【2024年版】不動産投資でワンルームマンションを選ぶべき3つの理由

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資は、株式やFXなどの金融商品と比べて、安定した収入を得られるというメリットがあります。

しかし、不動産投資には様々な種類があり、どのような物件を選ぶかによって、リスクや収益性が大きく変わってきます。

その中でも、ワンルームマンションは、不動産投資の中でも人気の高い物件の一つです。

ワンルームマンションとは、一人暮らし向けの小さなマンションのことで、主に学生や単身者が入居することが多いです。

では、なぜ不動産投資でワンルームマンションを選ぶべきなのでしょうか。

この記事では、以下の3つの理由を紹介します。

  • 初期費用が低い
  • 空室リスクが低い
  • 需要が安定している

これらの理由について、詳しく見ていきましょう。

初期費用が低い

不動産投資を始めるには、物件の購入や諸経費など、かなりの資金が必要です。

しかし、ワンルームマンションは、一般的なマンションや戸建てよりも価格が安いので、初期費用を抑えることができます。

ワンルームマンションは一戸建ての約3分の1の価格で購入できます。

また、ワンルームマンションは、ローンの借り入れや返済も容易。

ワンルームマンションは、物件価格が安いため、ローン審査に通りやすく、金利も低くなります。

さらに、ワンルームマンションは家賃収入が安定しているため、ローン返済に困ることも少ないです。

初期費用が低いということは、不動産投資の敷居を下げるだけでなく、リスクを減らすことにもつながります。

もし物件が売れなくなったり、空室が続いたりした場合でも、損失を最小限に抑えることができます。

空室リスクが低い

空室リスクが低いというのは、ワンルームマンションの入居者の需要が高く、入れ替わりが少ないということです。

ワンルームマンションは、一人暮らしに適した物件であり、学生や単身者、社会人などの幅広い層から人気があります。

特に、都市部では、ワンルームマンションの需要は高まっています。

また、ワンルームマンションは、入居者の入れ替わりも少ないです。ワンルームマンションは、家賃が安く、立地が良く、設備が整っていることが多いので、入居者が満足して長期間住むことが多いです。

もし入居者が退去した場合でも、新しい入居者を見つけるのに時間がかからないです。

空室リスクが低いということは、家賃収入が安定しているということです。

家賃収入が安定していれば、ローン返済や管理費などの経費を支払うことに困らなくなります。

また、物件の資産価値も下落しにくくなります。

需要が安定している

需要が安定しているというのは、ワンルームマンションの入居者の需要が将来的にも減らないということです。

ワンルームマンションは、一人暮らしに適した物件であり、日本では一人暮らしの人口が増えています。

特に、若者や高齢者の一人暮らしは今後も増加する傾向にあります。

一人暮らしに適したワンルームマンションは、この需要に応えることができます。

また、在宅勤務やオンライン授業などが増えたため、自分のプライベートな空間を確保したいというニーズが高まりました。

ワンルームマンションは、そのようなニーズにも対応できる物件です。

需要が安定していれば、物件の資産価値や家賃収入も安定します。

また、将来的に物件を売却する際にも、買い手を見つけやすくなります。

以上のように、不動産投資でワンルームマンションを選ぶべき理由は、

  • 初期費用が低いこと
  • 空室リスクが低いこと
  • 需要が安定していること

の3つです。

これらの理由からわかるように、ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でも魅力的な投資方法です。

ワンルームマンション投資で注意すべき3つのリスクと対策

ワンルームマンション投資で注意すべき3つのリスクと対策については、以下のように説明できます。

  • 資産価値の下落リスクと対策
  • 金利の変動リスクと対策
  • 競合物件の増加リスクと対策

それぞれのリスクと対策について、詳しく見ていきましょう。

資産価値の下落リスクと対策

資産価値の下落リスクとは、ワンルームマンションの物件価格が将来的に下がる可能性があるということです。

物件価格は、需要と供給のバランスや地域の人口動態、経済状況などに影響されます。

もし、これらの要因が悪化した場合、ワンルームマンションの物件価格は下落する可能性があります。

資産価値の下落リスクを回避するためには、以下の対策が有効です。

  • 物件の立地や設備を重視する
  • 物件の状態やメンテナンスを行う
  • 物件の売却タイミングを見極める

それぞれの対策について、詳しく見ていきましょう。

物件の立地や設備を重視する

物件の立地や設備を重視するという対策は、ワンルームマンションの物件価格が下落しにくいようにするためのものです。

物件の立地や設備は、入居者の需要や満足度に大きく影響します。

物件の立地が良く、設備が整っているワンルームマンションは、入居者が多く、家賃も高く設定できます。

その結果、物件の資産価値も高くなります。

物件の立地や設備を重視するためには、以下のポイントに注意してください。

  • 物件の立地は、駅やバス停などの交通機関に近いこと、コンビニやスーパーなどの生活施設に近いこと、治安が良いことなどをチェックする
  • 物件の設備は、エアコンや冷蔵庫などの家電製品が揃っていること、インターネットやケーブルテレビなどの通信環境が整っていること、防犯カメラやオートロックなどのセキュリティが充実していることなどをチェックする

物件の状態やメンテナンスを行う

物件の状態やメンテナンスを行うという対策は、ワンルームマンションの物件価格が下落しないようにするためのものです。

物件の状態やメンテナンスは、入居者の快適さや安全性に大きく影響します。

物件の状態が良く、メンテナンスが行き届いているワンルームマンションは、入居者が満足して長期間住むことが多く、退去時にも修繕費用がかからないことが多いです。

その結果、物件の資産価値も高くなります。

物件の状態やメンテナンスを行うためには、以下のポイントに注意してください。

  • 物件の状態は、壁紙や床材などの内装がキレイで傷や汚れがないこと、水回りや電気などの設備が正常に動作していること、窓やドアなどの開閉がスムーズで防音効果があることなどをチェックする
  • 物件のメンテナンスは、定期的に清掃や消毒を行うこと、故障や不具合が発生した場合は早急に修理や交換を行うこと、入居者からの要望や苦情に対応することなどを行う

物件の売却タイミングを見極めるという対策は、ワンルームマンションの物件価格が最高値で売れるようにするためのものです。

物件価格は、市場の動向や需要と供給のバランスによって変動します。

もし、市場が好調で需要が高く供給が少ない時期に売却すれば、高値で売れる可能性があります。

物件の売却タイミングを見極める

物件の売却タイミングを見極めるためには、以下のポイントに注意してください。

  • 市場の動向は、不動産市況レポート や不動産価格指数 などのデータを参考にする
  • 需要と供給のバランスは、物件の立地や設備などの特徴に合ったターゲット層のニーズや競合物件の状況を調査する
  • 売却時期は、入居者の契約更新時期や税金の支払い時期などを考慮する

金利の変動リスクと対策

金利の変動リスクとは、金利の上昇や下落によって、資産や負債の価値が変化する可能性のことです。

金利の変動は、景気や物価、金融政策、為替、海外の金利などに影響されます。

金利の変動リスクに対処する方法は、以下のようなものがあります。

  • 固定金利型を選択する:借り入れや貸し出しを固定金利型で行うことで、金利変動の影響を受けないようにする方法です。ただし、固定金利型は変動金利型よりも高い水準に設定されることが多いです。
  • 繰り上げ返済を行う:借り入れを早期に完済することで、将来的な金利上昇の影響を回避する方法です。ただし、繰り上げ返済には違約金や税制上のデメリットが発生することがあります。
  • 貯蓄を増やす:借り入れ額を減らすか、あるいは返済負担に備えて貯蓄を増やすことで、金利変動の影響を軽減する方法です。ただし、貯蓄にも機会費用やインフレリスクが発生することがあります。

競合物件の増加リスクと対策

競合物件とは、同じエリアや条件で売り出されている物件のことです。

競合物件が多い場合は、売却価格や売却期間に影響を与える可能性があります。

競合物件の増加リスクには、以下のような種類があります。

  • 売却価格低下リスク:競合物件が多い場合は、需要と供給のバランスが崩れて価格競争が激化する可能性があります。その結果、売却価格を下げざるを得なくなるリスクです。
  • 売却期間延長リスク:競合物件が多い場合は、買い手の選択肢が増えて物件の魅力が相対的に低下する可能性があります。その結果、売却までに時間がかかるリスクです。

競合物件の増加リスクに対処する方法は、以下のようなものがあります。

  • 物件の差別化を図る:競合物件と比べて、自分の物件の強みや特徴をアピールすることで、買い手の興味を引く方法です。例えば、リフォームや設備の更新、家具や家電の付属などがあります。
  • 販売戦略を見直す:競合物件と比べて、自分の物件の価格や条件を適正に設定することで、買い手のニーズに応える方法です。例えば、査定価格や市場動向を参考に価格設定をする、販売媒体や広告を工夫するなどがあります。
  • 売却タイミングを調整する:競合物件が少ない時期や需要が高い時期に売り出すことで、買い手の獲得率を高める方法です。例えば、季節や年度末・年度始めなどを考慮するなどがあります。

ワンルームマンション投資で失敗しないための物件選びのコツ

物件選びは、不動産投資の成功のカギとなる重要なステップです。

物件選びを間違えると、空室や資産価値の下落、収益性の低下などのリスクに直面する可能性があります。

逆に、物件選びを上手に行えば、安定した家賃収入や資産価値の上昇、収益性の向上などのメリットを得ることができます。

ワンルームマンション投資で失敗しないための物件選びのコツは、以下の3つです。

  • 需要の高いエリアを選ぶ
  • 収益性の高い物件を選ぶ
  • 将来性のある物件を選ぶ

それぞれのコツについて、詳しく見ていきましょう。

需要の高いエリアを選ぶ

需要の高いエリアを選ぶというコツは、ワンルームマンションの入居者の需要が高く、空室率が低いエリアを選ぶということです。

需要の高いエリアとは、一般的に以下のような特徴を持つエリアです。

  • 都心部やその周辺に位置する
  • 大学や企業などの施設が多い
  • 交通機関が発達している
  • 生活環境が良い

これらの特徴を持つエリアでは、学生や単身者、社会人などの一人暮らしに適したワンルームマンションの需要が高くなります。

その結果、空室率が低く、家賃も高く設定できます。また、物件の資産価値も高くなります。

需要の高いエリアを選ぶためには、以下のポイントに注意してください。

  • エリアの人口動態や経済状況を調べる
  • エリアの不動産市場や競合物件を分析する
  • エリアの将来性や発展性を予測する

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

エリアの人口動態や経済状況を調べる

人口の増減や年齢構成、所得水準、雇用状況などは、エリアの住宅需要や賃料水準に影響します。

人口が増加傾向にあるエリアや、若者や高所得者が多いエリアは、不動産市場が活発である可能性が高いです。

また、地域経済の発展や産業の多様化も、エリアの将来性を高めます。

エリアの不動産市場や競合物件を分析する

不動産市場の供給・需要バランスや価格動向、競合物件の特徴や空室率などを把握することで、投資物件の選定や適正な賃料設定ができます。

需要が高くても供給が過剰であれば、競争が激化し、収益性が低下する可能性があります。

また、競合物件と比較して、投資物件にどのような付加価値を提供できるかを考えることも重要です。

エリアの将来性や発展性を予測する

不動産投資は長期的な視点が必要です。

エリアにおける将来的な人口動向やインフラ整備、再開発計画などを調査することで、エリアの将来的な需要や資産価値の変化を予測できます。

将来的に需要が高まる見込みのあるエリアや、再開発によって街の価値が向上するエリアは、不動産投資に適したエリアと言えます。

再開発エリアも要確認

収益性の高い物件を選ぶ

収益性の高い物件を選ぶというコツは、ワンルームマンションの投資収益率が高い物件を選ぶということです。

投資収益率とは、物件の年間家賃収入を物件価格で割ったもので、物件の収益性を表す指標です。

投資収益率が高い物件は、物件価格に対して家賃収入が多いことを意味します。

その結果、ローン返済や経費などの支出に対して、利益が大きくなります。

投資収益率の高い物件を選ぶためには、以下のポイントに注意してください。

  • 物件価格と家賃水準を比較する
  • 物件の築年数や状態を考慮する
  • 物件の管理費や修繕費などの経費を把握する

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

物件価格と家賃水準を比較する

物件価格と家賃水準を比較するというポイントは、ワンルームマンションの投資収益率を計算するために必要なデータを集めることです。

物件価格と家賃水準は、エリアや立地、設備などによって異なります。

一般的に、都心部や駅近などの人気エリアでは、物件価格も家賃水準も高くなります。

しかし、それだけでは投資収益率が高いかどうかは判断できません。物件価格と家賃水準の比率が重要です。

物件価格と家賃水準を比較するためには、以下の方法があります。

  • 不動産情報サイトや不動産会社などから、希望するエリアや条件の物件価格や家賃相場を調べる
  • インターネット上の投資収益率計算ツールやスプレッドシートなどを使って、物件ごとに投資収益率を算出する
  • 投資収益率が高い物件やエリアを見つける

物件の築年数や状態を考慮する

物件の築年数や状態を考慮するというポイントは、ワンルームマンションの投資収益率に影響する要素を把握することです。

物件の築年数や状態は、家賃水準や入居者のニーズに影響します。

一般的に、築年数が新しいかリフォームされた物件は、築年数が古いかメンテナンスされていない物件よりも家賃水準が高くなります。

また、築年数が新しいかリフォームされた物件は、築年数が古いかメンテナンスされていない物件よりも入居者のニーズに応えやすくなります。

物件の築年数や状態を考慮するためには、以下の方法があります。

  • 物件の現地調査や内覧会に参加して、物件の状態や設備を確認する
  • 物件の築年数やリフォーム履歴などの情報を不動産会社や売主から入手する
  • 物件の築年数や状態に応じて、家賃水準や入居者のニーズを見積もる

物件の管理費や修繕費などの経費を把握する

物件の管理費や修繕費などの経費を把握するというポイントは、ワンルームマンションの投資収益率に影響する支出を予測することです。

物件の管理費や修繕費などの経費は、家賃収入から差し引かれる支出です。

経費が高いほど、利益が減少します。経費は、物件の規模や築年数、管理形態などによって異なります。

物件の管理費や修繕費などの経費を把握するためには、以下の方法があります。

  • 物件の管理規約や管理契約書などから、管理費や修繕積立金などの定期的な経費を確認する
  • 物件のリフォーム履歴や設備状況などから、水回りや電気などの故障や交換が必要になる可能性や費用を見積もる
  • 物件の入居者や退去者の動向などから、空室期間や募集費用、清掃費用などの不定期的な経費を見積もる

将来性のある物件を選ぶ

将来性のある物件を選ぶというコツは、ワンルームマンションの資産価値が将来的に上昇する可能性が高い物件を選ぶということです。

資産価値とは、物件を売却した場合に得られる価格のことで、物件の需要や供給、立地や設備、景気や金利などに影響されます。

資産価値が上昇する物件は、将来的に利益を得ることができます。

その結果、投資リスクを低減したり、再投資したりすることができます。

資産価値が上昇する可能性が高い物件を選ぶためには、以下のポイントに注意してください。

  • 需要が高く供給が少ないエリアを選ぶ
  • インフラ整備や再開発計画などがあるエリアを選ぶ
  • 立地や設備が優れた物件を選ぶ

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

需要が高く供給が少ないエリアを選ぶ

需要が高く供給が少ないエリアを選ぶというポイントは、ワンルームマンションの資産価値に影響する需要と供給のバランスを考えることです。

需要と供給のバランスは、物件価格や家賃水準に影響します。

需要が高く供給が少ないエリアを選ぶためには、以下の方法があります。

  • 不動産情報サイトや不動産会社などから、希望するエリアや条件の物件の供給量や空室率を調べる
  • 総務省の統計や国土交通省の調査などから、希望するエリアの人口動態や住宅需要を調べる
  • 需要の高いターゲット層やニーズに合った物件を選ぶ

インフラ整備や再開発計画などがあるエリアを選ぶ

インフラ整備や再開発計画などがあるエリアを選ぶというポイントは、ワンルームマンションの資産価値に影響するエリアの将来性や発展性を考えることです。

インフラ整備や再開発計画などは、エリアの利便性や魅力を向上させる要因です。

インフラ整備や再開発計画などがあるエリアでは、物件価格や家賃水準が上昇する可能性があります。

また、将来的に新しい需要や付加価値が生まれる可能性もあります。

インフラ整備や再開発計画などがあるエリアを選ぶためには、以下の方法があります。

  • 国土交通省や地方自治体などの公的機関から、希望するエリアのインフラ整備や再開発計画の内容や進捗状況を調べる
  • 不動産情報サイトや不動産会社などから、希望するエリアの物件価格や家賃水準の変化傾向を調べる
  • インフラ整備や再開発計画によって、エリアの利便性や魅力がどのように変化するかを予測する

立地や設備が優れた物件を選ぶ

立地や設備が優れた物件を選ぶというポイントは、ワンルームマンションの資産価値に影響する物件自体の品質を考えることです。

立地や設備は、入居者のニーズや満足度に大きく影響します。立地や設備が優れた物件は、入居者が多く、家賃も高く設定できます。

その結果、資産価値も高くなります。

立地や設備が優れた物件を選ぶためには、以下のポイントに注意してください。

  • 立地は、駅やバス停などの交通機関に近いこと、コンビニやスーパーなどの生活施設に近いこと、治安が良いことなどをチェックする
  • 設備は、エアコンや冷蔵庫などの家電製品が揃っていること、インターネットやケーブルテレビなどの通信環境が整っていること、防犯カメラやオートロックなどのセキュリティが充実していることなどをチェックする

将来性のある物件を選ぶためには、

  • 需要が高く供給が少ないエリアを選ぶこと
  • インフラ整備や再開発計画などがあるエリアを選ぶこと
  • 立地や設備が優れた物件を選ぶこと

が必要です。

これらのポイントを参考にして、資産価値が上昇する可能性が高い物件を見つけましょう。

ワンルームマンション投資で成功するための運用方法とポイント

ワンルームマンション投資の方法 ワンルームマンション投資には3つの方法があります。

  • 賃貸運用:物件をずっと貸しておいて、毎月もらえる家賃で利益を得る方法です。でも、空き部屋が出たり管理費がかかったりするリスクもあります。だから、しっかり収支計画を立てる必要があります。
  • 売却運用:物件の価格が上がったら売ってしまって、買った値段より高く売れた分で利益を得る方法です。でも、物件や市場の動きをよく見て、売るタイミングを見極める必要があります。
  • リフォーム運用:中古物件を安く買って、キレイにしたりオシャレにしたりして、価値を高めてから貸したり売ったりする方法です。でも、リフォームにかかるお金や効果をよく見積もる必要があります。

ワンルームマンション投資のコツ ワンルームマンション投資で成功するためには、以下のようなコツがあります。

  • 物件選び:需要が高く競争力のある物件を選ぶことが大切です。立地や交通アクセス、周辺環境、築年数、間取り、設備などの条件に気をつけましょう。中古物件の場合は、既存のリスクや問題点を発見できるように調査しましょう。
  • 購入時期:物件の価格や金利などの市場環境に応じて、購入時期を決めることが大切です。一般的には、物件価格が低く金利も低い時期に購入することが有利と言えます。売却運用の場合は、物件価格が高くなった時期に売却することがポイントです。
  • 資金計画:自己資金や不動産投資ローンなどの資金調達方法や返済計画を立てることが大切です。自己資金に余裕があるかどうかやローン審査に通るかどうかなどを確認しましょう。家賃収入だけでなく、管理費や修繕費などの経費や税金も考慮した収支計画を作りましょう。
  • 管理会社:物件の管理は専門的な知識やスキルが必要なため、管理会社に委託することが一般的です。管理会社は物件の募集や契約、入退去対応、清掃や修繕などの業務を行ってくれます。管理会社の選び方は、信頼性や実績、サービス内容や料金などを比較検討することがポイントです。

ワンルームマンション投資は、初心者でも始めやすい不動産投資ですが、リスクや失敗例もありますので、事前に十分な情報収集や勉強をすることが大切です。

ワンルームマンション投資の将来性

ワンルームマンション投資の将来性は、以下のような要因によって左右されます。

  • 需要の高さ:ワンルームマンションは、一人暮らしや単身赴任などの需要が高い都市部で人気があります。特に、東京や大阪などの大都市では、人口が増加し続けており、住宅需要も高まっています。また、コロナ禍による在宅勤務やテレワークの普及に伴い、自宅とは別に仕事用のスペースを確保したいという需要も増えています。これらの傾向は、今後も続くと予想されます。
  • 競争力の高さ:ワンルームマンションは、他の不動産投資と比べて、初期費用や管理費が安く済みます。また、空室リスクや入居者トラブルも少なく、運用が容易です。さらに、ワンルームマンションは、築年数が経過しても価値が下がりにくいという特徴があります。これらの点から、ワンルームマンションは不動産投資の中でも競争力が高いと言えます。

以上のように、ワンルームマンション投資は需要が高く競争力が高く利回りが高いというメリットがあります。

しかし、デメリットもあります。

例えば、

  • 資産価値の低さ:ワンルームマンションは収益性は高いですが、資産価値は低いです。これは、ワンルームマンションは一般的な住宅としての需要が少なく、売却時に買い手を見つけにくいからです。
  • 管理費や修繕費の増額:ワンルームマンションを所有すると、管理組合に修繕積立金や管理費などを支払う必要があります。これらの費用は、時間の経過とともに値上がりすることがあります。特に、大規模修繕が行われた後などは、修繕積立金が急激に増額されることがあります。これらの費用の増額は、家賃収入から差し引く経費の増加につながり、利回りの低下やキャッシュフローの悪化に影響します。
  • 節税効果の切れるタイミング:ワンルームマンションを購入すると、減価償却費やローン利息などを経費として計上でき、所得税を節税できます。しかし、節税効果は永遠に続くわけではありません。減価償却費は法定耐用年数を超えると計上できなくなりますし、ローンの返済が進むと利息分の割合が減っていきます。これらの要因により、節税効果が切れるタイミング(デッドクロス)を迎えると、所得税の納税額が増えてしまいます。

以上のように、ワンルームマンション投資の将来性はメリットとデメリットがあります。

将来性を判断する際には、物件や市場の状況だけでなく、自分の投資目的や期間も考慮する必要があります。

ワンルームマンション投資の出口戦略

ワンルームマンション投資を始める際には、あらかじめどのような終わり方をしたいのか、出口戦略を考えておくことが大切です。

出口戦略は人それぞれですが、一般的には以下のような選択肢があります。

売却する

ワンルームマンションを売却することで、売却益や節税効果を得ることができます。

しかし、売却時には多額の税金や仲介手数料などが発生しますし、売却価格も物件や市場の状況によって変動します。

売却する場合は、以下のようなポイントに注意しましょう。

売却時期:物件の価格や金利などの市場環境に応じて、売却時期を決めることが重要です。一般的には、物件価格が高く金利も低い時期に売却することが有利と言えます。また、築20年前後や節税効果が切れるタイミングなども売却時期の目安になります。

売却方法:ワンルームマンションを売却する方法は仲介と買取があります。仲介は不動産会社に物件を紹介してもらい、買い手を見つける方法です。買取は不動産会社に直接物件を買ってもらう方法です。仲介は売却価格が高くなる可能性がありますが、買い手を見つけるまで時間がかかる場合もあります。

相続する

ワンルームマンションを相続人に相続させることで、収益源として残すことができます。

しかし、相続する場合は、相続税や管理費などの負担や相続人の意向などをよく検討する必要があります。

また、相続人が不動産投資に興味がない場合や運用能力がない場合は、相続後に売却する可能性もあります。

相続する場合は、以下のようなポイントに注意しましょう。

相続税:ワンルームマンションを相続すると、相続税が発生します。相続税は相続財産の評価額に応じて課税されますが、不動産の評価額は路線価や公示価格などを基準に算定されます。これらの価格は実際の市場価格よりも高く設定されていることが多いため、相続税も高くなりやすいです。また、相続人が複数いる場合は、分割相続や遺留分制度なども考慮しなければなりません。

管理費:ワンルームマンションを相続した後も、管理組合に修繕積立金や管理費などを支払う必要があります。これらの費用は時間の経過とともに値上がりすることがあります。特に、大規模修繕が行われた後などは、修繕積立金が急激に増額されることがあります。これらの費用の増額は、家賃収入から差し引く経費の増加につながり、利回りの低下やキャッシュフローの悪化に影響します。

まとめ

不動産投資でワンルームマンションを選ぶべき3つの理由は、次のとおりです。

  • 初期投資を抑えられる:ワンルームマンションは、他の不動産投資と比べて物件価格が安く、ローン審査も通りやすいため、少ない自己資金でも始められます。
  • 安定した収入を得やすい:ワンルームマンションは、一人暮らしや単身赴任などの需要が高い都市部で人気があります。特に、駅近や大学・企業の近くなどの立地条件が良い物件は、空室リスクが低く、高い利回りを期待できます。
  • 管理が容易で節税効果もある:ワンルームマンションは、管理戸数が少なく、入居者トラブルも少ないため、物件の管理が比較的容易です。また、減価償却費やローン利息などを経費として計上できるため、所得税や相続税の節税効果もあります。

以上が、不動産投資でワンルームマンションを選ぶべき3つの理由です。

ワンルームマンション投資は初心者でも始めやすい不動産投資ですが、リスクや失敗例もありますので、事前に十分な情報収集や勉強をすることが大切。

情報収集は無料一括資料請求を活用ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました