RENOSY(リノシー)の口コミ・評判は本当?メリット・デメリットを徹底検証!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

「不動産投資を始めたいけど、どのサービスを選べばいいのか分からない…」と悩んでいませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、RENOSY(リノシー)という不動産投資サービスです。

RENOSY(リノシー)は、少額から始められる不動産投資サービスで、アプリで簡単に運用・管理ができます。

また、AIによる分析から収益性の高い物件に投資できるというメリットがあります。

しかし、RENOSY(リノシー)にもデメリットや注意点があります。

この記事では、RENOSY(リノシー)のメリット・デメリットや口コミ・評判を徹底的に調べてみました。

この記事を読めば、RENOSY(リノシー)で不動産投資を始める前に知っておきたいことがわかります。

また、記事の最後には、RENOSY(リノシー)で不動産投資を始める方法やキャンペーン情報も紹介します。

RENOSY(リノシー)とは?

RENOSY(リノシー)とは、不動産投資を簡単に始められるサービス。

株式会社GA technologiesが運営しており、東京の物件数では大手ポータルサイトと同等の規模である15万棟以上を保有し、会員数は22万人以上です。

RENOSY(リノシー)のサービス内容や特徴は以下のとおりです。

  • 少額から始められる:初期費用は10万円から、月々の支払いは1.5万円からで、自己資金が少なくても不動産投資ができます。
  • アプリで運用・管理できる:「OWNR by RENOSY」というアプリで、所有物件の情報や入居状況、月々のキャッシュフローなどを確認できます。また、確定申告もアプリでサポートしてくれます。
  • AIによる分析で収益性の高い物件に投資できる:AIが不動産市場の動向や物件の価値を分析し、収益性の高い物件を紹介してくれます。都心部の優良物件を多数取り扱っています。

RENOSY(リノシー)は、不動産投資初心者や若い世代におすすめのサービス。

RENOSY(リノシー)のメリットは?

RENOSY(リノシー)のメリットは、不動産投資を始めやすく、運用しやすいことです。具体的には、以下のような点が挙げられます。

  • 初期費用が低い:RENOSY(リノシー)では、手付金が10万円から20万円と、他社に比べて非常に低く設定されています。また、諸経費もローンに上乗せできる可能性があります。そのため、自己資金が少なくても不動産投資を始めることができます12
  • アプリで管理できる:「OWNR by RENOSY」というアプリで、所有物件の情報や入居状況、月々のキャッシュフローなどを確認できます。また、確定申告もアプリでサポートしてくれます。不動産オーナーは無料で利用できるので、手間や時間をかけずに不動産投資を運用できます13
  • AIが優良物件を紹介する:RENOSY(リノシー)では、AIが不動産市場の動向や物件の価値を分析し、収益性の高い物件を紹介してくれます。都心部の優良物件を多数取り扱っており、入居率は99.5%と高い水準です。自分で物件探しをする必要がなく、安心して不動産投資を始めることができます13

RENOSY(リノシー)は、不動産投資初心者や若い世代におすすめです。

少額から始められることやアプリで管理できることなどは、他社にはない強みです。

また、AIによる分析から収益性の高い物件に投資できることも魅力的です。

RENOSY(リノシー)のデメリットは?

RENOSY(リノシー)のデメリットは、不動産投資に関する条件や選択肢が限られることです。具体的には、以下のような点が挙げられます。

  • 年収が500万円以上でないと審査に通らない:RENOSY(リノシー)では、中古マンションを主に扱っており、その多くは1000万円以上の物件です。そのため、ローン審査に通るためには年収が500万円以上である必要があります。年収が低い方や自営業者の方は利用できない可能性があります。
  • 物件の種類や地域が限定的:RENOSY(リノシー)では、AIが分析した優良物件を紹介してくれますが、その物件はほとんどが中古ワンルームマンションで、地域も東京都内に偏っています。新築マンションや一戸建て、地方の物件などに投資したい方は、他の不動産投資会社を検討する必要があります。
  • 短期間で高額なリターンは見込めない:RENOSY(リノシー)では、サブリース契約を主体としており、月々の手出しはあるものの、将来的に資産価値が残る35年ローンを組みます。そのため、「今すぐ儲かる」タイプの不動産投資ではありません。長期的な視点で資産形成を目指す方に向いています。

RENOSY(リノシー)は、不動産投資における条件や選択肢が限られることがデメリットです。

年収や物件の希望に合わない方は利用できないかもしれません。

また、短期間で高額なリターンを求める方にも不向きです。

自分のニーズや目的に合わせて、RENOSY(リノシー)を利用するかどうか慎重に判断してください。

RENOSY(リノシー)の口コミ・評判は?

RENOSY(リノシー)の口コミ・評判は、利用者の評価が分かれるという印象です。

具体的には、以下のような点が挙げられます。

  • 良い口コミ・評判:担当者が信頼できる、少額から投資できる、都心部で物件を購入できるなど。
  • 悪い口コミ・評判:営業が強引だった、アマゾンギフト券がもらえなかった、電話がしつこいなど。

RENOSY(リノシー)は、不動産投資における条件や選択肢が限られることがデメリット。

年収や物件の希望に合わない方は利用できないかもしれません。

また、短期間で高額なリターンを求める方にも不向きです。

RENOSY(リノシー)利用者の実体験と感想

実際にリノシーを利用した人の感想は、以下のようなものがあります。

リノシー利用者
リノシー利用者

「担当者が信頼できた。利点だけでなく、リスクも説明してくれた。段取りも全て早く、正確だった。」

リノシー利用者
リノシー利用者

「少ない自己資金で資産形成でき、家賃収入で将来の収入を確保できる点が、漠然とした将来への不安の打ち手になった。」

リノシー利用者
リノシー利用者

「物件の種類や地域が限定的。新築マンションや一戸建て、地方の物件などに投資したい方は、他の不動産投資会社を検討する必要がある。」

リノシー利用者
リノシー利用者

「営業が強引だった。知識が不足していると感じた。怪しいと思った。」

リノシー利用者
リノシー利用者

「アマゾンギフト券がもらえなかった。条件を全て満たしても対象外とされた。」

リノシー利用者
リノシー利用者

「電話がしつこい。夜間休日問わず電話がかかってくる。着拒しても違う連絡先でかかってくる。」

これらの感想は、個人的な主観や体験に基づくものであり、全ての利用者に当てはまるとは限りません。

また、時期や担当者によってもサービスの質が変わる可能性があります。

リノシーを利用する際は、自分で情報を確認し、納得した上で判断してください。

RENOSY(リノシー)で不動産投資を始めるために必要なことは?

RENOSY(リノシー)で不動産投資を始めるために必要なことは、以下の3つのステップがあります。

リノシーを利用する3ステップ
  • ステップ1
    資料請求

    まずはRENOSYの公式サイトから無料で資料請求をします。資料には、RENOSYのサービス内容や物件情報などが記載されています。資料請求をすると、初回面談限定でアマゾンギフト券5万円分がもらえるキャンペーンも実施中です。

  • ステップ2
    面談

    資料請求後、担当者から連絡があり、面談の日程を調整します。面談では、不動産投資の基礎知識やメリット・デメリット、リスクなどを説明してもらえます。また、自分の年収や貯金額などに応じた物件の提案もしてもらえます。

  • ステップ3
    物件購入

    面談で納得した物件があれば、契約手続きに進みます。契約手続きでは、ローン審査や必要書類の準備などが必要です。RENOSYでは、担当者がサポートしてくれるので、初めてでも安心です。

RENOSY(リノシー)で不動産投資を始めるために必要なことは、資料請求、面談、物件購入の3つのステップです。

RENOSY(リノシー)では、不動産投資に関する様々なサポートを受けられるので、初心者でもチャレンジしやすいと言えます。

まとめ

RENOSY(リノシー)は、不動産投資の物件選びから購入、管理までワンストップでサポートしてくれるサービスです。

少額から始められることや、都心部の優良物件を紹介してもらえることなど、不動産投資初心者におすすめのメリットが多くあります。

しかし、物件の種類や地域が限定的であることや、営業が強引な場合があることなど、デメリットも把握しておく必要があります。

RENOSY(リノシー)を利用する際は、自分のニーズや目的に合わせて、情報を確認し、納得した上で判断してください。

リノシーのポイント
  • RENOSY(リノシー)は、不動産投資の物件選びから購入、管理までワンストップでサポートしてくれるサービス
  • メリット:少額から始められる、都心部の優良物件を紹介してもらえる、担当者が信頼できる場合が多いなど
  • デメリット:物件の種類や地域が限定的、営業が強引な場合がある、アマゾンギフト券がもらえない場合があるなど
  • 利用する際は、自分のニーズや目的に合わせて、情報を確認し、納得した上で判断する

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました