不動産売却の流れと手順を5つのステップで徹底解説!失敗しないために知っておきたい3つのポイント

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
不動産売却の評判

不動産売却は、一生に一度あるかないかの大きな取引です。

しかし、不動産売却には様々な手続きや注意点があり、知らないと大きな損失やトラブルになることもあります。

そうならないためには、不動産売却の流れと手順をしっかりと理解しておくことが必要です。

この記事では、不動産売却の流れと手順を5つのステップで徹底解説します。

また、失敗しないために知っておきたい3つのポイントもお伝えします。

この記事を読むべき読者様は、以下のような方です。

  • 不動産売却を考えているが、どこから始めればいいかわからない方
  • 不動産売却にかかる時間や費用を把握したい方
  • 不動産売却で失敗しないために注意すべきことを知りたい方

この記事を読むことで、以下のようなメリットがあります。

  • 不動産売却の流れと手順が明確になり、準備や進行がスムーズになる
  • 不動産売却に関する基礎知識やコツが身につき、自信を持って取引ができる
  • 不動産売却で得られる利益や節税方法がわかり、賢く資産を活用できる

不動産売却は難しいことも多いですが、この記事を参考にして準備を進めていきましょう。

不動産売却の流れと手順を5つのステップで徹底解説!

不動産売却は、一般的に以下の5つのステップで進めます。

不動産売却の5ステップ
  • ステップ1:不動産会社に査定を依頼する
  • ステップ2:媒介契約を結ぶ
  • ステップ3:販売活動を開始する
  • ステップ4:条件交渉と売買契約を締結する
  • ステップ5:決済と引渡しを行う

それぞれのステップで必要なことや注意点を詳しく解説します。

ステップ1:不動産会社に査定を依頼する

不動産売却の最初のステップは、自分が所有している不動産がどれくらいの価格で売れるかを知ることです。

そのためには、不動産会社に査定を依頼する必要があります。

査定とは、不動産会社が売却予定の不動産が市場でどれくらいの価値があるかを評価することです。

不動産の種類にもよりますが、査定額は、物件の立地や築年数、間取りや設備などの特徴や状態だけでなく、周辺の相場や需要・供給状況なども考慮されます。

査定には大きく分けて2種類あります。

査定には2つのパターンがある
  • 簡易査定:インターネットや電話などで物件情報を伝えるだけで査定額を算出する方法です。時間や手間がかからない反面、精度は低く目安程度です。
  • 詳細査定:担当者が実際に物件を見て査定額を算出する方法です。時間や手間がかかりますが、精度は高く信頼性があります。

一括査定サービスを利用すると便利ですが、不要な営業が増えるばかりでなく、現実的ではない査定金額を提示されることもあるので信頼できる一社に査定を依頼することをオススメしています。

\一括査定より安心で安全な業界最大手で不動産を無料査定してもらおう!/

ステップ2:媒介契約を結ぶ

査定額を比較して、売却を依頼したい不動産会社が決まったら、次のステップは媒介契約を結ぶことです。

媒介契約とは、売主と不動産会社との間で売却活動の内容や報酬などを取り決める契約です 。

媒介契約には3種類あります 。

媒介契約は3種類
  • 一般媒介契約:複数の不動産会社と同時に契約できるが、販売力や報告義務が低い。
  • 専任媒介契約:依頼者(売主や貸主)が他の宅建業者に重複して依頼できない媒介契約をいいます。依頼者は自分で取引相手(顧客)を探して取引することは可能です。
  • 専属専任媒介契約:依頼者(売主や貸主)が、他の宅建業者に重複して依頼することができないと同時に、依頼した宅建業者が紹介する相手(顧客)以外の人とは取引できない媒介契約のこと。

それぞれの特徴やメリット・デメリットをよく理解して、自分に合った媒介契約を選びましょう。

また、媒介契約には有効期限(通常は3ヶ月以内)があります 。

有効期限内に売却が成立しなかった場合は、更新するか解除するか決めなければなりません。

ステップ3:販売活動を開始する

媒介契約を結んだら、いよいよ本格的に販売活動が開始されます 。

このステップでは、不動産会社が主に以下のような販売活動を行います 。

  • 物件の写真や説明文を作成する
  • 不動産ポータルサイトなどに広告を掲載する
  • 指定流通機構に物件情報を登録する
  • 他の不動産会社と連携して買主候補を紹介してもらう
  • 購入希望者に対して物件の案内や説明を行う

販売活動は不動産会社が主導しますが、売主であるあなたも協力することが必要です。

例えば、以下のようなことです。

  • 物件の清掃や整理整頓を行う
  • 内覧時に物件の魅力や特徴をアピールする
  • 不動産会社からの連絡に迅速に対応する

販売活動の成果は、不動産会社から定期的に報告されます。

媒介契約の種類によって報告義務の頻度は異なりますが、一般的には1週間から2週間に1回程度です 。

報告内容は、広告掲載数や問い合わせ数、内覧者数や反応などです。

報告内容をもとに、売り出し価格や販売戦略の見直しを検討することもあります。

販売活動の目的は、購入希望者を見つけて条件交渉に入ることです。

購入希望者が現れたら、次のステップへ進みます。

ステップ4:条件交渉と売買契約を締結する

販売活動の結果、購入希望者が現れたら、次のステップは条件交渉と売買契約を締結することです。

このステップでは、不動産会社が仲介役となって、売主と買主の間で価格や引渡し時期などの取引条件を話し合います。

不動産会社は、売主の利益を最大限に守るように努めますが、買主も自分の利益を追求するために値引き交渉や要望事項などを出してくることがあります。

その場合は、不動産会社のアドバイスに従って柔軟に対応しましょう。

条件交渉は、双方が納得できるまで何度もやり取りすることがあります。

最終的に合意に達したら、購入希望者から購入申込書(買付証明書)を受け取ります。

購入申込書は、物件の住所や面積、価格や支払い方法などの取引条件等を記した書類のことで、購入申込書に署名・捺印すれば、売主と買主の間で仮契約のような関係が成立します。

仮契約が成立したら、次に正式な売買契約を締結します。

売買契約は、不動産会社や売主、買主と場合によっては買主側のハウスメーカーが立ち会って行われます。

売買契約では、以下のことを行います。

  • 売買契約書の作成と確認
  • 売買契約書への署名・捺印
  • 手付金の支払い

売買契約時は、物件や取引条件に関する書類として、売買契約書と重要事項説明書の2つについて説明があります。

内容に間違いや不備がないかよく確認するだけでなく、不明点があれば臆することなく質問をしましょう。

売買契約が無事に完了したら、次のステップへ進みます。

ステップ5:決済と引渡しを行う

売買契約が終わったら、次のステップは決済と引渡しを行うことです。

決済とはお金の支払うことで、引渡しは文字通り物件を買主に渡すことです。

売主は残りの代金を受け取り、買主に物件の所有権や鍵などを引き渡します。

決済と引渡しは、通常は同じ日に行われます。

決済と引渡しの場所は、不動産会社や銀行などが選ばれることが多いです。

決済と引渡しでは、以下のことを行います。

  • 残代金(価格から手付金を差し引いた額)の支払い
  • 物件の現況確認
  • 鍵やリモコンなどの物品の引き渡し

残代金は、売主が指定した銀行口座に振り込まれることが一般的です。

また、物件の現況確認は、売買契約時と同じ状態であるかを確かめるために行われます。

もし不具合や傷みがあれば、修理費用や損害賠償などの対応が必要になる場合があります。

決済と引渡しが無事に完了したら、不動産売却は完了です。

失敗しないために知っておきたい3つのポイント

不動産売却は、一生に一度あるかないかの大きな取引です。

そのため、失敗すると大きな損失やトラブルになることがあります。

そうならないためには、以下の3つのポイントを知っておくことが重要です。

不動産売却で失敗しないためのポイント3選
  • ポイント1:適正な価格設定をする
  • ポイント2:信頼できる不動産会社を選ぶ
  • ポイント3:税金や手数料を把握する

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント1:適正な価格設定をする

不動産売却の成功のカギは、適正な価格設定です。

価格設定は、売却期間や利益額に大きく影響します。

価格設定が高すぎると、買主がつかずに売れ残るリスクが高まります。

逆に、価格設定が低すぎると、利益が減少したり、買主から疑われたりする可能性があります。

適正な価格設定をするためには、以下のことを行います。

  • 市場の相場や需要・供給状況を調べる
  • 物件の特徴や魅力を考慮する
  • 不動産会社のアドバイスに耳を傾ける

ポイント2:信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産売却は、不動産会社と密接に関わる取引です。

不動産会社は、査定や販売活動だけでなく、条件交渉や契約書作成なども行います。そのため、信頼できる不動産会社を選ぶことが非常に重要です。

信頼できる不動産会社を選ぶためには、以下のことをチェックします。

  • 業歴や実績があるか
  • 資格や免許があるか
  • 口コミや評判が良いか
  • 対応や報告が丁寧か

ポイント3:税金や手数料を把握する

不動産売却では、税金や手数料などの諸費用が発生します。

これらの諸費用は、売却価格から差し引かれることが多いです。

そのため、諸費用を把握しておくことで、実際に手元に入る金額を計算できます。

諸費用は物件や契約内容によって異なりますが、一般的には以下のようなものです 。

  • 仲介手数料:不動産会社に支払う報酬で、価格に応じた掛け率が決まっています。
  • 登記費用:物件の所有権移転や抵当権抹消などの登記にかかる費用で、司法書士報酬や登録免許税などが含まれます。物件や契約内容によって異なります。

まとめ

この記事では、不動産売却の流れと手順を5つのステップで徹底解説しました。また、失敗しないために知っておきたい3つのポイントもお伝えしました。

不動産売却の流れと手順の5ステップ
  • ステップ1:不動産会社に査定を依頼する
  • ステップ2:媒介契約を結ぶ
  • ステップ3:販売活動を開始する
  • ステップ4:条件交渉と売買契約を締結する
  • ステップ5:決済と引渡しを行う

失敗しないために知っておきたい3つのポイント

失敗しないためのポイント3つ
  • ポイント1:適正な価格設定をする
  • ポイント2:信頼できる不動産会社を選ぶ
  • ポイント3:税金や手数料を把握する

不動産売却は一生に一度あるかないかの大きな取引です。

準備や進行には十分に注意しましょう。

この記事が不動産売却の参考になれば幸いです。

不動産売却で悩むなら【三井のリハウス】へ

不動産売却には様々な疑問や悩みが生じることもあるでしょう。

そんな時は、専門家に相談することが大切です。

そこで、おすすめしたいのが【三井のリハウス】です。

三井のリハウスは、不動産売却に関する無料相談や豊富なサービスメニューを提供しています。

また、全国に店舗網を持ち、地域密着型の営業体制1でお客様のニーズに応えています。

三井のリハウスは、35年連続全国売買仲介取扱件数No.1の実績と信頼があります。

不動産売却で失敗しないためには、不動産業界最大手の【三井のリハウス】を活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました