメリットがあります。

また、交通の便がよい物件は、家賃収入が高く、資産価値も高いというメリットもあります。

交通の便がよい物件とは、以下のような特徴を持つ物件です。

  • 駅から徒歩10分以内にある
  • 複数の路線やバス路線にアクセスできる
  • 都心部や主要駅へのアクセスが良い

近隣に学校や企業がある物件は、学生やビジネスパーソンなどの入居者層が広く、需要が安定しているというメリットがあります。

また、近隣に学校や企業がある物件は、家賃収入が安定しており、競合物件と差別化できるというメリットもあります。近

隣に学校や企業がある物件とは、以下のような特徴を持つ物件です。

  • 大学や専門学校などの教育機関から近い
  • 企業街やオフィス街などのビジネスエリアから近い
  • 人口密度や雇用率が高いエリアにある

近隣に商業施設や公共施設がある物件は、生活利便性が高く、入居者満足度が高いし、近隣に商業施設や公共施設がある物件は、家賃収入が高く、資産価値も高い。

近隣に治安や環境の問題がない物件は、入居者の安心感が高く、退去率が低い。

狙う物件に妥協してはいけないよね。

ワンルームマンション投資の将来性

ワンルームマンションとは、主に単身者向けの小さな賃貸住宅のことで、一般的には10〜30平方メートル程度の広さで、キッチンやバスルームなどの設備が備わっています。

ワンルームマンション投資とは、このような物件を購入して賃貸経営を行うことで、家賃収入や資産価値の上昇を目指す投資手法です。

ワンルームマンション投資のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 需要が安定している:単身世帯は日本の世帯数の約4割を占めており、都市部では特に高い需要が見込まれます。 学生や独身社会人、シニアなど、様々な層からのニーズがあります。
  • 利回りが高い:ワンルームマンションは一般的に価格が安く、家賃も高めに設定できるため、利回り(年間家賃収入÷物件価格)が高くなりやすいです。 全国平均で6.5%程度と言われており、他の不動産投資よりも優れています。
  • 管理が容易:ワンルームマンションは規模が小さく、敷地内に共用施設が少ないため、管理費や修繕費などのランニングコストが抑えられます。 また、入居者の入れ替わりも多いため、長期的な空室リスクや滞納リスクも低くなります。

しかし、ワンルームマンション投資にはデメリットもあります。

例えば、以下のような点です。

  • 競争が激しい:ワンルームマンションは需要が高い反面、供給も多くなっており、競争が激しくなっています。 特に都市部では新築物件やリノベーション物件など、魅力的な物件が次々と登場しており、古い物件や立地の悪い物件は人気が落ちやすくなっています。
  • 資産価値が下がりやすい:ワンルームマンションは建物の耐用年数が短く、建築基準法の改正などによって旧式化しやすいです。 また、入居者の好みやライフスタイルの変化にも左右されやすく、将来的に需要が減少する可能性もあります。
  • 税金や手数料がかかる:ワンルームマンション投資では、物件の購入時や売却時には不動産取得税や登録免許税、仲介手数料などの諸費用が発生します。 また、家賃収入に対しては所得税や住民税などの所得税がかかります。 これらの費用や税金を考慮した上で、収支計画を立てる必要があります。

では、このようなメリットとデメリットを踏まえた上で、ワンルームマンション投資の将来性はどうなのでしょうか?

ここからは、単身世帯の増加と都市部への集中、在宅勤務や地方移住の流れという2つの観点から考察してみたいと思います。

単身世帯の増加と都市部への集中

ワンルームマンション投資の将来性に影響を与える要因の一つが、単身世帯の増加と都市部への集中です。

単身世帯は日本の世帯数の約4割を占めており、今後も少子高齢化や晩婚化などの社会的背景によって増加が見込まれます。

また、単身世帯は都市部に集中しており、特に東京圏では人口が増加しています。

これらの傾向は、ワンルームマンションへの需要を高める要因となります。

しかし、単身世帯の増加と都市部への集中は、必ずしもワンルームマンション投資にとってプラスに働くとは限りません。

なぜなら、単身世帯は多様化しており、一様にワンルームマンションを求めるわけではないからです。

例えば、以下のような傾向があります。

  • 若い単身者はシェアハウスやコワーキングスペースなど、コミュニティや交流を重視する住まいを選ぶ傾向がある。
  • 高齢の単身者は介護や安全面を考慮して、サービス付き高齢者向け住宅やグループホームなどを選ぶ傾向がある。
  • 在宅勤務や趣味などで自宅で過ごす時間が長い単身者は、広さや設備にこだわる傾向がある。

単身世帯は一枚岩ではなく、ニーズや価値観が多様化しています。

そのため、ワンルームマンション投資を行う場合は、ターゲットとする層やエリアを明確にし、競争力のある物件を選定する必要があります。

在宅勤務や地方移住の流れ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、テレワークやオンライン学習などが普及しました。

これによって、通勤や通学に時間や費用をかける必要がなくなり、住む場所に自由度が生まれました。

その結果、都心から郊外や地方へ移住する人が増える可能性があります。

実際に、テレワークをきっかけに地方移住を検討している人は4割以上に上るという調査結果もあります。

地方移住を希望する理由としては、

  • 「自然豊かで快適な環境で暮らしたい」
  • 「生活コストや負担が減る」

などが挙げられます。

また、地方移住を実際に行った人の約7割が「移住後の生活に満足している」と回答しており、地方移住のメリットを実感している人も多いようです。

このような在宅勤務や地方移住の流れは、ワンルームマンション投資にとってどのような影響を与えるでしょうか?

一見すると、都心から人口が流出すれば、ワンルームマンションへの需要も減少すると考えられます。

しかし、実際にはそう単純ではないかもしれません。

なぜなら、以下のような点が考えられるからです。

  • 在宅勤務や地方移住を行う人は、必ずしも都心から完全に離れるわけではない。 多拠点居住やサテライトオフィスなど、都心と地方を行き来する形態もあり得る。 その場合、都心にも小さくて安い物件を確保したいという需要が生まれる可能性がある。
  • 在宅勤務や地方移住を行わない人は、都心での生活をより快適にするために、広さや設備にこだわる傾向がある。 その場合、ワンルームマンションではなく、ワンルーム以上の広さや機能性を備えた物件を求める可能性がある。
  • 在宅勤務や地方移住は、コロナ禍が収束した後も継続するかどうかは不確実である。 企業や学校の方針や社会的な風潮によっては、出社や登校が再び求められる可能性もある。 その場合、都心へのアクセスの良さや利便性を重視する需要が再び高まる可能性がある。

このように、在宅勤務や地方移住の流れは、ワンルームマンション投資にとってプラスにもマイナスにも働く要因となり得ます。

そのため、ワンルームマンション投資を行う場合は、在宅勤務や地方移住の動向や影響を注視し、柔軟に対応する必要があります。

ワンルームマンション投資の始め方と注意点

ワンルームマンション投資は、少ない自己資金で始められる手軽な不動産投資ですが、それだけに安易に考えて失敗するケースも多くあります。

ワンルームマンション投資を成功させるためには、事前の準備や計画が非常に重要です。

ここでは、ワンルームマンション投資の始め方と注意点について、以下の4つのステップで解説します。

  • 情報収集・勉強をする
  • 資金を準備する
  • 物件を探す・物件について調査する
  • 購入する

情報収集・勉強をする

ワンルームマンション投資を始める前に、まずは情報収集・勉強をすることが大切です。

ワンルームマンション投資に関する基礎知識や市場動向、メリット・デメリットやリスクなどを把握しておくことで、自分に合った投資戦略や物件選びができるようになります。

情報収集・勉強の方法としては、以下のようなものがあります。

  • インターネットや書籍などでワンルームマンション投資に関する記事やデータを読む
  • ワンルームマンション投資に強い不動産会社やコンサルタントなどの専門家に相談する
  • ワンルームマンション投資のセミナーや勉強会などに参加する

情報収集・勉強をする際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 情報源が信頼できるかどうかを確認する。 特定の不動産会社や物件の宣伝目的で偏った情報や誇張された情報が流されることもあるため、複数の情報源から比較検討することが重要です。
  • 情報が最新かどうかを確認する。 不動産市場は常に変化しており、古い情報では現状と乖離している可能性があります。 最新の情報を入手するためには、インターネットや専門家などから定期的にアップデートされる情報を参照することが望ましいです。
  • 情報だけでなく自分自身も分析する。 ワンルームマンション投資は一括りにできない多様な市場であり、自分の目的や予算、リスク許容度などによって最適な物件や運用方法が異なります。 情報収集・勉強を通じて自分のニーズや条件を明確にし、それに合わせた投資計画を立てることが必要です。

最新情報を無料で仕入れるなら不動産投資の一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】を活用ください。

資金を準備する

ワンルームマンション投資では、物件の価格だけでなく、諸費用や税金なども考慮した上で必要な資金を準備する必要があります。

一般的には、物件価格の10~20%程度が自己資金として必要とされます。

また、不動産投資ローンを利用する場合は、金融機関の審査に通るためにも、収入や貯蓄、借入状況などを整理しておくことが重要です。

資金を準備する際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

諸費用や税金を見積もる

物件の購入時には、不動産取得税や登録免許税、仲介手数料などの諸費用が発生します。

不動産取得税、固定資産税はマジで見落としがち、悪徳不動産投資会社によっては、税金に関する説明を省きがちなので本気で気をつけて!

利回りだけでなくキャッシュフローも考慮する

利回りとは、年間家賃収入を物件価格で割ったもので、物件の収益性を表す指標です。

しかし、利回りだけでは物件の実際の収益性を正しく判断できません。

なぜなら、利回りは諸費用や税金、ローン返済などの支出を考慮していないからです。

実際に手元に残る収益性を知るためには、キャッシュフローという指標を見る必要があります。

キャッシュフローとは、年間家賃収入から支出を差し引いたもので、物件の純利益を表します。

ローン返済能力を確保する

不動産投資ローンを利用する場合は、毎月のローン返済能力を確保することが重要です。

ローン返済能力とは、家賃収入や給与収入などから支出を差し引いたもので、ローン返済に充てられる余裕金額のことです。

ローン返済能力が不足すると、空室や滞納などのリスクに対応できなくなります。

そのため、ローン返済能力を確保するためには、以下のような対策が必要です。

  • ローン返済期間や金利などの条件を見直す
  • 家賃収入以外の収入源を増やす
  • 支出を削減する

物件を探す・物件について調査する

物件を探す段階で、立地条件や建物条件、収益条件などの基本的な情報は把握できると思いますが、それだけでは物件の価値やリスクを正しく判断できません。

物件を購入する前には、より詳細な調査を行う必要があります。

物件について調査する際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

周辺環境や将来性をチェックする。

物件の周辺環境や将来性は、物件の需要や価値に大きく影響します。

物件の周辺環境や将来性をチェックする方法としては、以下のようなものがあります。

  • インターネットや書籍などでエリアの情報を調べる
  • 不動産会社やコンサルタントなどの専門家に相談する
  • 自分で現地に足を運んで周辺を観察する

建物の状態や耐用年数をチェックする。

建物の状態や耐用年数は、物件の品質や耐久性に影響します。

建物の品質、耐久性を確認するために必要なことは3つ

  • 不動産会社やコンサルタントなどの専門家に建築診断を依頼する
  • 自分で現地に足を運んで建物を見学する
  • 管理組合や管理会社などから管理状況や修繕履歴などを確認する

収益性や投資効果をチェックする。

収益性や投資効果は、物件の収益力や投資回収力に影響します。

投資効果の確認に必要なことは3つ

  • 不動産会社やコンサルタントなどの専門家に収益シミュレーションを依頼する
  • 自分で物件の収支計画やキャッシュフロー表などを作成する
  • 物件の入居者や近隣のオーナーなどから家賃相場や入居状況などを聞く

物件について調査する際には、以下のような表を作成して、物件の特徴や収益性を比較検討すると便利です。

物件名立地条件建物条件収益条件
A物件最寄り駅から徒歩5分、ターミナル駅に直結、周辺に大学や商業施設が多い築5年、RC造、エアコン・インターネット回線・オートロック付き、管理人常駐、修繕履歴あり家賃10万円、利回り3%、キャッシュフロー10万円、家賃下落率2%
B物件最寄り駅から徒歩15分、ローカル線である、周辺に商業施設や病院が少ない築15年、木造、エアコン・インターネット回線・オートロックなし、管理人不在、修繕履歴なし家賃5万円、利回り4%、キャッシュフロー5万円、家賃下落率1%

このように表にまとめることで、物件のメリット・デメリットや収益性の違いが一目でわかります。 また、自分の投資目的や予算に合わせて、重視するポイントを決めておくと良いでしょう。

例えば、

  • 安定した収入を得たい場合は、立地条件や空室率などを重視する
  • 資産価値を高めたい場合は、建物条件や将来性などを重視する
  • 初期投資を抑えたい場合は、物件価格や利回りなどを重視する

などです。

物件について調査することは、ワンルームマンション投資の成功に欠かせません。

物件の価値やリスクを正しく判断するためにも、様々な角度から情報収集や分析を行うことが大切です。

購入する

物件を探す・調査する段階を終えたら、次に物件を購入する段階に入ります。

物件を購入する際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

不動産投資ローンを利用する

物件を購入する際には、ほとんどの場合、不動産投資ローンを利用します。

不動産投資ローンとは、不動産投資用の物件を担保にして借りるローンのことで、一般的な住宅ローンとは異なります。

不動産投資ローンを利用するメリットは、以下のようなものがあります。

  • 自己資金が少なくても物件を購入できる
  • レバレッジ効果で利益率を高めることができる
  • 金利が低く、返済期間が長いことが多い

不動産投資ローンを利用する際には、以下のような点に注意する必要があります。

  • 金融機関によって審査基準や借入条件が異なる
  • 借入額や返済期間によって金利や返済額が変わる
  • 固定金利と変動金利の違いや繰り上げ返済の可否などを確認する

不動産投資会社から金融機関の提案を受ける場合は、「もっと金利の安い金融機関はないか?」の確認を必ず行いましょう!

契約書や重要事項説明書を確認する

物件を購入する際には、不動産会社と売買契約書や重要事項説明書などの書類を交わします。

契約書や重要事項説明書には、物件の詳細や売買条件、費用や引渡し日などが記載されており、物件の価値やリスクを判断するための重要な情報です。

契約書や重要事項説明書を確認する際には、以下のような点に注意しましょう。

  • 物件の登記簿謄本や図面などの添付書類を確認する
  • 物件の所有者や債権者などの関係者が明確かどうか確認する
  • 物件にかかる税金や公共料金などの負担割合が明記されているか確認する
  • 物件に関する制限事項やトラブル履歴などが開示されているか確認する
  • 契約解除や違約金などの条項が妥当かどうか確認する

契約書や重要事項説明書は法的拘束力があるものです。

よく読んで理解した上で署名・捺印することが必要です。

わからない点や不安な点があれば、不動産会社やコンサルタントなどの専門家に質問することも忘れないでください。

物件の引き渡しを受ける

物件の購入が完了したら、最後に物件の引き渡しを受けます。

物件の引き渡しを受ける際には、以下のような点に注意しましょう。

  • 物件の現況と契約内容が一致しているか確認する
  • 物件の鍵や設備の取扱説明書などを受け取る
  • 物件の管理組合や管理会社などに挨拶する

物件の引き渡しを受けたら、物件のオーナーとして不動産投資を始めることができます。

さいごに

ワンルームマンション投資の始め方と注意点について、解説しました。

ワンルームマンション投資は、簡単に儲かるというものではありません。

物件の選び方や運用方法によっては、リスクや手間がかかり、思わぬ損失を出す可能性もあります。

そのため、ワンルームマンション投資を始める前には、自分の目的や予算、リスク許容度などを明確にし、事前の準備や計画をしっかりと行うことが重要。

で、

たくさん書きましたが、結局、どの不動産投資会社を選ぶかがすべて。

ほぼ全てのワンルーム投資会社と面談した結論、失敗しない不動産投資会社は【JPリターンズ】だった

JPリターンズは、区分マンション専門の不動産投資会社で、物件の企画・開発・売買・管理まで一括で行っています。

ワンルームマンション投資が気になるけど一歩踏み出せない方はとりあえず面談してみて。

道が開けるぜ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました