大阪IR開業に向けて不動産投資を始めるなら今!株式会社グランアネストがおすすめする理由

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

大阪府と大阪市が誘致するカジノを含む統合型リゾート(IR)の開業に向けて、不動産投資を始めるなら今がチャンスだ!

大阪IRとは、国際会議場や展示場、ホテル、カジノなどを一体的に整備する複合施設のことです。

大阪IRには、以下のようなメリットが期待されています。

  • 国内外から多くの観光客やビジネス客を呼び込み、地域経済や雇用を活性化させる
  • 大阪湾岸地域の再開発やインフラ整備につながり、都市機能や景観を向上させる
  • カジノ税収や入場料収入などで財源を確保し、公共サービスや福祉施策に充てる

大阪IR開業に伴って、不動産市場も活性化する可能性が高いです。

その理由は以下の通りです。

  • 大阪IR周辺地域では、ホテルや商業施設、オフィスビルなどの建設需要が高まり、土地価格や賃料が上昇する
  • 大阪IRからアクセスしやすい地域では、住宅需要や宿泊需要が増え、マンションやアパートなどの投資物件の需要が高まる
  • 大阪IRに関連した企業や人材が集まり、大阪全体の人口や経済力が増え、不動産市場に好影響を与える

以上のように、大阪IR開業に向けて、不動産市場は大きな変化を迎えると予想されます。

そのため、不動産投資を始めるなら今がチャンス

なぜなら、今ならまだ大阪IR開業前の価格で物件を購入できるからです。

大阪IR開業後は、物件価格や賃料が上昇する可能性が高いので、今よりも利回りが低くなるかもしれません。

また、今なら株式会社グランアネストが不動産投資をサポートしてくれます。

株式会社グランアネストとは、大阪の投資マンションをメインに扱う不動産会社です。

株式会社グランアネストは、以下のような理由と特徴で、不動産投資をサポートしてくれます。

  • 不動産投資のプロとして、マンション一室から始められる少額の自己資金からでも資産形成ができる方法を提案してくれる
  • 物件の販売・管理・リフォームなどを一括で対応してくれるので、オーナーの手間はほとんどかからない
  • 資産のプランニングや確定申告も顧問税理士が作成してくれるので、税金や法律の面でも安心できる
  • 大阪IRに関連した物件やエリアに精通しており、最新の市場情報や分析を提供してくれる

大阪IRって具体的になんなん?

では、具体的に大阪IRとはどのような施設なのでしょうか?

開業時期や規模、経済効果などについて見ていきましょう。

大阪IRの施設概要とコンセプト、ビジョン

大阪IRは、国際会議場や展示場、ホテル、レストラン、ショッピングモール、エンターテイメント施設、カジノなどで構成される複合施設です。

延べ床面積は約77万平方メートルで、客室数で市内最大級の3つのホテルや約3500席の劇場などがあります。

大阪IRのコンセプトは「結びの水都」です。

大阪・関西を世界とつなぐゲートウェイとして、豊かな水辺空間の魅力を体現します。

大阪IRのビジョンは「”WOW” Next」です。

“WOW”体験(新鮮な驚きや感動)を提供するとともに、新しい”WOW”を地域に届け、地域とともに創出します。

大阪IRの事業者と出資者

大阪IRの事業者は、米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスを中核株式とする大阪IR株式会社です。

少数株主として関西地元企業を中心とする20社が参加しています。

出資者には、関西電力やパナソニックホールディングス、JR西日本などが含まれています。

初期投資額は約1兆800億円で、うち約5300億円がMGM、オリックスと関西企業など20社の出資をあてます。

大阪IRの開業時期と建設予定地

大阪IRの建設予定地は、人工島・夢洲(ゆめしま)

夢洲は2025年に開催される大阪万博の会場でもあります。

大阪IRの建設着手は2025年大阪万博以降であり、2029年秋から冬ごろのオープンを目指しています。

開業時期はこれまで「20年代後半」としか示していませんでしたが、国に提出する区域整備計画に明記されました。

※2023年7月現在オープン時期の延期が示唆されています。

大阪IRの地域経済への効果と課題

大阪IRを開業することで、地域経済や雇用を活性化させる経済波及効果や、財源の確保や子育て支援拡充などに充てる納付金や入場料収入などが期待されます。

一方で、大阪IRにはギャンブル依存症や治安悪化などの懸念材料もあります。

また、建設予定地の周辺では、ヒ素やフッ素による土壌汚染や液状化の恐れがあるため、環境対策費として約790億円が必要となります。

以上、大阪IRとは何か、開業時期や規模、経済効果などについてお伝えしました。

大阪IRは大阪・関西の未来を切り拓くプロジェクトですが、その実現にはまだまだ課題も多いです。不動産投資を検討する際には、これらの情報を参考にしてください。

大阪IR周辺地域の不動産市場の現状と将来性

大阪IRの建設予定地である夢洲(ゆめしま)は、現在はコンテナターミナルや空き地が多く、住宅や商業施設はほとんどありません。

しかし、2025年に開催される大阪万博や2029年秋から冬ごろに開業する予定の大阪IRによって、夢洲は大きく変貌することが予想されます。

夢洲では、万博会場や国際会議場、ホテル、カジノなどが建設されるほか、新たな鉄道路線や駅も整備されます。

これにより、夢洲は国内外から多くの観光客やビジネス客を呼び込み、地域経済や雇用を活性化させることが期待されます。

夢洲周辺地域では、ホテルや商業施設、オフィスビルなどの建設需要が高まり、土地価格や賃料が上昇する可能性が高いです。

また、夢洲へのアクセスを改善するために整備されるインフラも、周辺地域の価値向上に寄与するでしょう。

夢洲周辺地域の不動産市場はまだ発展途上であり、今後10年間で大きな成長が見込まれます。

そのため、不動産投資を検討するなら今がチャンスだと言えます。

大阪IR開業によるインバウンド効果と不動産市場への影響

大阪IR開業によって、大阪は国内外から多くの観光客やビジネス客を呼び込むことができるようになります。

特にインバウンド(訪日外国人)の増加は大きな効果をもたらすと考えられます。

インバウンドは、日本全体だけでなく、大阪においても重要な観光資源であり、消費額が高く、インバウンドの増加は、不動産市場にも好影響を与えます。

インバウンドは宿泊需要や飲食需要が高く、ホテルやマンション、アパートなどの投資物件の需要を高めます。

また、インバウンドに関連した企業や人材が集まり、オフィスや商業施設などの投資物件の需要も高めます。

大阪IR開業によってインバウンドがさらに増加すれば、不動産市場も活性化する可能性が高いです。

そのため、不動産投資を検討するなら成長性があると言えます。

大阪IR開業による不動産市場の競争激化とリスク管理

一方で、大阪IR開業は、不動産市場の競争激化やリスク増加ももたらします。

特に夢洲周辺地域では、建設費用や環境対策費用が高くなる可能性があります。

また、万博やIR開業後の需要減少や価格下落などのシナリオも考慮する必要があります。

また、インバウンドは、外国為替レートや政治情勢などの影響を受けやすく、需要が変動する可能性があります。

また、インバウンド向けの物件は管理や運営が複雑であり、法律や税制などの知識が必要です。

これらの要因により、大阪の不動産市場は競争激化やリスク増加にも対応しなければなりません。

そのため、不動産投資を検討するなら注意点も多いと言えます。

大阪IR開業による不動産投資のタイミングと戦略

以上のように、大阪IR開業は、不動産市場にとってメリットと注意点があると言えます。

では、不動産投資を始めるタイミングと戦略はどうすればよいでしょうか?

一般的に、不動産投資は長期的な視点で行うものです。

そのため、大阪IR開業に合わせてタイミングを計るよりも、自分の目的や予算に合った物件を探すことが重要です。

また、不動産投資は地域や物件の特性によってリターンやリスクが異なります。

そのため、大阪IR開業に関係する地域や物件だけに固執するのではなく、他の地域や物件も比較検討することが重要。

さらに、不動産投資は専門的な知識や経験が必要です。

そのため、自分で判断するのではなく、信頼できる不動産会社やコンサルタントに相談することが重要です。

株式会社グランアネストが提供する不動産投資の特徴とメリット

株式会社グランアネストは、大阪の投資マンションをメインに扱う不動産会社。

数多くのマンションを販売、賃貸管理、購入後のアフターフォローをワンストップで提供。

マンション経営、不動産投資が初めての方もご安心できるサポート体制を整えています。

株式会社グランアネストが提供する不動産投資サービスの特徴とメリットは以下のとおりです。

不動産投資事業

少額の自己資金から始められるマンション一室からはじめる不動産投資を提案しています。

将来に向けて資産形成ができ、もちろん節税対策にも抜群の効果を発揮します。

所有不動産の管理はすべて当社に丸投げができる嬉しいサービスを展開しているため、物件の入退居にかかる事務作業・運用業務は、全てグランアネストが代行します。

それだけに留まらず、当社のエージェントによる資産のプランニングや、毎年の確定申告も弊社の顧問税理士が作成してくれるのがグランアネストの強み。

まじで、確定申告まで含めて全部丸投げできるのはいいよね。

不動産コンサルティング業務

あなたのニーズにあわせて「わかりやすく、丁寧に」サポートしてくれます。

物件の仕入れから管理までを一貫する会社だから、不動産のプロとしてあなたのライフプランを理解したうえで、最適な物件を紹介してくれます。

物件選定から契約まで、専任担当者が一貫して対応。

また、購入後も定期的に物件の状況や市場動向をご報告し、資産の最適化をサポート。

要望に応じて、不動産売却や買い替えなどのサービスも提供します。

不動産の売却は、当社の豊富なネットワークとマーケティング力を活かして、迅速かつ適正な価格で行います。

株式会社グランアネストの実績や口コミ、評判など

株式会社グランアネストは、これまでに約2,000件以上の投資マンションを販売し、約1,500件以上の物件を管理しています。

また、オリックス・バファローズや京セラドーム大阪などと協賛し、広告やイベントなどで注目度を高めています。

株式会社グランアネストは、大阪IR開業に向けても積極的に動いています。

同社は関西企業を中心に20社が出資するIR事業体「大阪IRパートナーズ」に参画し、IR開発に貢献しています。

また、同社はIR周辺地域で投資マンションの販売も行っており、IR開業後の需要増に備えています。

株式会社グランアネストの口コミ・評判

株式会社グランアネストは、インターネット上で多くの口コミや評判が見られます。

その中から一部を紹介します。

利用者
利用者

年収450万円(公務員・会社員)で不動産投資を始めました。グランアネストの担当者はとても親切で、物件の選び方やローンの組み方などを丁寧に教えてくれました。今は大阪市内に2件のマンションを所有していますが、家賃収入は毎月安定して入ってきます。不動産投資は節税にもなるので、税金が高い公務員や会社員にはおすすめです

利用者
利用者

グランアネストは不動産投資のプロです。私は大阪IR開業に合わせて、IR周辺地域のマンションを購入しました。グランアネストはIR開業後の需要予測や将来性などを詳しく説明してくれました。また、物件の管理や運用も任せられるので、安心して不動産投資ができます

利用者
利用者

グランアネストは信頼できる不動産会社です。私は大阪市内に3件のマンションを所有していますが、グランアネストは物件の入退居や修繕などをすべて代行してくれます。また、確定申告も顧問税理士が作成してくれるので、手間がかかりません。グランアネストは不動産投資のパートナーとして最適です

グランアネスト

以上のように、株式会社グランアネストは多くのオーナーから高い評価を得ています。

同社は不動産投資を始める際の敷居を低くし、オーナーの手間を省き、資産形成をサポートすることで、不動産投資に関するあらゆるニーズに応えています。

まとめ

大阪IR開業は2029年度を目指していますが、それまでにIR周辺地域では多くの開発や整備が行われます。

これらの動きは不動産市場にも影響を与え、物件価格や家賃収入などが上昇する可能性があります

そのため、不動産投資を始めるなら今がチャンスです。

しかし、不動産投資は簡単なものではありません。

物件の選定やローンの手配、管理や運用など、様々な知識やスキルが必要です。

また、税金や法律なども考慮しなければなりません。

IRに向けて不動産投資を始めるなら株式会社グランアネスト

大阪府と大阪市が誘致するカジノを含む統合型リゾート(IR)の開業に向けて、不動産投資を始めるなら株式会社グランアネストだ!

グランアネストは、オーナーのニーズに合わせた物件の提案やサポートを行っていますし、大阪IR開業に向けても積極的に動いており、IR周辺地域で投資マンションの販売や管理を行っています。

さらに、多くのオーナーから高い評価を得ており、大阪で不動産投資をするなら間違いなくオススメの会社でしょうね!

\まずは、お気軽に無料面談からどうぞ!お得なプレゼント付きだよー/

コメント

タイトルとURLをコピーしました