ワンルームマンション経営は土地が残らないからダメ?その常識はもう古い!今こそ始めるべき理由

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資と聞くと、多くの人は高額な資金が必要だと思って敬遠してしまうかもしれません。

しかし、ワンルームマンション経営なら、自己資金が少なくても始められる上に、節税効果や将来的な資産形成にもつながります。

ワンルームマンション経営のメリットは多く、土地が残らないというデメリットも実はそんなに気にする必要はありません。

この記事では、ワンルームマンション経営のメリットとデメリットを詳しく解説し、失敗しないためのポイントや不動産投資会社の選び方もご紹介します。

ワンルームマンション経営は、土地が残らなくてもメリットが多い投資方法です。

今こそ始めるべき理由を知って、あなたも不動産投資に挑戦してみませんか?

ワンルームマンション経営は土地が残らないからダメ?その常識はもう古い!今こそ始めるべき理由

不動産投資というと、高額な資金が必要だと思われがちですが、実はワンルームマンション経営なら、自己資金が少なくても始められるのです。

ワンルームマンション経営は、単身者向けの小さな部屋を購入して賃貸に出すことで、家賃収入や節税効果を得ることができます。

また、将来的には売却益も期待できます。

しかし、ワンルームマンション経営にはデメリットもあります。

その一つが、土地が残らないということです。

ワンルームマンションは、建物の一部屋を所有するだけで、土地の権利は持ちません。

そのため、建物の価値が下がってしまうと、売却時に損をする可能性があります。

では、ワンルームマンション経営は土地が残らないからダメなのでしょうか?

実はそんなことはありません。

ワンルームマンション経営には、土地が残らなくてもメリットが多いのです。

その理由を以下に説明します。

ワンルームマンション経営は流動性が高い

ワンルームマンションは価格が安いため、売却時に買い手を見つけやすいという特徴があります。

これは流動性が高いということで、不動産投資において重要な要素です。

流動性が高ければ、市場の変化に応じて柔軟に売却することができます。

また、売却時にかかる税金や手数料も少なく済みます。

ワンルームマンション経営は空室リスクを低減できる

ワンルームマンションは単身者向けの部屋であるため、入居者の需要が高く安定しています。

特に都市部では、学生や社会人の需要が多く見込まれます。

また、入居者の入れ替わりも多いため、家賃の見直しもしやすくなります。

空室リスクを低減することで、安定した家賃収入を得ることができます。

ワンルームマンション経営はランニングコストを抑えられる

ワンルームマンションは面積が小さく設備も少ないため、修繕費や原状回復費などのランニングコストを抑えられます。

また、管理費や修繕積立金などの共益費用も他のオーナーと分担することができます。

ランニングコストを抑えることで、利益率を高めることができます。

以上のように、ワンルームマンション経営は土地が残らなくてもメリットが多い投資方法です。

しかし、成功するためには物件選びや運用方法に注意する必要があります。

以下の表にワンルームマンション経営のメリットとデメリットをまとめました。

メリットデメリット
自己資金が少なくても始められる投資金額が小さいため、リターンも小さい
流動性が高い土地を資産にすることができない
空室リスクを低減できる空室が出た場合収入がゼロになる
ランニングコストを抑えられる資産価格下落のリスクがある
節税効果がある金利上昇のリスクがある

ワンルームマンション経営は、土地が残らないからダメという常識はもう古いといえます。

ワンルームマンション経営は自己資金が少なくても始められる

不動産投資に興味があるけど、高額な資金が必要だと思って諦めていませんか?

ワンルームマンション経営の最大のメリットが、自己資金が少なくても始められるという点。

こんな投資ないよ。

全部融資でレバレッジ効かせて対応できるんだもん。

しかも、家賃収入で支払いを進めていけるなんて素敵でしょ。

具体的に、どうして自己資金が少なくても始められるかいかにまとめていきます。

ワンルームマンションは価格が安い

ワンルームマンションは、一般的にファミリータイプのマンションや一棟物件に比べて価格が安いです。

例えば、東京都内の新築ワンルームマンションの平均価格は約3,000万円ですが、ファミリータイプのマンションの平均価格は約6,000万円です。

一棟物件の場合はさらに高額になります。

このように、ワンルームマンションは他の物件に比べて購入費用を抑えやすいという特徴があります。

ローンの借り入れがしやすい

ワンルームマンションは価格が安いため、ローンの借り入れもしやすくなります。

金融機関から借り入れる際には、物件価格や個人の属性(年齢・収入・勤続年数・信用情報など)によって審査されます。

物件価格が高いほど、審査基準も厳しくなります。

しかし、ワンルームマンションは物件価格が低いため、審査基準も緩やかになります。

また、属性が高いと判断されれば、自己資金をほとんど用意しなくてもフルローンで借り入れることも可能です。

家賃収入でローン返済ができる

ワンルームマンションはローン返済にかかる負担も少なくなります。

ローン返済額は物件価格や金利によって変わりますが、ワンルームマンションは物件価格が安いため、ローン返済額も低く抑えられます。

また、ワンルームマンションは単身者向けの部屋であるため、家賃収入も安定して得られやすいです。

家賃収入をローン返済に充当することで、自己資金からの支払いを減らすことができます。

ワンルームマンション経営のデメリットは収支マイナスがありえること

ワンルームマンション経営は、少ない自己資金で始められるというメリットがありますが、その反面、収支がマイナスになる可能性も高いというデメリットがあります。

ワンルームマンション経営のデメリットを以下の2つの観点から解説します。

  • 空室リスク
  • 資産価値の低下

空室リスク

ワンルームマンション経営の最大のデメリットは、空室リスクです。

空室リスクとは、入居者がいない期間に家賃収入がゼロになることを指します。

ワンルームマンションは、単身者や学生などの入居者が多く、入居期間が短い傾向にあります。

また、人口減少や一極集中により、地方のワンルームマンションの需要は低下しています。

空室リスクを回避するためには、物件の立地や設備、家賃設定などを入念に検討する必要があります。

しかし、どんな物件でも空室になる可能性はゼロではありません。

空室になった場合、家賃収入だけでなく、管理費やローン返済などの固定費用も発生します。

そのため、収支がマイナスになり、自己資金から補填する必要があります。

空室リスクを抑えるためには、以下のような対策が有効です。

  • 需要の高いエリアや駅近などの立地を選ぶ
  • 設備や内装を清潔で快適に保つ
  • 家賃設定を適正にする
  • 入居者募集や管理を専門業者に委託する
  • 家賃保証サービスやサブリース契約を利用する

資産価値の低下

ワンルームマンション経営のもう一つのデメリットは、資産価値の低下です。

資産価値とは、物件を売却した際に得られる価格のことです。

ワンルームマンションは、建物の価値が土地の価値よりも大きい割合で構成されています。

しかし、建物は経年劣化や供給過剰により価値が下落しやすいです。

そのため、ワンルームマンションは購入時よりも売却時に価格が下がる可能性が高いです。

資産価値の低下を防ぐためには、以下のような対策が有効です。

  • 需要の高いエリアや駅近などの立地を選ぶ
  • 新築や築浅の物件を選ぶ
  • 大規模修繕や耐震補強などの建物維持管理を行う
  • 売却時期や方法を慎重に検討する

どの不動産投資会社を選ぶかで全てが決まる

不動産投資を始めるにあたって、最も重要なのが不動産投資会社の選び。

不動産投資会社とは、不動産物件の仕入れや販売、管理や運用などを行う会社のことで、不動産投資家のパートナーとなります。

不動産投資会社によっては、以下のようなサービスを提供してくれます。

  • 投資物件の紹介や提案
  • 融資の手配やサポート
  • 物件管理や入居者募集の代行
  • 家賃保証や空室補償などのリスク対策
  • アフターフォローや相談窓口

不動産投資会社は、不動産投資の成功に大きく影響するため、慎重に選ぶ必要があります。

不動産投資会社を選ぶ際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 物件力があるかどうか
  • 営業担当が顧客目線で提案してくれるかどうか
  • リスクの説明と対策が適切かどうか
  • 管理体制やアフターフォローが充実しているかどうか
  • 業界経験や実績が豊富かどうか
  • 金融機関との提携が多いかどうか

間違いない不動産投資会社はJPリターンズ

上記のポイントをチェックすることで、自分に合った不動産投資会社を見つけることができます。

しかし、多くの不動産投資会社が存在する中で、一体どこを選べばいいのでしょうか?

そこでおすすめしたいのが【JPリターンズ】です。

JPリターンズは、以下のような特徴を持つ不動産投資会社です。

  • 厳選した高収益物件を提供
  • 諸費用込みのローンを活用可能で自己資金10万円から投資可能
  • 家賃保証や空室補償などのリスク対策が万全
  • 管理費や修繕費などの経費が安い
  • 投資家一人ひとりに専任担当者を付けて丁寧にサポート

JPリターンズは、初心者からベテランまで幅広い層の不動産投資家に支持されており、口コミ評価も高い 不動産投資会社です。

JPリターンズでは、無料で個別相談 を受け付けており、自分に最適な投資プランを提案してくれます。

不動産投資なら【JPリターンズ】が最適。

まとめ

ワンルームマンション経営のメリットとデメリットをまとめると、以下のようになります。

メリットデメリット
初期投資が少ない空室リスクが高い
家賃収入が安定的資産価値が低下しやすい
税制優遇が受けられる

ワンルームマンション経営は、土地が残らないというデメリットがありますが、それを補って余りあるメリットがあります。

ワンルームマンション経営は、

  • 少ない自己資金で始められる
  • 家賃収入が安定的である
  • 税制優遇が受けられる

など、不動産投資の中でも魅力的な投資方法です。

しかし、ワンルームマンション経営には、

  • 空室リスクや資産価値の低下
  • 税金や管理費の負担

など、注意すべきデメリットもあります。

そのため、物件選びや運営方法には十分な注意が必要です。

ワンルームマンション経営を成功させるためには、不動産投資会社の選びが最重要

不動産投資会社は、不動産投資家のパートナーとなり、

  • 物件の紹介や提案
  • 融資の手配やサポート
  • 物件管理や入居者募集の代行
  • 家賃保証や空室補償などのリスク対策
  • アフターフォローや相談窓口

などのサービスを提供してくれます。

不動産投資会社を選ぶ際には、

  • 物件力や営業担当の対応
  • リスクの説明と対策
  • 管理体制やアフターフォロー
  • 業界経験や実績
  • 金融機関との提携

などのポイントに注意しましょう。

数十社を超える不動産投資会社と面談しましたが最もオススメできる会社は【JPリターンズ】

JPリターンズは、厳選した高収益物件を提供し、自己資金10万円から投資可能です。

また、家賃保証や空室補償などのリスク対策を万全にし、管理費や修繕費などの経費を抑える工夫を施します。

さらに、投資家一人ひとりに専任担当者を付けて丁寧にサポートし、初心者向けから上級者向けまで幅広いセミナーを開催します。

JPリターンズは、初心者からベテランまで幅広い層の不動産投資家に支持されており、口コミ評価も高い不動産投資会社です。

JPリターンズでは、無料で個別相談を受け付けており、自分に最適な投資プランを提案してくれます。

ワンルームマンション経営は、土地が残らなくてもメリットが多い投資方法です。

メリットとデメリットを理解した上で、自分に合った物件や不動産投資会社を選ぶことが重要。

ワンルームマンション経営に挑戦して、不動産投資のによる資産増加の威力を体感ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました