リノシーで失敗した人の口コミから学ぶ!不動産投資のメリット・デメリットと注意点

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資は、将来の収入源や資産形成として魅力的な投資方法ですが、失敗すると大きな損失やトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

そこで、不動産投資を始める前に知っておきたいのが、実際に不動産投資を行っている人たちの口コミや評判ですな。

特に、最近注目されている不動産投資サービス「RENOSY(リノシー)」では、少額から始められるというメリットがありますが、一方で「怪しい」「儲からない」といったネガティブな声も聞かれます。

では、RENOSY(リノシー)で不動産投資をすると本当に失敗するのでしょうか?

この記事では、RENOSY(リノシー)で失敗した人の口コミから学ぶことができる不動産投資のメリット・デメリットと注意点を紹介します。

また、RENOSY(リノシー)で成功した人の口コミも参考にしながら、RENOSY(リノシー)で不動産投資を始めるべきかどうかの判断基準もお伝えします。

この記事を読んでわかることは以下の通りです。

  • RENOSY(リノシー)で失敗した人の口コミ3選
  • RENOSY(リノシー)で失敗しないための注意点5つ
  • RENOSY(リノシー)で成功した人の口コミ3選
  • 不動産投資はリスクもあるがメリットも大きい

この記事の結論は、

RENOSY(リノシー)で不動産投資をするかどうかは個人の判断によりますが、物件選びや契約内容などに十分注意することが重要だ

ということです。

また、RENOSY(リノシー)だけではなく他社も比較検討することもおすすめします。

RENOSY(リノシー)で不動産投資に興味がある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

リノシーで失敗した人の口コミ3選

では、具体的にどのような失敗があったのでしょうか?

リノシーで不動産投資をして後悔した人の口コミを3つ紹介します。

口コミはリサーチしたものですが、個人情報の保護のために一部改変しています。

口コミ1:物件が思ったより古くて修繕費がかかった

30代男性
30代男性

「リノシーで都心部のワンルームマンションを購入しました。担当者からは築年数や建物の状態などを説明されましたが、実際に物件を見に行くことはできませんでした。契約後に初めて物件を見に行ったら、思ったより古くて傷みがひどいことに気づきました。水回りや壁紙などの修繕費用がかかりましたが、リノシーからは一切サポートしてもらえませんでした。自分でしっかり現地調査すべきだったと反省しています。」

この口コミでは、 リノシーで物件を購入した後に、物件の状態が悪くて修繕費用がかかったという失敗 がありました。

リノシーでは物件の現地調査は任意ですが、やはり自分の目で確認することが大切だということがわかります。

口コミ2:家賃収入が安定しなくて赤字になった

40代女性
40代女性

「リノシーで都心部のワンルームマンションを購入しました。担当者からは家賃相場や空室率などを説明されましたが、実際には思っていたよりも家賃収入が安定しませんでした。コロナ禍でテレワークやUターンなどの影響で、都心部の需要が減っているようです。家賃収入だけではローンや管理費などの支払いに足りず、自己資金を補填することになりました。リノシーからは家賃保証制度なども提案されましたが、条件や手数料などが不透明で納得できませんでした。」

この口コミでは、 リノシーで物件を購入した後に、家賃収入が安定しなくて赤字になったという失敗 がありました。

リノシーでは家賃相場や空室率などをAIで分析していますが、やはり市場の変動や外的要因などによって変わる可能性もあります。

家賃収入だけに頼らず、ローンや管理費などの支払い能力も考慮することが大切だということがわかります。

口コミ3:リノシーのサポートが不親切だった

50代男性
50代男性

「リノシーで都心部のワンルームマンションを購入しました。担当者からは契約内容や保証内容などを説明されましたが、実際には契約書や保証書などの書類が不備だったり、約束した内容と違っていたりしました。リノシーに問い合わせても、担当者が変わったり、返答が遅かったり、誠意が感じられませんでした。契約後は放置されるという感じで、不安になりました。」

この口コミでは、 リノシーで物件を購入した後に、リノシーのサポートが不親切だったという失敗 がありました。

リノシーでは物件の管理や運用などを一括で任せられるというメリットがありますが、やはり契約内容や保証内容などは自分でしっかり確認することが大切だということがわかります。

リノシーで失敗しないための注意点5つ

リノシーで不動産投資をする場合、失敗を避けるためにはどのようなことに注意すべきでしょうか?

ここでは、 リノシーで失敗しないための注意点を5つ紹介します。

これらの注意点を抑えておけば、リノシーで不動産投資を始める際に役立つでしょう。

注意点1:物件の現地調査をしっかり行うこと

リノシーでは、物件の現地調査は任意です。

つまり、物件を購入する前に自分の目で確認することができない場合もあります。

しかし、物件の状態や周辺環境などは、写真や資料だけでは分からないことも多いです。

物件の現地調査をしないと、思わぬトラブルや修繕費用が発生する可能性もあります。

そこで、 リノシーで物件を購入する場合は、必ず物件の現地調査を行うようにしましょう。

物件の現地調査は、リノシーの担当者と一緒に行くことができます。

物件の現地調査では、以下のような点に注目してみてください。

  • 物件の築年数や建物の状態
  • 物件の間取りや設備
  • 物件の立地や周辺環境
  • 物件の空室率や家賃相場
  • 物件の管理状況や管理費用

物件の現地調査を行うことで、物件の良さや悪さを客観的に判断することができます。

また、物件の現地調査を行うことは、リノシーに対する信頼感や安心感も高める効果があります。

注意点2:家賃相場や空室率を調べること

リノシーでは、AI(人工知能)を活用して、物件の家賃相場や空室率などを分析しています。

しかし、AIが分析したデータはあくまでも参考値であり、必ずしも正確ではない場合もあります。

実際には、市場の変動や外的要因などによって、家賃相場や空室率は変わる可能性があります。

そこで、 リノシーで物件を購入する場合は、自分でも家賃相場や空室率などを調べるようにしましょう。

家賃相場や空室率などを調べる方法は以下のようなものがあります。

  • 不動産情報サイトやポータルサイトなどで同じエリアや同じタイプの物件を比較する
  • 不動産会社や管理会社などに問い合わせて情報を収集する
  • 実際に物件周辺を歩いて空き部屋や募集看板などをチェックする

家賃相場や空室率などを調べることで、物件の収益性や将来性を見極めることができます。

また、家賃相場や空室率などを調べることは、リノシーのAIの分析結果と照らし合わせることで、その信頼度や妥当性も確認することができます。

注意点3:融資や税金などの費用を計算すること

リノシーでは、物件の購入に必要な融資や税金などの費用を計算してくれます。

しかし、融資や税金などの費用は、個人の収入や資産などによって異なる場合もあります。

実際には、融資の審査や税金の申告などで、予想よりも高い費用がかかる可能性もあります。

そこで、 リノシーで物件を購入する場合は、自分でも融資や税金などの費用を計算するようにしましょう。

融資や税金などの費用を計算する方法は以下のようなものがあります。

  • 銀行や信用金庫などに問い合わせて融資の条件や利率などを確認する
  • 税理士やファイナンシャルプランナーなどに相談して税金の計算方法や節税対策などを聞く
  • インターネット上のシミュレーションツールや計算機などを利用する

融資や税金などの費用を計算することで、物件の購入に必要な自己資金や月々の支払い能力を把握することができます。

また、融資や税金などの費用を計算することは、リノシーが提示した費用と比較することで、その適正さや節約方法も見つけることができます。

注意点4:リノシー以外の不動産会社も比較すること

リノシーでは、都心部の優良物件を多数紹介してくれます。

しかし、リノシーが紹介してくれる物件はあくまでもリノシーが仕入れた物件です。

実際には、リノシー以外の不動産会社も様々な物件を扱っています。

リノシーだけに頼らずに、他社も比較検討することが大切です。

そこで、 リノシーで物件を購入する場合は、リノシー以外の不動産会社も比較するようにしましょう。

リノシー以外の不動産会社と比較する方法は以下のようなものがあります。

  • 不動産情報サイトやポータルサイトなどで同じエリアや同じタイプの物件を探す
  • 不動産会社や管理会社などに問い合わせて物件情報やサービス内容などを聞く
  • 実際に不動産会社や管理会社などに足を運んで物件見学や相談をする

リノシー以外の不動産会社と比較することで、物件の価格や条件、サービス内容などを横断的に判断することができます。

注意点5:リノシーの契約内容や保証内容を確認すること

リノシーでは、物件購入後もアプリで管理やサポートをしてくれますが、契約内容や保証内容をしっかり確認することが重要。

契約内容では、物件の所有権や責任範囲、解約条件や違約金などを確認。

保証内容では、家賃保証や空室補償、修繕費用やトラブル対応などを確認しましょう。

契約内容や保証内容を確認することで、物件運用中に発生する可能性のあるトラブルやリスクに備えることができます。

リノシーで成功した人の口コミ3選

実際にリノシーを利用して中古マンション投資を行っている人たちの声をまとめていきます。

リノシーで成功した人の口コミは、以下のようになります。

口コミ1:物件選びから管理まで一括で任せられて楽だった

リノシー利用者
リノシー利用者

「物件選びから購入、管理まで全てリノシーにお任せしました。担当者の方がとても親切で丁寧に対応してくれたので、不動産投資初心者でも安心して進めることができました。物件も都心部の駅近くで需要が高く、家賃収入も安定しています。自分で管理する手間もなく、アプリで状況を確認できるのも便利です。不動産投資は複雑なイメージがありましたが、リノシーなら簡単に始められると思います。」

この口コミでは、リノシーの最大のメリットである「一括管理」について高く評価しています。

物件選びや購入、管理などの手続きや手間をリノシーに任せられることで、不動産投資が気軽に始められると感じています。

また、物件の立地や家賃収入にも満足している様子が伝わります。

口コミ2:家賃収入が安定して資産形成に役立った

リノシー利用者
リノシー利用者

「RENOSYは少額から不動産投資が始められると聞いて興味を持ちました。自分は会社員なので、不労所得を得られるという点が魅力的でした。RENOSYでは都心部の中古マンションを紹介してくれるので、空室率も低く家賃収入も安定しています。ローン返済も家賃収入でカバーできるので、自分の負担は少ないです。家賃収入は貯金や株式投資などに回しています。RENOSYは資産形成に役立っています。」

この口コミでは、リノシーのもう一つのメリットである「少額から始められる」について高く評価しています。

自分のお金をそれほどかけずに不動産投資ができることで、不労所得を得られると感じています。

また、家賃収入が安定していることや、その収益を他の投資に活用していることも伝えています。

口コミ3:リノシーのサポートが親切で安心だった

リノシー利用者
リノシー利用者

「RENOSYは不動産投資に関する知識や経験がなくても始められるサービスだと思います。私は不動産投資に興味があったものの、どうやって始めれば良いか分からなかったので、RENOSYに相談しました。担当者の方がとても親切で、不動産投資のメリットやデメリット、リスクや注意点などを丁寧に説明してくれました。また、物件の選び方や購入の流れ、管理の方法なども詳しく教えてくれました。RENOSYのサポートは信頼できると感じました。」

この口コミでは、リノシーのサポートについて高く評価しています。

不動産投資に関する知識や経験がない人でも、担当者の方が丁寧にサポートしてくれることで、不安や疑問を解消できると感じています。

また、物件の選び方や購入の流れなども詳しく教えてくれることで、不動産投資をスムーズに進められると感じています。

以上がリノシーで成功した人の口コミ3選です。これらの口コミから、リノシーは「一括管理」「少額から始められる」「サポートが充実している」という3つの特徴を持つ不動産投資サービスであることがわかります。これらの特徴がリノシーを利用する人たちにとって魅力的であることが伝わってきます。

まとめ

この記事では、リノシーで中古マンション投資を始めるためのメリット・デメリットや注意点を紹介しました。

また、実際にリノシーを利用して成功した人や失敗した人の口コミも参考にしました。

不動産投資は、高額な資産を購入することになるので、リスクもあります。

物件の選び方や管理方法、融資や税金などの費用などに注意しなければなりません。

また、市場の変動や災害などの不測の事態にも備える必要があります。

しかし、不動産投資にはメリットも大きいです。

家賃収入を得られることで、不労所得や老後の資産形成に役立ちます。

また、物件の価値が上昇すれば、売却益も得られます。

さらに、不動産は他の投資商品と比べて安定性が高く、インフレにも強いです。

リノシーは、不動産投資を始めたい人にとって魅力的なサービスです。

都心部の中古マンションを少額から始められることや、物件選びから管理まで一括で任せられること、サポートが充実していることなどが特徴です。

リノシーを利用すれば、不動産投資のハードルが下がります。

不動産投資はリスクもあるがメリットも大きい投資方法です。

興味がある方は、ぜひリノシーに相談してみてください。

アマギフゲットチャンスやーーーーー!!!

参考文献

  • 「地方への人の流れの創出」に向けた効果的移住定住推進施策事例集:総務省が作成した、地方移住を促進するための施策や事例を紹介した文献です。移住関心層の注目を集める段階から実際に決断するまでを6つのフェーズに分け、それぞれのフェーズでの取り組みとして24の地方公共団体の事例を紹介しています。また、新型コロナウイルス感染症の流行を受け、地方公共団体がいち早く試みた取り組みについても紹介しています。
  • 地域・地方の現状と課題:富士通総研が作成した、地域・地方における人口減少や東京圏への一極集中がもたらす危機や最近の潮流等について解説した文献です。東京圏・地方間の人の移動や、感染症影響下での行動変容、新しい移住希望者層等について、定量的なデータを使って分析しています。また、地方創生の目指すべき将来や政府の基本方針についても紹介しています。
  • 「国と地方の役割分担」について:総務省が作成した、国と地方公共団体との関係における役割分担や関与のあり方について解説した文献です。国は、地方公共団体における事務の執行に関して法令や施策を解釈・運用する際には、地方自治法に定める枠囲みのような事項を解釈・運用基準としなければならないことや、国が地方公共団体に関する関与を行うに当たっても、同様の基準に則さなければならないことなどを説明しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました