JPリターンズの不動産投資は自己資金10万円から可能!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資は、株やFXなどと比べて安定した収入が得られるというメリットがありますが、一方で高額な初期投資や管理費用、空室リスクなどもあります。

そんな中、自己資金10万円から不動産投資ができるというサービスを提供しているのがJPリターンズ。

少額から投資できることや人気エリアの物件にアクセスできることなど、魅力的な点が多くありますが、一方で物件の下見ができないことや営業電話が多いことなど、デメリットも存在します。

そこでこの記事では、JPリターンズの不動産投資について詳しく解説します。

実際に利用した人の口コミや評判も紹介しますので、参考にしてください。

この記事の結論は、以下のようになります。

  • JPリターンズは自己資金10万円から不動産投資ができるという魅力的なサービスを提供しているが、それに伴うリスクやデメリットもある
  • JPリターンズで不動産投資をするかどうかは自分の目的や予算、担当者との相性などによって決めるべきである
  • JPリターンズで不動産投資をする場合は、事前に十分な情報収集や比較検討を行い、自分にとって最適な物件を選ぶことが重要である

JPリターンズのメリットとデメリットを比較

JPリターンズのメリットとデメリットを比較すると、以下のようになります。

メリット4選

  1. 少額から投資できる
  2. 高利回り物件が多い
  3. 入居率が高い
  4. 補償制度が充実している

少額から投資できる

JPリターンズは区分マンション専門の不動産投資会社で、自己資金10万円から購入できる低価格高利回り物件を多数取り扱っています。

一般的な一棟マンションに比べて初期投資の負担が少なく、気軽に不動産投資を始められます。

高利回り物件が多い

JPリターンズは都心部の中古マンションを仕入れてリノベーションし、高利回りで販売しています。

人気エリアの物件にアクセスできることや、家賃相場や地価の上昇が見込めることなど、収益性が高いと言えます。

入居率が高い

JPリターンズは立地条件にこだわって物件を選んでおり、最寄り駅から徒歩10分以内の物件割合が100%です。

また、入居者募集や管理業務も徹底して行っており、入居率の実績は99.6%、家賃遅延率は0%という驚異的な数字を誇っています。

空室や家賃下落のリスクが少なく、安定した収入が期待できます。

補償制度が充実している

JPリターンズでは、投資物件に合わせて3つの管理プランを用意しており、それぞれに様々な保証やサービスが付いています。

例えば、「安心5つ星パック」では35年間の家賃保証や10年間の家賃固定などがあります。

また、「家賃保証システム」では空室時も家賃が保証されます。

さらに、「賃貸管理代行システム」では入居者対応や退去手続きなどを代行してもらえます。

これらの補償制度によって、不動産投資のリスクや手間を軽減できます。

デメリット3選

  1. 物件の下見ができない
  2. 営業電話が多い
  3. 担当者の対応が不安定

物件の下見ができない

JPリターンズは都心部の中古マンションを仕入れて販売しているため、物件の下見ができません。

物件の状態や周辺環境を確認することができないため、思わぬトラブルや不満が発生する可能性があります。

営業電話が多い

JPリターンズは無料相談やセミナーに参加する際に電話番号を登録する必要があります。

その後、営業担当者から頻繁に電話がかかってくることがあります。特に契約前や契約後はしつこく勧誘されることもあるようです。

営業電話が嫌な人にとってはストレスになるかもしれません。

担当者の対応が不安定

JPリターンズは担当者によって対応が大きく変わるという口コミがあります。

中には親切で丁寧な担当者もいるようですが、逆に無愛想で不親切な担当者もいるようです。

また、契約後に連絡が取れなくなったり、約束を守らなかったりすることもあるようです。

担当者との相性や信頼関係が不動産投資の成功に大きく影響するので、注意が必要です。

JPリターンズは少額から高利回りの物件に投資できるという魅力的なサービスを提供していますが、それに伴うリスクやデメリットもあります。JPリターンズで不動産投資をするかどうかは自分の目的や予算、担当者との相性などによって決めるべきでしょう。また、JPリターンズで不動産投資をする場合は、事前に十分な情報収集や比較検討を行い、自分にとって最適な物件を選ぶことが重要です。

JPリターンズで不動産投資を始める方法と注意点

まず、不動産投資を始める方法ですが、JPリターンズでは以下のステップを踏むことになります。

JPリターンズで不動産投資を始める流れ
  • ステップ1
    セミナーに参加する(必須ではない)

    JPリターンズでは、不動産投資の基礎知識や成功事例などを紹介する無料セミナーを定期的に開催しています。セミナーに参加することで、不動産投資のメリットやリスク、物件選びのポイントなどを学ぶことができます。セミナーはオンラインでも受講できるので、気軽に申し込むことができます。

  • ステップ2
    個別相談を受ける

    セミナーに参加した後、もしくはセミナーに参加せずに直接申し込んだ場合、JPリターンズの担当者から個別相談の案内があります。個別相談では、自分の投資目的や予算、希望条件などを伝えることで、最適な物件の提案や資金計画の作成などを受けることができます。個別相談もオンラインで行うことが可能です。

  • ステップ3
    物件を選ぶ

    個別相談で提案された物件の中から、自分に合った物件を選びます。JPリターンズでは、都心部の中古マンションを仕入れてリノベーションし、高利回りで販売しています。人気エリアの物件にアクセスできることや、家賃相場や地価の上昇が見込めることなど、収益性が高いと言えます。また、入居者募集や管理業務も徹底して行っており、入居率の実績は99.6%、家賃遅延率は0%という驚異的な数字を誇っています。空室や家賃下落のリスクが少なく、安定した収入が期待できます。

  • ステップ4
    契約・融資・決済をする

    物件を選んだら、売買契約書に署名捺印し、頭金を支払います。その後、不動産投資ローンの審査や手続きを行い、残金を支払って決済します。JPリターンズでは、自己資金10万円から購入できる低価格高利回り物件を多数取り扱っており、初期投資の負担が少なく、気軽に不動産投資を始められます。

JPリターンズで不動産投資を始める際の注意点

次に、不動産投資をする際の注意点ですが、以下のような点が挙げられます。

  • 物件の下見ができない:JPリターンズは都心部の中古マンションを仕入れて販売しているため、物件の下見ができません。物件の状態や周辺環境を確認することができないため、思わぬトラブルや不満が発生する可能性があります。そのため、物件の写真や間取り図、資料などをよく見て、担当者に質問するなどして、できるだけ詳しく情報を収集することが大切です。
  • 営業電話が多い:JPリターンズは無料相談やセミナーに参加する際に電話番号を登録する必要があります。その後、営業担当者から頻繁に電話がかかってくることがあります。特に契約前や契約後はしつこく勧誘されることもあるようです。営業電話が嫌な人にとってはストレスになるかもしれません。その場合は、電話を断るか、メールやLINEなどの連絡方法を希望することを伝えましょう。
  • 担当者の対応が不安定:JPリターンズは担当者によって対応が大きく変わるという口コミがあります。中には親切で丁寧な担当者もいるようですが、逆に無愛想で不親切な担当者もいるようです。また、契約後に連絡が取れなくなったり、約束を守らなかったりすることもあるようです。担当者との相性や信頼関係が不動産投資の成功に大きく影響するので、注意が必要です。

JPリターンズの口コミや評判は?

評判重要ね。

ネット情報からの口コミ評判まとめてこ

良い口コミ・評判

  • 担当者の対応が良かった:担当者は不動産投資の知識や市況に詳しく、丁寧にヒアリングや提案をしてくれたという口コミがありました。また、連絡もスムーズで信頼できるという声もありました。
  • 物件が良かった:物件は立地が良く、人気エリアの中古マンションにアクセスできたという口コミがありました。また、リノベーションされており、設備や内装も綺麗だったという声もありました。
  • 収益が安定している:物件の入居率が高く、家賃収入が安定しているという口コミがありました。また、家賃保証や家賃固定などの補償制度によって、空室や家賃下落のリスクを軽減できたという声もありました。

悪い口コミ・評判

  • 担当者の対応が悪かった:担当者は無愛想で不親切だったという口コミがありました。また、契約後に連絡が取れなくなったり、約束を守らなかったりすることもあったという声もありました。
  • 物件が思ったより悪かった:物件の下見ができなかったため、物件の状態や周辺環境が思っていたより悪かったという口コミがありました。また、築年数が古く、修繕費や管理費が高かったという声もありました。
  • 収益が下がった:物件の価格が高く、ローン返済の負担が大きかったという口コミがありました。また、家賃相場や地価が下落したことで収益性が低下したという声もありました。

以上がJPリターンズの口コミや評判の紹介。

JPリターンズは少額から高利回りの物件に投資できるという魅力的なサービスを提供していますが、それに伴うリスクやデメリットもあります。JPリターンズで不動産投資をするかどうかは自分の目的や予算、担当者との相性などによって決めるべきでしょう。また、JPリターンズで不動産投資をする場合は、事前に十分な情報収集や比較検討を行い、自分にとって最適な物件を選ぶことが重要です。

JPリターンズに向いている人と向いていない人

基本向いてるよ。

向いてない人は、不動産投資のメリットを理解できない人ね

JPリターンズに向いている人と向いていない人は以下のようにあえて分類します。

向いている人

  • 少ない自己資金で投資したい人:JPリターンズでは自己資金10万円から不動産投資ができるというサービスを提供しています 。一般的な一棟マンションに比べて初期投資の負担が少なく、気軽に不動産投資を始められます。
  • 都心部の物件に投資したい人:JPリターンズでは都心部の中古マンションを仕入れて販売しています 。人気エリアの物件にアクセスできることや、家賃相場や地価の上昇が見込めることなど、収益性が高いと言えます。
  • 融資の手続きが面倒な人:JPリターンズでは低価格高利回り物件を多数取り扱っており 、融資の審査や手続きがスムーズに行われます。また、補償制度によって家賃保証や家賃固定などがあります 。これらのサービスによって、融資の返済や収益の安定に関する心配を軽減できます。

向いていない人

  • 物件の下見や管理を自分でしたい人:JPリターンズは都心部の中古マンションを仕入れて販売しているため、物件の下見ができません 。物件の状態や周辺環境を確認することができないため、思わぬトラブルや不満が発生する可能性があります。また、入居者募集や管理業務もJPリターンズが行っており 、物件に対するコントロールができません。物件の下見や管理を自分でしたい人にとっては不向きなサービスです。
  • 地方や郊外の物件に投資したい人:JPリターンズは都心部の中古マンションを仕入れて販売しているため、地方や郊外の物件は取り扱っていません 。地方や郊外の物件に投資したい人にとっては選択肢が限られます。
  • 営業電話が嫌な人:JPリターンズは無料相談やセミナーに参加する際に電話番号を登録する必要があります 。その後、営業担当者から頻繁に電話がかかってくることがあります。特に契約前や契約後はしつこく勧誘されることもあるようです。営業電話が嫌な人にとってはストレスになるかもしれません。

JPリターンズで不動産投資をする前に知っておくべきこと

不動産投資は、自分の目的や予算に合った物件を選ぶことが重要です。物件の種類や立地、価格、利回り、リスクなどを考慮して、自分に最適な投資方法を見つけましょう。

不動産投資の基礎知識やリスクを学ぶには、インターネットで検索したり、専門書を読んだりすることができます。

自分の目的や予算に合った物件を選ぶには、複数の不動産会社と比較検討することがおすすめです。

不動産会社の比較方法としては、以下のようなものがあります。

  • 実際に足を運んでみる
  • 複数の不動産会社に問い合わせる

実際に足を運んでみる

実際に足を運んでみるという方法は、不動産会社の雰囲気や対応力を直接確かめることができます。

しかし、時間や手間がかかるというデメリットもあります。

複数の不動産会社に問い合わせる

複数の不動産会社に問い合わせるという方法は、電話やメールで簡単に相談できるというメリットがあります。

しかし、問い合わせ先を探すのが大変だったり、返答が遅かったりするというデメリットもあります。

さいごに

JPリターンズは、自己資金10万円から購入できる低価格高利回り物件を多数取り扱っており、初心者でも気軽に不動産投資を始められます。

また、入居者募集や管理業務も徹底して行っており、入居率の実績は99.6%、家賃遅延率は0%という驚異的な数字を誇っています。

さらに、補償制度も充実しており、家賃保証や家賃固定などがあります。

不動産投資に興味を持たれた方は、JPリターンズの個別面談がオススメ。

個別面談では、自分の投資目的や予算、希望条件などを伝えることで、最適な物件の提案や資金計画の作成などを受けることができますよ。

\今なら無料の面談でお得なギフトももらえるよー/

コメント

タイトルとURLをコピーしました