不動産売却で失敗しないために知っておきたい無料査定の3つのメリットとデメリット

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
不動産売却の評判

あなたは不動産売却を考えていますか?

もし、そうならば、最初に行う無料査定は重要です。

無料査定とは、不動産会社に自分の物件の価格を見積もってもらうことです。

しかし、この無料査定にはメリットだけでなくデメリットもあります。

間違った無料査定を受けると、不動産売却が失敗する可能性が高まります。

では、どのようにして正しい無料査定を受けることができるのでしょうか?

この記事では、不動産売却で失敗しないために知っておきたい無料査定の3つのメリットと3つのデメリットを詳しく解説します。

この記事を読めば、あなたの不動産売却が成功するための秘訣がわかります。

無料査定の3つのメリットとデメリット

不動産売却の無料査定とは、不動産会社に自分の物件の価格を見積もってもらうこと。

インターネットや電話などで簡単に申し込むことができますが、そのメリットとデメリットを知っておくことが大切です。

不動産売却の無料査定のメリット3選

不動産売却の無料査定には、以下のようなメリットがあります。

  • 売却相場や市場動向を知ることができる
  • 複数の不動産会社から査定価格を比較することができる
  • 信頼できる不動産会社を選ぶことができる

売却相場や市場動向を知ることができる

不動産会社は、物件の立地や築年数、間取りなどの基本情報だけでなく、周辺環境や需要・供給状況なども考慮して査定価格を算出します。

自分の物件がどれくらいの価値があるか、また今売るべきかどうかプロが判断してくれるのは無料査定の大きなメリットでしょう。

複数の不動産会社から査定価格を比較することができる

不動産会社によって査定方法や基準が異なるため、査定価格に差が出ることがあります。

不動産会社によって得意分野や販売力も違うため、一括査定サービスなどを利用して複数の不動産会社から査定価格を取得することで、最適な不動産会社を選ぶことも可能。

ですが、本来は信頼できる1社に査定をお願いするのが理想。

なぜなら、査定する会社が多ければ多いほど、「査定金額」は高くすることが可能だが、査定金額と売却金額は同じではない。

大切なのは実際に成約に結びつくような不動産会社の信頼度。

信頼できる不動産会社を選ぶことができる

査定依頼しただけで不動産会社と契約にるわけではないため、気軽に利用することができます。

実際に物件を訪問して詳細な調査や契約交渉を行う際には、不動仲介手数料無料や高額買取保証などのキャッチコピーだけではなく、実績や評判・口コミなども確認して信頼できる不動産会社を選ぶことが重要。

不動産売却の無料査定のデメリット3選

一方で、不動産売却の無料査定には以下のようなデメリットもあります。

  • 査定価格はあくまでも目安であり、実際の売却価格とは異なることがある
  • 営業電話や訪問営業に悩まされる可能性がある
  • 査定価格に影響されて売却時期や条件を決めてしまうことがある

査定価格はあくまでも目安であり、実際の売却価格とは異なることがある

無料査定では物件の基本情報だけで価格を算出しますが、実際に査定価格と最終的な成約価格とは異なります。

不動産物件を購入したいお客様は少しでも安く物件を購入したいので値引き交渉をします。

特に長く売れ残った場合は査定位価格より大幅に売却価格が安くなる場合があることを認識しておきましょう。

営業電話や訪問営業に悩まされる可能性がある

不動産会社に査定依頼をすると、連絡先や物件情報などの個人情報を提供することになります。

そのため、査定後も売却の勧誘やアフターフォローなどの名目で営業電話や訪問営業がかかってくる可能性があります。

特に一括査定サービスを利用した場合は、複数の不動産会社から連絡が来ることもあります 。

査定価格に影響されて売却時期や条件を決めてしまうことがある

無料査定では物件の現在価値だけでなく、将来価値や市場動向なども考慮して査定価格を提示します。

しかし、査定価格は予測であり、市場の状況やタイミングによって実際の成約価格は大きく変わります。

そのため、査定価格だけに惑わされず、自分の売却目的や状況に合わせて売却時期や条件を決めることが大切です 。

無料査定を利用する際の注意点

無料査定を利用する際に知っておくべき注意点は3つ

  • 査定基準や方法を確認する
  • 査定結果を鵜呑みにしない
  • 交渉をする余地を残す

それぞれ、解説していきます。

査定基準や方法を確認する

無料査定は、不動産会社が自社独自の基準や方法で行います。

そのため、同じ物件でも会社によって査定額にばらつきが生じることがあります 。

また、査定方法によっても精度や信頼性が異なります 。

不動産会社によって査定の精度や信頼性が異なる場合の対処法は3つ

  • 査定依頼時に、どんな基準や方法で査定するかを確認。
  • 基本的には現地調査よりもネット上で行う机上調査の方が精度が低いことを理解する。
  • 大手不動産会社の査定は信頼性が高い。

査定依頼時には、不動産会社にどんな基準や方法で査定するかを聞いておくことが大切です。例えば、参考にする売却事例の数や期間、物件の状態や改修履歴の評価方法などです。

査定方法は大きく分けて2種類あります。

一つは不動産会社の担当者が物件を実際に見て行う現地査定、もう一つはインターネットや電話で物件情報を入力して行う簡易査定です。

現地調査は物件の内外装や周辺環境などを直接確認できるため、より正確な査定額を得られます。

一方、簡易査定は物件情報が限られているため、あくまで目安と考えるべきです。

不動産会社の中でも大手の会社は、全国規模で多くの売買実績やデータベースを持っています。また、専門的な知識や技術も高い水準で保持しています。

そのため、大手不動産会社の無料査定は信頼性が高く安心して利用できます。

査定結果を鵜呑みにしない

無料査定を利用する際に、査定結果を鵜呑みにしないことが大切です。

不動産会社の査定や不動産一括査定サイトは、原則無料で利用できますが、その査定額が必ずしも正確なものとは限りません。

また、査定額には「仲介手数料」などの経費も含んだ金額を提示される場合があります。

このような場合、実際に手元に残る金額は減ってしまいます。

交渉をする余地を残す

査定額に納得いかない場合は、交渉することも可能です。

交渉する場合は、まずは自分が納得できる価格を決めておくことが大切です。

その上で、不動産会社に対して自分が提示した価格について交渉することができます。

ただし、あまりにも常識外な値下げ希望は仲介会社のほうで調整されることもあります 。

不動産売却で失敗しないために必要なこと

どうやって購入希望者との交渉をスムーズに進めるのでしょうか?

結論、不動産会社にすべて任せましょ

不動産会社はプロですから、価格交渉や条件提示などを適切に行ってくれます。

次に、自分の意思や要望を不動産会社に伝えましょう。

不動産会社はあなたの代理人ですから、あなたの利益を守ってくれます。

最後に、万が一、購入希望者から直接連絡が来た場合は、必ず不動産会社に報告しましょう。

不動産会社がトラブルがないように対応してくれます。

終わりに

不動産売却において、無料査定のメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  1. 無料で査定を受けることができるため、複数の不動産会社から査定を受けることができる。
  2. 査定額が高くなれば、売却益も増える可能性がある。
  3. 信頼できる不動産会社を選ぶことができる。

【デメリット】

  1. 無料査定ではあくまでも目安であり、実際に売却する際の価格と異なる場合がある。
  2. 営業目的での電話や訪問があることが挙げられる。
  3. 査定価格に影響されて売却時期や条件を決めてしまうことがある。

以上が無料査定の3つのメリットとデメリットでした。

無料査定は、自分の物件の価値を知るために重要なステップです。

しかし、無料査定だけを鵜呑みにせずに、信頼できる不動産会社を選ぶ心構えを大切にしましょう。

不動産売却で迷ったら『三井のリハウス』!無料査定で安心スタート

「不動産を売りたいけど、どの不動産会社を選べばいいかわからない・・・?」

お悩みの方にオススメしたいのが、「三井のリハウス」です。

無料で査定を行ってくれるので、まずは自分の不動産の価値を知ることができます。

また、査定の手順や方法についても簡潔に説明してくれるので、不動産売却に関する不安や疑問も解消できます。

さらに、売り時を逃さないためにも早めの査定がおすすめです。

売却に関するプロセスもスムーズで、豊富な経験と知識を持ったプロのスタッフが迅速かつ丁寧にサポートしてくれます。

不動産売却で安心したい方は、不動産業界の最大手「三井のリハウス」のサイトをぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました