ワンルームマンション投資は儲からないのか?実際に体験した人の口コミや感想を徹底調査!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資というと、一棟マンションや一戸建てなどの大きな物件を購入して家賃収入を得るイメージがありますが、実はワンルームマンションという小さな物件でも不動産投資ができるのをご存知でしょうか?

ワンルームマンション投資とは、ワンルームマンションを購入して賃貸に出すことで、毎月の家賃収入や将来の売却益を得る投資方法です。

初期費用が比較的安く、駅近や都心部などの需要の高いエリアに物件が多いことから、不動産投資初心者にも人気があります。

しかし、ワンルームマンション投資にはメリットだけではなく、デメリットやリスクもあります。

例えば、空室率が高くなったり、家賃が下落したり、物件価値が減少したりする可能性があります。

また、不動産会社や管理会社によっては、適切なサポートやアドバイスを受けられない場合もあります。

そこで、この記事では、ワンルームマンション投資が本当に儲からないのか、実際に体験した人の口コミや感想を徹底調査してみました。

成功した人と失敗した人の違いは何なのか、どんなポイントに注意すべきなのか、参考にしてみてください。

角刈り
角刈り

儲かるんだけど、物件選び失敗したら儲からないよが結論。駅近、需要有りを目利きしないといけないけど、銀行融資を使ってレバレッジを効かせられるのが他の投資にないメリット。で、会社選びが重要だからとにかく資料請求で各社の特徴を理解するのが重要

ワンルームマンション投資が儲からないと言われる理由とは?

ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でも初心者に人気のある方法です。

しかし、ワンルームマンション投資にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

実際にワンルームマンション投資をした人の口コミや感想を見てみると、成功した人もいれば失敗した人もいます。

では、ワンルームマンション投資が儲からないと言われる理由とは何なのでしょうか?

以下の5つの理由を紹介します。

  • 利回りが低い
  • 短期的なリターンが見込めない
  • 長期的な節税効果が少ない
  • 物件価値が下がりやすい
  • 負担費用が増える可能性がある

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

利回りが低い

利回りとは、不動産投資で得られる収益を物件価格で割ったものです。

利回りが高ければ高いほど、収益性が高いと言えます。

しかし、ワンルームマンション投資の利回りは、一般的には3~5%程度と言われています。

これは、他の不動産投資や株式投資などに比べて低い水準です。

利回りが低いということは、収益性が高くないということです。

ワンルームマンション投資で大きな利益を得るには、物件価格や家賃の上昇を見込む必要がありますが、これは不確実な要素です。

短期的なリターンが見込めない

ワンルームマンション投資は、長期的な資産形成を目的とした投資方法です。

短期的に売却することは難しく、また売却時には物件価格の下落や譲渡所得税の負担があります。

したがって、ワンルームマンション投資で短期的なリターンを得ることは期待できません。

長期的な節税効果が少ない

ワンルームマンション投資では、減価償却費やローン利息などの経費を差し引くことで、所得税や住民税の負担を軽減することができます。

しかし、ワンルームマンションの場合、物件価格や専有面積が小さいため、減価償却費やローン利息も少なくなります。

その結果、節税効果も小さくなります。

また、ワンルームマンション投資では固定資産税や都市計画税も支払う必要があります。

物件価値が下がりやすい

ワンルームマンションは、築年数の経過や設備の老朽化によって物件価値が下落しやすい傾向にあります。

特に新築物件の場合、購入後数年で物件価格は大きく下落し、1~2割程度下がることも珍しくありません。

負担費用が増える可能性がある

ワンルームマンション投資では、家賃収入だけでなく、管理費や修繕積立金、ローン返済利息、各種税金などの支出も発生します。

これらの支出は物件や運用状況によって変動する可能性があります。

例えば、空室率が高くなったり、家賃が下落したりすると収入が減少します。

また、修繕費用やリフォーム費用がかかったり、金利が変動したりすると支出が増加します。

これらの収支バランスの変化によって、負担費用が増えるリスクがあります。

ワンルームマンション投資で成功するために必要なこととは?

ワンルームマンション投資は、少ない資金で始められる不動産投資の一つですが、それだけに競争も激しく、成功するためには簡単ではありません。

ワンルームマンション投資で成功するためには、以下の3つのことが必要です。

  • 不動産投資に関する知識を身につける
  • 需要の高い物件を選ぶ
  • 信頼できる不動産会社や管理会社と提携する

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

不動産投資に関する知識を身につける

不動産投資は、単に物件を買って家賃収入を得るだけではありません。

物件の価格や利回り、ローンや税金、法律や契約など、様々な要素が関わってきます。

不動産投資に関する知識がないと、損失を出したりトラブルに巻き込まれたりするリスクが高まります。

そこで、不動産投資に関する基礎知識を身につけることが重要です。

インターネットや書籍などで情報収集をするだけでなく、セミナーや勉強会などに参加して専門家や先輩投資家から学ぶこともおすすめです。

需要の高い物件を選ぶ

不動産投資の成否は、物件選びにかかっています。

物件選びは、自分の目的や予算に合わせて行う必要がありますが、一般的には需要の高い物件を選ぶことが望ましいです。

需要の高い物件とは、立地や設備、間取りなどが入居者のニーズに合致している物件です。

需要の高い物件は空室率が低く、家賃収入が安定しやすいです。

また、将来的に売却する場合も価値が下がりにくく、売りやすいです。

信頼できる不動産会社や管理会社と提携する

不動産投資は、自分だけで行うことは難しいです。

物件の仲介や管理は、信頼できる不動産会社や管理会社に任せることが多いです。

しかし、不動産会社や管理会社はそれぞれ特徴や得意分野が異なります。

また、中には悪徳業者も存在します。そこで、自分の目的や条件に合った不動産会社や管理会社を選ぶことが大切です。

不動産会社や管理会社を選ぶときは、知名度や集客力、エリアの熟知度、物件の紹介力、対応の速さ、担当者との相性などをチェックしましょう。

ワンルームマンション投資で儲かった人の口コミや感想

ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でも初心者に人気のある方法です。

しかし、ワンルームマンション投資にはメリットだけでなく、デメリットやリスクもあります。

実際にワンルームマンション投資をした人の口コミや感想を見てみると、成功した人もいれば失敗した人もいます。

では、ワンルームマンション投資で儲かった人はどのようなことをしたのでしょうか?

以下の2つの事例を紹介します。

  • Aさん:初期費用が安く、安定した家賃収入で資産形成
  • Bさん:築年数の古い物件をリノベーションして利回りアップ

それぞれの事例について詳しく見ていきましょう。

Aさん:初期費用が安く、安定した家賃収入で資産形成

Aさんは、30代前半の会社員です。

不動産投資に興味があったものの、自己資金が少なく、一棟物件や戸建て物件などは手が届きませんでした。

そこで、ワンルームマンション投資を選択しました。

Aさんは、以下のようなポイントに注意して物件を探しました。

  • 都心部や駅近など需要の高いエリア
  • 中古物件で価格が安いもの
  • 管理費や修繕積立金などランニングコストが低いもの
  • 空室率が低く家賃収入が安定しているもの

Aさんは、東京都内の中古ワンルームマンションを2,000万円以下で2部屋購入しました。

物件は最寄り駅から徒歩10分以内にあり、近隣に大学や企業が多くありました。

家賃は月額6万円程度で、利回りは4%以上。

Aさんは、不動産投資ローンを利用して月々10万円程度の返済を行っています。

家賃収入からローン返済や管理費などを差し引いても、毎月2万円程度のキャッシュフローが発生しています。

Aさんは、このキャッシュフローを再投資や貯蓄に充てています。

Aさん
Aさん

「ワンルームマンション投資は初期費用が安くて始めやすいし、需要が高いエリアなら空室リスクも低くて安心です。毎月安定した家賃収入が入ってくるので、将来的に老後資金や子供の教育費にもなります。不動産投資を始めてよかったと思っています」

Bさん:築年数の古い物件をリノベーションして利回りアップ

Bさんは、40代後半の自営業者です。

不動産投資に興味があったものの、新築物件や築浅物件は価格が高くて手が出せませんでした。

そこで、築年数が古くて価格が安い中古物件を購入してリノベーションするという方法を選びました。

Bさんは、以下のようなポイントに注意して物件を探しました。

  • 都心部や駅近など需要の高いエリア
  • 築年数が20年以上で価格が安いもの
  • 構造や設備がしっかりしているもの
  • リノベーションで家賃を上げられる余地があるもの

Bさんは、大阪市内の築30年の中古ワンルームマンションを1,000万円以下で3部屋購入しました。

物件は最寄り駅から徒歩5分以内にあり、近隣に大学や病院がありました。

家賃は月額4万円程度で、利回りは4%程度でした。

Bさんは、各物件に300万円程度のリノベーション費用をかけて、内装や設備を一新しました。

リノベーション後の家賃は月額6万円程度に上がり、利回りは8%以上になりました。

Bさんは、不動産投資ローンを利用して月々10万円程度の返済を行っています。

家賃収入からローン返済や管理費などを差し引いても、毎月5万円程度のキャッシュフローが発生しています。

Bさんは、このキャッシュフローを再投資や貯蓄に充てています。

Bさん
Bさん

「築年数の古い物件は価格が安くて買いやすいし、リノベーションで家賃を上げられるので利回りが高くなります。リノベーションすることで物件価値も上がるし、入居者も満足してくれます。不動産投資を始めてよかったと思っています」

ワンルームマンション投資で失敗した人の口コミや感想

ワンルームマンション投資は、不動産投資の中でも初心者に人気のある方法です。

しかし、ワンルームマンション投資にはメリットだけでなく、デメリットやリスクもあります。

実際にワンルームマンション投資をした人の口コミや感想を見てみると、成功した人もいれば失敗した人もいます。

では、ワンルームマンション投資で失敗した人はどのようなことがあったのでしょうか?

以下の2つの事例を紹介します。

  • Cさん:空室率が高く、ローン返済に苦しむ
  • Dさん:新築物件の価格が下落し、売却で損失を出す

それぞれの事例について詳しく見ていきましょう。

Cさん:空室率が高く、ローン返済に苦しむ

Cさんは、50代前半の会社員です。不動産投資に興味があったものの、自己資金が少なく、一棟物件や戸建て物件などは手が届きませんでした。

そこで、ワンルームマンション投資を選択しました。

Cさんは、以下のようなポイントに注意して物件を探しました。

  • 都心部や駅近など需要の高いエリア
  • 新築物件や築浅物件で価格が高いもの
  • 管理費や修繕積立金などランニングコストが高いもの
  • 空室率が高く家賃収入が不安定なもの

Cさんは、東京都内の新築ワンルームマンションを3,000万円以上で4部屋購入しました。

物件は最寄り駅から徒歩15分以上離れており、近隣に大学や企業が少なくありませんでした。

家賃は月額8万円程度で、利回りは4%以下でした。

Cさんは、不動産投資ローンを利用して月々30万円程度の返済を行っています。

しかし、家賃収入は期待通りに入ってきませんでした。

物件の立地や設備が入居者のニーズに合わなかったため、空室率が高くなりました。

また、競合物件が多くて家賃相場が下落しました。

その結果、家賃収入からローン返済や管理費などを差し引くと赤字になりました。

Cさんは、毎月自己資金を補填することになりました。

Cさん
Cさん

「ワンルームマンション投資は初期費用が高くて始めにくいし、需要が低いエリアなら空室リスクも高くて不安です。毎月赤字になってローン返済に苦しんでいます。不動産投資を始めて後悔しています」

Dさん:新築物件の価格が下落し、売却で損失を出す

Dさんは、40代前半の会社員です。

不動産投資に興味があったものの、自己資金が少なく、一棟物件や戸建て物件などは手が届きませんでした。

そこで、ワンルームマンション投資を選択しました。Dさんは、以下のようなポイントに注意して物件を探しました。

  • 都心部や駅近など需要の高いエリア
  • 新築物件や築浅物件で価格が高いもの
  • 管理費や修繕積立金などランニングコストが高いもの
  • 空室率が低く家賃収入が安定しているもの

Dさんは、大阪市内の新築ワンルームマンションを3,000万円以上で3部屋購入しました。

物件は最寄り駅から徒歩5分以内にあり、近隣に大学や病院がありました。

家賃は月額10万円程度で、利回りは4%程度でした。

Dさんは、不動産投資ローンを利用して月々25万円程度の返済を行っています。

家賃収入からローン返済や管理費などを差し引いても、毎月5万円程度のキャッシュフローが発生しています。

Dさんは、このキャッシュフローを再投資や貯蓄に充てています。

しかし、Dさんは、不動産市況の変化に気づきませんでした。

新築物件の供給が過剰になり、物件価格が下落しました。

また、コロナ禍の影響で入居者の需要が減少しました。

その結果、Dさんが購入した物件の価値は下落。

Dさんは、ローン残高よりも物件価値が低くなることを恐れて、売却を決断しました。

しかし、売却時には譲渡所得税や仲介手数料などの費用がかかり、売却で1,000万円以上の損失を出しました。

Dさん
Dさん

「ワンルームマンション投資は初期費用がサラリーマンが取り組みやすい投資であることは間違いありませんが、新築物件なら価格が下落するリスクも高く、売却するときには税金や手数料で支出が出ます。不動産投資を始めて後悔しています」

ワンルームマンション投資は儲からないというのは本当か?

ワンルームマンション投資は儲からないというのは本当なのでしょうか?

ここでは、その内容をまとめておさらいしましょう。

ワンルームマンション投資のメリット・魅力

ワンルームマンション投資には、具体的に次の7つのメリット・魅力があります。

  • 初期投資を抑えられる
  • 需要が高いエリアでは安定した収入を得やすい
  • 物件の管理が比較的容易
  • 分散投資しやすい
  • 相続時のトラブルを防げる
  • 年金対策になる
  • 生命保険代わりになる

ワンルームマンション投資のデメリット・注意点

ワンルームマンション投資には、具体的に次の6つのデメリット・注意点があります。

  • 空室時には収入がゼロとなる
  • 資産価値が下落することがある
  • 金利が変動するリスクがある
  • 家賃保証が十分でないケースがある
  • 一棟や戸建てなどに比べ節税効果が小さい
  • 出口戦略が限られている

ワンルームマンション投資に失敗するパターン

ワンルームマンション投資に失敗するパターンは、主に次の5つです。

  • 節税効果を目的に始める
  • 利回りだけで物件を選ぶ
  • 高額な新築物件に投資する
  • サブリースに頼りすぎている
  • 物件の既存リスクを発見できなかった

ワンルームマンション投資を成功させるためのポイント

ワンルームマンション投資を成功させるためのポイントは、主に次の3つです。

  • 中古ワンルームマンションへの投資から始める
  • ワンルームマンション投資に強い投資会社を選ぶ
  • 事前にシミュレーションを行い綿密な計画を立てる

ワンルームマンション投資が向いている方・向いていない方

ワンルームマンション投資が向いている方は、次のような方です。

  • 不動産投資に興味があるが、自己資金が少ない方
  • 長期的に安定した収入を得たい方
  • 複数の物件を分散して運用したい方
  • 自分で物件の管理や運用を行うのが苦手な方
  • 相続時のトラブルを防ぎたい方

ワンルームマンション投資が向いていない方は、次のような方です。

  • 短期的に大きな利益を得たい方
  • 物件の価値や家賃相場の変動に敏感な方
  • 空室や滞納に対して耐性がない方
  • 節税効果を重視する方
  • 出口戦略にこだわる方

ワンルームマンション投資の始め方

ワンルームマンション投資の始め方は、次の6つのステップで進めます。

ワンルームマンション投資の始め方

まとめ

ワンルームマンション投資は、初期費用が安く、需要が高いエリアでは安定した収入を得やすいというメリットがあります。

しかし、空室や価格下落などのリスクもあります。

ワンルームマンション投資は儲からないというのは一概には言えませんが、成功するためには物件選びや計画立案などの準備が重要です。

ワンルームマンション投資という情報戦で勝ちたい方は、無料一括資料請求を利用してみてください。

無料一括資料請求を利用することで、以下のメリットがあります。

  • 時間や手間をかけずに、様々な物件情報や運用プランを比較検討できる
  • 自分の目的や予算に合った物件や会社を見つけやすい
  • 資料請求後には専門のアドバイザーからの無料相談も受けられる
  • 物件の見学や契約の手続きもスムーズに進められる

無料一括資料請求は、簡単な入力フォームに必要事項を記入するだけで完了します。

もちろん、個人情報の取り扱いは厳重に行われますし、資料請求後のしつこい営業もありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました