【検証】リノシーは本当に儲かる?騙されたという口コミから見える真実

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資と聞くと、高額な資金が必要だったり、管理が面倒だったりと敷居が高いイメージがありませんか?

しかし、最近話題の不動産投資サービス「リノシー(RENOSY)」なら、少額から始められて管理も任せられるという画期的な仕組みがあります。

一方で、「リノシーは儲からない」「騙された」といったネガティブな口コミも見受けられます。

そこで、この記事では リノシーの不動産投資が本当に儲かるのかどうか、実際に利用した人たちの口コミや評判から検証 していきます。

この記事を読んでわかることは以下の通りです。

  • リノシーとはどんな不動産投資サービスなのか
  • リノシーで不動産投資をするメリットとデメリットは何なのか
  • リノシーで不動産投資を始める方法と注意点は何なのか

そして、この記事の結論はこちらです。

リノシーで不動産投資をするかどうかは個人の判断によりますが、儲からないというのは嘘。

リノシーは、都心部の優良物件を少額で購入できるうえに、管理や運用も一括で任せられるという魅力的なサービスです。

しかし、不動産投資にはリスクもありますし、長期的な視点が必要です。

そのため、リノシーの仕組みや特徴をしっかり理解して、自分に合った投資方法を選ぶことが大切です。

では、具体的にリノシーの不動産投資について見ていきましょう。

リノシー(RENOSY)は儲からない?騙された?

リノシー(RENOSY)で不動産投資を始めると、毎月の家賃収入でローン返済や管理費などを支払い、将来的には物件の売却益も見込めるというメリットがあります。

しかし、不動産投資にはリスクもありますし、個人差もあります。

そのため、リノシーで不動産投資をする前に、実際に利用した人たちの評判や口コミをチェックしておくことが大切です。

ここでは、リノシーで不動産投資をする際に起こりうる悪い評判や口コミについて、具体的なケースとその対策を紹介します。

リノシー(RENOSY)で毎月赤字になるケースとその対策

不動産投資の失敗の定義は「トータルで赤字になること」です。 つまり、「トータルで黒字」になれば成功です。

しかし、運用中に毎月赤字になってしまうと、トータルで黒字になる可能性も低くなりますし、精神的にも辛くなります。

毎月赤字になるケースは以下のような場合が考えられます。

  • 物件の空室率が高くて家賃収入が減る
  • 物件の修繕費や管理費が予想以上にかかる
  • 物件の金利上昇や家賃下落などの市場変動によって収支が悪化する

このようなケースに対する対策は以下の通りです。

  • 物件の空室率を下げるために、リフォームやリノベーションを行う。また、賃貸管理会社を変更して入居者募集や契約更新のサポートを受ける。
  • 物件の修繕費や管理費を節約するために、節税効果がある修繕積立金制度や管理組合への加入を検討する。また、物件の状況を定期的にチェックして予防的なメンテナンスを行う。
  • 物件の市場変動に対応するために、用途を変換して需要の高い物件にする。例えば、一般的な賃貸マンションから月極駐車場やコインランドリーなどに変更する。また、繰上返済を行って借入金利を下げる2

リノシー(RENOSY)でトラブルに巻き込まれるケースとその対策

不動産投資では、物件自体だけでなく、関係者とのトラブルも発生する可能性があります。

例えば、

  • 入居者から家賃滞納やクレームが発生する
  • 不動産会社や金融機関との契約内容や手数料に納得できない
  • 不動産会社や金融機関が倒産してしまう

このようなケースに対する対策は以下の通りです。

  • 入居者からの家賃滞納やクレームに対処するために、賃貸保証会社や賃貸管理会社に加入しておく。また、入居者とのコミュニケーションを取って信頼関係を築く。
  • 不動産会社や金融機関との契約内容や手数料に納得できない場合は、他の会社と比較してみる。また、契約前にしっかりと内容を確認し、不明点や疑問点は質問する。
  • 不動産会社や金融機関が倒産してしまった場合は、早急に他の会社に乗り換える。また、倒産リスクを回避するために、信用力や実績のある会社を選ぶ。

リノシー(RENOSY)で手数料が高いケースとその対策

不動産投資では、物件の購入や管理にかかる手数料も収支に影響します。

例えば、

  • 物件の購入時に仲介手数料や登記費用などがかかる
  • 物件の管理時に管理費や修繕積立金などがかかる
  • 物件の売却時に仲介手数料や譲渡所得税などがかかる

このようなケースに対する対策は以下の通りです。

  • 物件の購入時の手数料を節約するために、仲介手数料の割引交渉を行う。また、登記費用などは自分で行うことも可能なので、必要な書類や手続きを調べてみる。
  • 物件の管理時の手数料を節約するために、管理費や修繕積立金は物件ごとに異なるので比較検討する。また、管理費や修繕積立金は節税効果があるので、確定申告を行う。
  • 物件の売却時の手数料を節約するために、仲介手数料は売却価格に応じて変わるので交渉する。また、譲渡所得税は売却時期や所有期間などによって変わるので計画的に行う。

リノシー(RENOSY)で将来性が低いケースとその対策

不動産投資では、物件の将来性も重要な要素です。

例えば、

  • 物件の立地が悪くて需要が低い
  • 物件の建物が古くて価値が下がる
  • 物件の周辺環境が悪化して魅力が失われる

このようなケースに対する対策は以下の通りです。

  • 物件の立地が悪い場合は、交通アクセスや生活利便性を向上させる方法を考える。例えば、自転車置き場やインターネット回線を無料利用できるなど。
  • 物件の建物が古い場合は、リフォームやリノベーションを行って価値を高める。また、築年数が古くても耐震性や設備が良ければ需要はあるので、そういった点をアピールする。
  • 物件の周辺環境が悪化する場合は、周辺の開発計画や人口動向などを調べてみる。また、周辺に魅力的な施設やサービスがあれば、それを利用して入居者にメリットを提供する。

以上が、リノシー(RENOSY)で不動産投資をする際に起こりうる悪い評判や口コミについてのケースと対策でした。

不動産投資は長期的な視点が必要ですし、リスクもあります。しかし、リノシーでは、AIと不動産投資のプロによるサポートや管理費や固定資産税の節約などのメリットもあります。そのため、リノシーの仕組みや特徴をしっかり理解して、自分に合った投資方法を選ぶことが大切です。

リノシー(RENOSY)は儲かる?

リノシー(RENOSY)で不動産投資を始めると、資産価値が上昇したり、家賃収入が安定したり、管理費や固定資産税が節約できたり、節税効果が得られたりというメリットがあります。

しかし、不動産投資には成功事例だけでなく、失敗事例もありますし、個人差もあります。

そのため、リノシーで不動産投資をする前に、実際に利用した人たちの評判や口コミをチェックしておくことが大切です。

ここでは、リノシーで不動産投資をする際に起こりうる良い評判や口コミについて、具体的なケースとその理由を紹介します。

リノシー(RENOSY)で資産価値が上昇するケースとその理由

不動産投資の成功の定義は「トータルで黒字になること」です。

つまり、「トータルで赤字」にならなければ成功です。

しかし、物件の購入時に高く買ってしまったり、売却時に安く売ってしまったりすると、トータルで赤字になる可能性もあります。

資産価値が上昇するケースは以下のような場合が考えられます。

  • 物件の立地が良くて需要が高い
  • 物件の建物が新しくて価値が高い
  • 物件の周辺環境が改善して魅力が高まる

このようなケースの理由は以下の通りです。

  • 物件の立地が良い場合は、交通アクセスや生活利便性が高く、入居者や買い手の競争率が高まります。また、都市部では人口や経済活動が集中するため、物件の希少性や将来性も高まります。
  • 物件の建物が新しい場合は、設備やデザインが最新で魅力的であり、修繕費や管理費も少なく済みます。また、耐震性や省エネ性などの品質も高く、安全性や快適性も高まります。
  • 物件の周辺環境が改善する場合は、公共施設や商業施設などの開発や整備によって、物件の利便性や魅力が高まります。また、治安や景観などの住環境も向上し、物件の価値を高めます。

リノシー(RENOSY)で家賃収入が安定するケースとその理由

不動産投資では、物件の家賃収入は収支の大きな要素です。

しかし、家賃収入は物件の空室率や家賃水準によって変動します。

空室率が高くて家賃収入が減ったり、家賃水準が下落して家賃収入が減ったりすると、収支が悪化します。

家賃収入が安定するケースは以下のような場合が考えられます。

  • 物件の空室率が低くて家賃収入が維持できる
  • 物件の家賃水準が高くて家賃収入が増える
  • 物件の家賃水準が市場変動に対応できる

このようなケースの理由は以下の通りです。

  • 物件の空室率が低い場合は、物件の立地や建物、設備などが入居者のニーズに合っていることを意味します。また、賃貸管理会社や不動産会社のサポートも充実していることを意味します。
  • 物件の家賃水準が高い場合は、物件の品質や魅力が高く、入居者の支払い意欲が高いことを意味します。また、物件の希少性や将来性も高く、競争力が高いことを意味します。
  • 物件の家賃水準が市場変動に対応できる場合は、物件の需要や供給のバランスを見極めて、適正な家賃設定を行っていることを意味します。また、物件の用途やターゲットを変更して、需要の高い物件にすることも可能です。

リノシー(RENOSY)で管理費や固定資産税が節約できるケースとその理由

不動産投資では、物件の管理費や固定資産税などの経費も収支に影響します。

例えば、

  • 物件の管理費が高くて利益が減る
  • 物件の固定資産税が高くて利益が減る
  • 物件の修繕費やリフォーム費が高くて利益が減る

このようなケースに対する対策は以下の通りです。

  • 物件の管理費を節約するために、リノシーでは、賃貸管理プランというサービスを提供しています。これは、物件の賃貸管理をリノシーが代行してくれるサービスで、家賃回収や入居者対応などを行ってくれます。また、管理費は家賃収入から差し引かれるので、自己資金を使う必要がありません。
  • 物件の固定資産税を節約するために、リノシーでは、固定資産税分割払いというサービスを提供しています。これは、固定資産税を一括で支払うのではなく、月々に分割して支払うことができるサービスで、現金流出を抑えることができます。
  • 物件の修繕費やリフォーム費を節約するために、リノシーでは、投資用リノベーションというサービスを提供しています。これは、物件の価値を高めるために必要なリノベーションをリノシーが提案して実施してくれるサービスで、物件の空室率を下げたり、家賃水準を上げたりすることができます。

リノシー(RENOSY)で節税効果が得られるケースとその理由

不動産投資では、物件の所得税や譲渡所得税などの税金も収支に影響します。

例えば、

  • 物件の所得税が高くて利益が減る
  • 物件の譲渡所得税が高くて利益が減る
  • 物件の贈与税や相続税が高くて利益が減る

このようなケースに対する対策は以下の通りです。

  • 物件の所得税を節約するために、リノシーでは、資産管理アプリというサービスを提供しています。これは、物件の収支や運用状況をスマートフォンで確認できるアプリで、確定申告に必要な書類やデータも自動生成してくれます。また、物件の経費や損失なども確定申告できるようにサポートしてくれます。
  • 物件の譲渡所得税を節約するために、リノシーでは、売却時期や所有期間などによって変わる譲渡所得税率を事前にシミュレーションしてくれます。また、譲渡所得税の節税方法や売却時の注意点などもアドバイスしてくれます。
  • 物件の贈与税や相続税を節約するために、リノシーでは、不動産投資の相続対策というサービスを提供しています。これは、物件の相続時に発生する贈与税や相続税を最小限に抑えるための対策を提案してくれるサービスで、相続人の数や関係、物件の評価額などに応じて最適な方法を選ぶことができます。

以上が、リノシー(RENOSY)で不動産投資をする際に起こりうる良い評判や口コミについてのケースと理由でした。

不動産投資は長期的な視点が必要ですし、リスクもあります。 しかし、リノシーでは、AIと不動産投資のプロによるサポートや管理費や固定資産税の節約などのメリットもあります。 そのため、リノシーの仕組みや特徴をしっかり理解して、自分に合った投資方法を選ぶことが大切です。

リノシー(RENOSY)で不動産投資を始めるための条件と注意点

不動産投資を始めるためには、以下のような条件が必要です。

  • 自己資金:不動産投資には、物件の購入時に初期費用がかかります。これには、仲介手数料や登記費用、固定資産税などが含まれます。一般的には、物件価格の10~20%程度が必要とされます。自己資金が少ない場合は、ローンの借り入れ可能額が低くなったり、金利が高くなったりする可能性があります。
  • 信用力:不動産投資には、物件の残りの価格分をローンで借り入れることが多いです。ローンを借り入れるには、信用力が必要です。信用力とは、返済能力や返済意思を示す指標です。信用力が高いほど、ローンの借り入れ可能額が高くなったり、金利が低くなったりする可能性があります。信用力を高めるには、収入や貯蓄、勤続年数などを増やしたり、他の借金や滞納などを減らしたりすることが有効です。
  • 知識:不動産投資には、物件選びや契約内容、税金や管理方法など、様々な知識が必要です。知識が不足していると、損失やトラブルに巻き込まれる可能性があります。知識を身につけるには、本やインターネットなどで情報収集したり、セミナーや相談会などに参加したりすることが有効です。

不動産投資を始める際に注意すべき点は以下の通りです。

  • 目的:不動産投資を始める前に、自分の目的や目標を明確にしましょう。目的や目標によって、適切な物件や運用方法が変わってきます。例えば、老後の収入源として家賃収入を得たい場合は、安定した需要のある物件を選ぶことが重要です。一方で、短期的に売却益を得たい場合は、将来的に価値が上昇する見込みのある物件を選ぶことが重要です。
  • リスク:不動産投資には、空室リスクや市場変動リスクなど様々なリスクがあります。リスクを無視して高い利回りだけを追求すると、大きな損失を被る可能性があります。リスクを回避するには、物件の立地や建物、管理状況などをしっかりと調査したり、複数の物件やエリアに分散投資したりすることが有効です。
  • サポート:不動産投資は、一人で行うのは大変です。物件の購入や管理、売却などには、専門的な知識や経験が必要です。サポートを受けるには、信頼できる不動産会社や金融機関、税理士などの専門家に相談したり、利用したりすることが有効です。

リノシー(RENOSY)で不動産投資を成功させるためのコツとポイント

リノシー(RENOSY)で不動産投資を成功させるためには、以下のようなコツやポイントがあります。

  • 物件の品質:リノシーでは、AIと不動産投資のプロによって厳選された物件を提供しています。これらの物件は、都市部の中古マンションであり、賃貸需要が高く、資産価値が高いという特徴があります。物件の品質を確認するには、立地や建物、設備などのスペックだけでなく、建物管理の実績や耐震基準などもチェックしましょう。
  • 賃貸管理プラン:リノシーでは、賃貸管理プランというサービスを提供しています。これは、物件の賃貸管理をリノシーが代行してくれるサービスであり、家賃回収や入居者対応などを行ってくれます。また、管理費は家賃収入から差し引かれるので、自己資金を使う必要がありません。賃貸管理プランを利用することで、空室率を下げたり、家賃水準を上げたりすることができます。
  • 資産管理アプリ:リノシーでは、資産管理アプリというサービスを提供しています。これは、物件の収支や運用状況をスマートフォンで確認できるアプリであり、確定申告に必要な書類やデータも自動生成してくれます。また、物件の経費や損失なども確定申告できるようにサポートしてくれます。資産管理アプリを利用することで、節税効果や収益改善の機会を得ることができます。
  • 投資用リノベーション:リノシーでは、投資用リノベーションというサービスを提供しています。これは、物件の価値を高めるために必要なリノベーションをリノシーが提案して実施してくれるサービスであり、物件の空室率を下げたり、家賃水準を上げたりすることができます。また、リノベーション費用はローンで支払うことも可能です。
  • 物件の売却:リノシーでは、物件の売却もサポートしています。物件の売却を考えるタイミングは、物件の価値が上昇したときや、ローン返済が終わったときなどがあります。物件の売却をするには、リノシーに査定依頼をすることで、AIによる査定結果や売却時期の提案を受けることができます。また、リノシーでは、譲渡所得税の節税方法や売却時の注意点などもアドバイスしてくれます。

リノシー(RENOSY)で不動産投資を始めるなら今がチャンス!

リノシー(RENOSY)で不動産投資を始めるなら、今がチャンスです。

なぜなら、

  • 不動産市場は好調:コロナ禍でも不動産市場は堅調に推移しており、中古マンションの価格や取引件数は上昇傾向にあります。また、低金利や政策金利の影響もあり、ローンの借り入れ条件も有利です。
  • 不動産投資は年金対策に最適:年金制度の不安定さや老後資金の不足など、将来に向けた不安が高まっています。不動産投資は、家賃収入によって安定した収入源を得ることができるため、年金対策に最適です。
  • リノシーは不動産投資のプロ:リノシーは、AIと不動産投資のプロによって運営されており、不動産投資の全てをサポートしてくれます。物件選びから購入、管理、売却まで、一貫したサービスを提供してくれます。

リノシー(RENOSY)で不動産投資を始めるには、まずは無料資料請求から始めましょう。

無料資料請求をすると、

  • リノシーの仕組みや特徴を詳しく知ることができる
  • リノシーの物件事例や収支シミュレーションを見ることができる
  • リノシーの担当者から相談やアドバイスを受けることができる

無料資料請求はこちらからどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました