FUNDROP(ファンドロップ)は本当に安全?実際に利用した人の口コミ・評判を徹底調査!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産クラウドファンディングとは、インターネットを通じて多くの人から少額の資金を集めて、不動産プロジェクトに投資する仕組みです。

投資家は、プロジェクトの成功に応じて利回りや配当を受け取ることができます。

不動産クラウドファンディングの中でも、注目されているサービスがFUNDROP(ファンドロップ)

FUNDROP(ファンドロップ)は、居住用賃貸住宅に特化した不動産クラウドファンディングサービスで、最低投資額は1万円からという低リスク・高利回りの投資機会を提供しています。

しかし、

FUNDROP(ファンドロップ)は本当に安全なのでしょうか?

実際に利用した人の口コミや評判はどうなのでしょうか?

この記事では、FUNDROP(ファンドロップ)のサービス内容と特徴、メリット・デメリット、口コミ・評判、利用方法と注意点などを徹底的に調査しました。

不動産クラウドファンディングに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかることは以下の通りです。

  • FUNDROP(ファンドロップ)のサービス内容と特徴
  • FUNDROP(ファンドロップ)のメリット・デメリット
  • FUNDROP(ファンドロップ)の口コミ・評判
  • FUNDROP(ファンドロップ)の利用方法と注意点

記事の結論としては、FUNDROP(ファンドロップ)は安全でおすすめの不動産クラウドファンディングサービスです。

ただし、不動産投資にはリスクもありますので、自己責任で慎重に判断してください。

それでは、早速FUNDROP(ファンドロップ)について詳しく見ていきましょう。

FUNDROP(ファンドロップ)のサービス内容と特徴

FUNDROP(ファンドロップ)は、不動産クラウドファンディングのサービスの一つです。

不動産クラウドファンディングとは、インターネットを通じて多くの人から少額の資金を集めて、不動産プロジェクトに投資する仕組みです。

投資家は、プロジェクトの成功に応じて利回りや配当を受け取ることができます。

FUNDROP(ファンドロップ)は、以下のような特徴を持っています。

  • 最低投資額は1万円からで挑戦しやすい
  • 不動産運用に手間がかからない
  • 安全に不動産投資ができる

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

最低投資額は1万円からで挑戦しやすい

FUNDROP(ファンドロップ)では、最低投資額が1万円からという低い設定になっています。

これは、不動産クラウドファンディングの中でも最安値クラスです。

他のサービスでは、最低投資額が10万円や100万円という高額なものもあります。

最低投資額が1万円からということは、以下のようなメリットがあります。

  • 資金が少なくても不動産投資に参加できる
  • リスクを分散させやすい
  • 複数のプロジェクトに投資できる

FUNDROP(ファンドロップ)は、少額から始められる不動産投資サービスです。

初心者や気軽に試したい方におすすめです。

不動産運用に手間がかからない

FUNDROP(ファンドロップ)では、不動産運用に関するすべての業務を運営会社が行ってくれます。

具体的には、以下のような業務です。

  • 物件の選定・調査・契約
  • 物件の管理・修繕・リノベーション
  • 賃貸契約・入居者募集・家賃回収
  • ファンドの設定・募集・運用・償還

これらの業務は、一般的な不動産投資では自分で行わなければならないものです。

しかし、FUNDROP(ファンドロップ)では、これらの業務をすべて任せることができます。

つまり、以下のようなメリットがあります。

  • 不動産運用にかかる時間や労力を節約できる
  • 不動産運用に必要な知識や経験がなくても大丈夫
  • プロが選んだ物件やファンドに安心して投資できる

FUNDROP(ファンドロップ)は、手間いらずの不動産投資サービスです。

忙しい方や専門的なことが苦手な方におすすめです。

安全に不動産投資ができる

FUNDROP(ファンドロップ)では、不動産投資におけるリスクを低減するための仕組みが用意されています。

具体的には、以下のような仕組みです。

  • 優先劣後方式
  • 賃料保証
  • 買取保証

それぞれの仕組みについて詳しく見ていきましょう。

優先劣後方式

優先劣後方式とは、ファンドの運用において、投資家と運営会社の受け取る利益の順位を決める方式です。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような優先劣後方式が採用されています。

  • 投資家は優先出資者として、運営会社よりも先に利益を受け取る
  • 運営会社は劣後出資者として、投資家に利益が支払われた後に残りの利益を受け取る
  • ファンドの償還時には、投資家は元本全額を返還される
  • 運営会社はファンドの償還時には、元本の一部または全額を返還されない

このような優先劣後方式によって、以下のようなメリットがあります。

  • 投資家は運営会社よりも優先的に利益を得られる
  • 投資家は元本割れのリスクを抑えられる
  • 運営会社は投資家の利益を最優先に考えて運用するインセンティブがある

FUNDROP(ファンドロップ)は、優先劣後方式によって投資家の利益を守る不動産投資サービスです。

安心感や信頼感が高い方におすすめです。

賃料保証

賃料保証とは、物件の所有者と管理会社が契約することで、入居者がいなくても一定期間・一定額の家賃収入を得られる仕組みです。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような賃料保証が採用されています。

  • 物件管理会社が運営会社と賃料保証契約を結ぶ
  • 物件管理会社が入居者募集や家賃回収などを行う
  • 入居者がいなくても物件管理会社が運営会社に一定額の家賃を支払う
  • 運営会社が投資家に配当金として分配する

このような賃料保証によって、以下のようなメリットがあります。

  • 投資家は空室リスクや滞納リスクを気にせず安定した収益を得られる
  • 運営会社は物件管理業務や回収業務を委託することで運用コストを削減できる
  • 物件管理会社は契約期間中に入居者を確保することで契約更新や延長を目指せる

FUNDROP(ファンドロップ)は、賃料保証によって安定した収益を得られる不動産投資。

買取保証

買取保証とは、物件の所有者と運営会社が契約することで、ファンドの償還時に物件を運営会社が一定額で買い取ることを保証する仕組みです。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような買取保証が採用されています。

  • 運営会社が物件の所有者と買取保証契約を結ぶ
  • ファンドの償還時に運営会社が物件を一定額で買い取る
  • 運営会社が投資家に元本全額を返還する

このような買取保証によって、以下のようなメリットがあります。

  • 投資家は物件の売却リスクや価格変動リスクを気にせず元本回収できる
  • 運営会社は物件の売却時期や価格を自由に決められる
  • 物件の所有者はファンドの償還時に物件を売却できる

FUNDROP(ファンドロップ)は、買取保証によって元本回収できる不動産投資サービス。

安全性や確実性が高い方におすすめです。

FUNDROP(ファンドロップ)のメリット・デメリット

FUNDROP(ファンドロップ)には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 優先劣後方式によって投資家の利益を優先的に守る
  • 最低投資額が1万円からと少額で始められる
  • 運用期間が短くて早く回収できる
  • 居住用賃貸住宅に特化して安定した収益を得られる
  • スマホから簡単に登録・投資できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

優先劣後方式によって投資家の利益を優先的に守る

FUNDROP(ファンドロップ)では、優先劣後方式という仕組みが採用されています。

これは、ファンドの運用において、投資家と運営会社の受け取る利益の順位を決める方式です。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような優先劣後方式が採用されています。

  • 投資家は優先出資者として、運営会社よりも先に利益を受け取る
  • 運営会社は劣後出資者として、投資家に利益が支払われた後に残りの利益を受け取る
  • ファンドの償還時には、投資家は元本全額を返還される
  • 運営会社はファンドの償還時には、元本の一部または全額を返還されない

このような優先劣後方式によって、投資家は運営会社よりも優先的に利益を得られることや、元本割れのリスクを抑えられることがメリットです。

また、運営会社は投資家の利益を最優先に考えて運用するインセンティブがあるため、信頼性も高まります。

最低投資額が1万円からと少額で始められる

FUNDROP(ファンドロップ)では、最低投資額が1万円からという低い設定になっています。

これは、不動産クラウドファンディングの中でも最安値クラスです。

他のサービスでは、最低投資額が10万円や100万円という高額なものもあります。

最低投資額が1万円からということは、以下のようなメリットがあります。

  • 資金が少なくても不動産投資に参加できる
  • リスクを分散させやすい
  • 複数のプロジェクトに投資できる

FUNDROP(ファンドロップ)は、少額から始められる不動産投資サービスです。

初心者や気軽に試したい方におすすめです。

運用期間が短くて早く回収できる

FUNDROP(ファンドロップ)では、運用期間が短いプロジェクトが多くあります。

運用期間とは、投資した資金が返還されるまでの期間のことです。

FUNDROP(ファンドロップ)では、運用期間が3ヶ月や6ヶ月というプロジェクトもあります。

これは、不動産クラウドファンディングの中でも短い方です。

他のサービスでは、運用期間が1年や2年という長いものもあります。

運用期間が短いということは、以下のようなメリットがあります。

  • 早く利益を得られる
  • 早く元本を回収できる
  • 早く次のプロジェクトに投資できる

FUNDROP(ファンドロップ)は、運用期間が短くて早く回収できる不動産投資サービスです。

回転率や効率性が高い方におすすめです。

居住用賃貸住宅に特化して安定した収益を得られる

FUNDROP(ファンドロップ)では、居住用賃貸住宅に特化したプロジェクトが多くあります。

居住用賃貸住宅とは、一般的なアパートやマンションなどのことです。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような居住用賃貸住宅のプロジェクトがあります。

  • 賃料保証×再組成:物件をリノベーションして入居率や家賃を上げる
  • 賃料保証×インカム:物件をそのまま運用して安定した家賃収入を得る
  • 賃料保証×買取保証付き:物件を一定期間運用した後に運営会社が買い取る

居住用賃貸住宅に特化しているということは、以下のようなメリットがあります。

  • 需要が安定している
  • 競合が少ない
  • 資産価値が下落しにくい

FUNDROP(ファンドロップ)は、居住用賃貸住宅に特化して安定した収益を得られる不動産投資サービスです。

堅実性や持続性が高い方におすすめです。

スマホから簡単に登録・投資できる

FUNDROP(ファンドロップ)では、スマホから簡単に登録・投資できる仕組みがあります。

具体的には、以下のような仕組みです。

  • オンライン本人認証(eKYC)で最短5分で口座開設できる
  • サイト上でファンドの情報や進捗状況を確認できる
  • サイト上でファンドの出資申込や決済ができる

このような仕組みによって、以下のようなメリットがあります。

  • 手間や時間をかけずに登録・投資できる
  • いつでもどこでも情報や操作ができる
  • 紙媒体や郵送などの手間が省ける

FUNDROP(ファンドロップ)は、スマホから簡単に登録・投資できる不動産投資サービスです。

便利さや使いやすさの優先度が高い方におすすめです。

デメリット

  • 実績が少ない
  • 途中解約不可
  • 元本保証なし

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

実績が少ない

FUNDROP(ファンドロップ)は、新しいサービスです。

そのため、運用実績や口コミなどがまだ少ないというデメリットがあります。

他のサービスでは、運用実績や口コミが多くあります。

実績が少ないということは、以下のようなデメリットがあります。

  • サービスの信頼性や安定性が確認しにくい
  • プロジェクトの成果や評価が分かりにくい
  • トラブルや問題が発生した場合の対応が不安

FUNDROP(ファンドロップ)は、実績が少ない不動産投資サービスです。

慎重に判断したい方や情報を多く求める方には不向きかもしれません。

途中解約不可

FUNDROP(ファンドロップ)では、出資したファンドの途中解約ができません。

途中解約とは、運用期間中に投資した資金を引き出すことです。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような理由で途中解約ができません。

  • ファンドの運用計画に基づいて物件を購入・管理しているため
  • ファンドの運用期間は短期間で設定されているため
  • ファンドの運用期間中に物件を売却することはできないため

途中解約ができないということは、以下のようなデメリットがあります。

  • 投資した資金を必要に応じて引き出せない
  • 投資した資金を他のプロジェクトに回せない
  • 投資した資金が固定されてしまう

FUNDROP(ファンドロップ)は、途中解約ができない不動産投資サービスです。

柔軟性や自由度が高い方や急な出費に備えたい方には不向きかもしれません。

元本保証なし

FUNDROP(ファンドロップ)では、元本保証がありません。

元本保証とは、投資した資金の全額を必ず返還することを保証する仕組みです。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような理由で元本保証がありません。

  • 不動産投資には市場変動や災害などのリスクがあるため
  • 元本保証をすると利回りが低くなるため
  • 優先劣後方式や買取保証などで元本割れのリスクを低減しているため

元本保証がないということは、以下のようなデメリットがあります。

  • 投資した資金が全額返ってこない可能性がある
  • 投資した資金がマイナスになる可能性がある
  • 投資した資金を失うリスクを自己責任で負う必要がある

FUNDROP(ファンドロップ)は、元本保証がない不動産投資サービスです。

安全性や確実性が高い方やリスクを避けたい方には不向きかもしれません。

FUNDROP(ファンドロップ)の口コミ・評判

FUNDROP(ファンドロップ)は、最先端の不動産クラウドファンディングのサービスです。

居住用賃貸住宅に特化したファンドを提供し、優先劣後方式や買取保証などで投資家の安全性を高めています。

最低投資額は1万円からと少額で始められるのも魅力です。

しかし、実際にFUNDROP(ファンドロップ)を利用した人たちは、どのように感じているのでしょうか?

ここでは、ネット上に寄せられた口コミや評判を紹介します。

良い口コミ

  • 安定した収益が得られる
  • 簡単に始められる
  • 地元の物件がある

以下は、良い口コミの一部です。

利用者
利用者

不動産クラウドファンディングは、株式投資やリートと比較すると元本割れのリスクが少なく、短期で配当が得られる仕組みが良いですね。 デメリットは配当額に税金がかかり確定申告が必要になることですが、そのぶん利回りも高いので、預金の一部をFUNDROPで運用しています。

利用者
利用者

私の住んでいる地元の物件を扱ってくれていたので、実際に目で見て魅力を確認してからできるのが良かった。

利用者
利用者

退職金の一部を投資資金として運用しています。 スマホが苦手な私でも、サイトから簡単に登録できて購入も難なくできています。 ファンド情報の解説をしっかり読んで、案件発売日に出資を申し込んでいます。 新しい不動産投資商品ということですが、利回りが高い上に運用もお任せできる画期的なサービスです。

良い口コミからは、FUNDROP(ファンドロップ)の以下のようなメリットがわかります。

  • 居住用賃貸住宅は需要が安定しており、配当利回りも高い
  • オンライン本人認証やスマホ操作で簡単に登録・投資できる
  • 地元や自分の目で見た物件に投資できる

悪い口コミ

  • 先着順で買えない
  • 築古アパートが多い
  • 勧誘がしつこい

以下は、悪い口コミの一部です。

利用者
利用者

出資申し込みが先着順で、ファンドがリリースされると数分で売り切れ、なかなか買えない。 また、投資物件に築古アパートが多く、賃貸の競争力に不安。

利用者
利用者

申し込んでからの勧誘がしつこいことから、ここだけは今後何とかしてほしい内容だと思いました。

悪い口コミからは、FUNDROP(ファンドロップ)の以下のようなデメリットがわかります。

  • ファンドの人気が高く、先着順ではなかなか購入できない
  • ファンドの物件が築年数が古く、将来的な価値や需要に不安がある
  • 登録後に勧誘の電話やメールが多く、迷惑に感じる

FUNDROP(ファンドロップ)の利用方法と注意点

FUNDROP(ファンドロップ)は、居住用賃貸住宅に特化した不動産クラウドファンディングのサービスです。

最低投資額は1万円からと少額で始められるのが魅力ですが、利用するには以下のような手順や注意点があります。

口座開設の手順

FUNDROP(ファンドロップ)で投資を始めるには、まず口座開設が必要です。

口座開設は以下の手順で行います。

  1. FUNDROP(ファンドロップ)の公式サイトにアクセスし、トップページ右上の「無料会員登録」をクリックします。
  2. 必要事項を入力し、利用規約や個人情報保護方針に同意したら、「次へ」をクリックします。
  3. メールアドレスに送られた認証コードを入力し、「次へ」をクリックします。
  4. オンライン本人認証サービス「Proost」に移動し、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)の画像をアップロードします。
  5. 本人確認書類の内容と自分の顔を写した画像を撮影し、アップロードします。
  6. 銀行口座情報を入力し、「口座開設申込完了」をクリックします。

以上で口座開設は完了です。

オンラインで簡単に本人認証ができるので、最短5分で口座開設ができます。

ファンドの選び方と申し込み方法

口座開設が完了したら、次は投資するファンドを選びます。

FUNDROP(ファンドロップ)では、以下のような種類のファンドがあります。

  • 賃料保証×再組成:物件をリノベーションして入居率や家賃を上げる
  • 賃料保証×インカム:物件をそのまま運用して安定した家賃収入を得る
  • 賃料保証×買取保証付き:物件を一定期間運用した後に運営会社が買い取る

それぞれのファンドには、以下のような情報が表示されています。

  • ファンド名
  • 予定分配率(年換算)
  • 運用期間
  • 最低投資額
  • 募集状況
  • 募集方法(先着順または抽選)
  • ファンド詳細

自分の投資目的やリスク許容度に合わせて、ファンドを選んでください。

ファンド詳細では、以下のような情報が確認できます。

  • 物件概要
  • 物件写真
  • 物件所在地
  • 物件評価額
  • 物件構造・規模
  • 築年数
  • 入居率
  • 家賃相場
  • 地域情報
  • 運用計画
  • 収支予測表
  • 優先劣後割合

ファンド詳細では、物件の魅力やリスクを詳しく解説しています。

ファンドを選んだら、申し込み方法に従って出資を申し込みます。

申し込み方法は、先着順または抽選。

先着順の場合は、ファンドが発売されたらすぐに申し込む必要があります。

抽選の場合は、募集期間内に申し込むと抽選に参加できます。

申し込み方法は以下の通りです。

  1. 投資するファンドのページにアクセスし、「出資する」をクリックします。
  2. 出資金額を入力し、「次へ」をクリックします。
  3. 出資内容を確認し、「出資申込」をクリックします。
  4. 決済方法を選択し、「決済する」をクリックします。

以上で出資申し込みは完了です。

決済方法は、銀行振込またはクレジットカードが選べます。

銀行振込の場合は、指定された口座に指定された期限内に振り込む必要があります。

クレジットカードの場合は、サイト上で決済が完了します。

配当の受け取りと確定申告

出資したファンドが運用されると、定期的に配当が支払われます。

配当の支払い時期や金額は、ファンドごとに異なります。

配当は、登録した銀行口座に振り込まれます。

配当を受け取ったら、確定申告をする必要があります。

配当は所得税や住民税の対象となるため、年間で20万円以上の配当を受け取った場合は、確定申告をしなければなりません。

確定申告は、翌年の2月から3月にかけて行います。

確定申告の方法は以下の通りです。

  1. FUNDROP(ファンドロップ)から送られてくる「源泉徴収票」や「収支報告書」などの書類を用意します。
  2. 確定申告書(A)や所得税計算書(B)などの必要な書類を作成します。
  3. 税務署やe-Taxなどで確定申告を行います。

確定申告は、自分で行うこともできますが、手間やミスが心配な場合は、税理士や税務サービスに依頼することもできます。

リスク管理と分散投資

FUNDROP(ファンドロップ)では、優先劣後方式や買取保証などで投資家の安全性を高めていますが、それでもリスクがゼロというわけではありません。

不動産投資には以下のようなリスクがあります。

  • 物件価値の下落:物件の老朽化や周辺環境の悪化などで物件価値が下落する可能性があります。
  • 入居率の低下:需要や競争状況によって入居率が低下し、家賃収入が減少する可能性があり
  • 運営会社の倒産:運営会社が経営破綻や法的問題などで倒産すると、ファンドの運用や返済ができなくなる可能性があります。
  • 法律や税制の変更:不動産投資に関する法律や税制が変更されると、投資の条件や収益性が変わる可能性があります。

これらのリスクを回避または軽減するためには、以下のような対策が必要です。

  • ファンドの内容をよく理解する:ファンドの物件や運用計画、優先劣後割合などを詳しく確認し、リスクとリターンのバランスを把握することが重要です。
  • 分散投資をする:一つのファンドに大きな金額を投資するのではなく、複数のファンドに少額ずつ投資することで、リスクを分散させることができます。また、不動産以外の投資商品とも組み合わせることで、ポートフォリオ全体の安定性を高めることができます。
  • 情報収集をする:不動産市場や法律・税制の動向などを常にチェックし、投資判断に活かすことが大切です。また、FUNDROP(ファンドロップ)から送られてくる運用報告書やニュースレターなども参考にしてください。

まとめ

FUNDROP(ファンドロップ)は、居住用賃貸住宅に特化した不動産クラウドファンディングのサービスです。

以下のような特徴があります。

  • 最低投資額は1万円からと少額で始められる
  • 優先劣後方式や買取保証などで投資家の安全性を高める
  • 地元や自分の目で見た物件に投資できる
  • オンライン本人認証やスマホ操作で簡単に登録・投資できる

しかし、不動産投資には以下のようなリスクもあります。

  • 物件価値の下落
  • 入居率の低下
  • 運営会社の倒産
  • 法律や税制の変更

これらのリスクを回避または軽減するためには、以下のような対策が必要です。

  • ファンドの内容をよく理解する
  • 分散投資をする
  • 情報収集をする

FUNDROP(ファンドロップ)は、安全性と利回りのバランスが良い不動産クラウドファンディングのサービスです。

少額から始められるので、不動産投資に興味がある人におすすめです。

ただし、リスクもゼロではないので、自分の判断と責任で投資してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました