【飲食人大学卒業生の海外就職・独立開業のリアル】成功者の声と後悔しないための秘訣を徹底解説!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
学びの評判

夢に描いた料理人の道を歩むために、飲食大学で厳しい修行に励んだあなた。

卒業後は、海外で活躍したい、独立して自分の店を持ちたい、そんな夢を抱いているのではないでしょうか?

しかし、華やかなイメージとは裏腹に、飲食業界は厳しい現実が待ち受けています。

海外就職や独立開業は、決して簡単な道ではありません。成功者もいれば、挫折する人もいるのが現実です。

そこで今回は、飲食大学卒業生の海外就職・独立開業のリアルな声を徹底解説します。

成功者の体験談や後悔しないための秘訣、評判や口コミ、他社との比較、メリット・デメリット、そして選ぶべき人について詳しく紹介します。

角刈り
角刈り

夢を叶えるための学校、飲食人大学!食の都大阪にひっそりと佇む、異色の学校があった。

その名は「飲食人大学」。一般的な調理師学校とは一線を画すこの学校では、3ヶ月という短期間で現場で通用する技術を修得できる短期集中型のプログラムを提供している。「飲食人」の将来・未来によりよい変化を起こすことを目的としたこの学校は、単なる技術習得の場ではない。

良質な食材を使った反復的な実技講習で徹底的に基礎を叩き込み、座学では現場で役立つ知識や考え方、サービス力、実践力を養う。独立を目指す人も、雇用される人も、それぞれが希望する道に向かって歩み出すための力を、ここで育むことができるのだ。卒業後は、自信と実践力を携えて、夢のステージへ飛び立っていける。世界に通用する「飲食人」を育成するという熱い思いを胸に、飲食人大学は今日も未来の料理人を育てている。

成功者の声と後悔しないための秘策

飲食大学卒業生の多くは、夢を実現するために海外へ飛び立ちます。

しかし、憧れの海外の地で成功するためには、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。

成功者の声

「海外で活躍するためには、語学力はもちろんのこと、文化への理解やコミュニケーション能力も重要です。また、現地の食文化や調理技術を学ぶことも大切です。」(海外でレストランを経営するAさん)

「独立開業は決して簡単ではありません。資金繰りや人材確保など、様々な課題を乗り越える必要があります。しかし、自分の夢を実現できるという喜びは格別です。」(飲食店を経営するBさん)

後悔しないための5つの秘策

1. 目標を明確にする

海外就職を目指すのか、独立開業を目指すのか、まずは目標を明確にすることが重要です。

目標が決まれば、それに合った準備を進めることができます。

2. 情報収集を徹底する

海外就職や独立開業に関する情報は、インターネットや書籍、セミナーなどで収集することができます。

様々な情報源から情報を集め、自分にとって最適な道を見つけることが大切です。

3. 経験者に相談する

すでに海外就職や独立開業を経験した人に話を聞くことは、とても貴重な経験となります。

成功者だけでなく、挫折した人の話も聞くことで、よりリアルな情報を手に入れることができます。

4. 語学を磨く

海外で活躍するためには、語学力は必須です。

英語だけでなく、現地の言葉も学ぶことができれば、より有利に働くでしょう。

5. 資金を準備する

独立開業には、まとまった資金が必要です。

自己資金だけでなく、融資を利用するケースもあります。

飲食人大学の評判と口コミ

飲食大学卒業生の海外就職・独立開業に関する評判や口コミは様々。

良い評判

「飲食大学で学んだ知識と技術は、海外でも通用します。」

「飲食業界で働く仲間が多く、情報交換がしやすい。」

「独立開業のためのサポートが充実している。」

悪い評判

「海外での就職活動は大変です。」

「独立開業はリスクが伴います。」

「飲食業界は長時間労働が多い。」

飲食人大学の他社との比較

飲食大学卒業生の海外就職・独立開業をサポートする業者は多数存在します。

各業者のサービス内容や料金などを比較し、自分に合った業者を選ぶことが重要です。

飲食人大学と他の学校、その違いはどこにある?

料理の道で夢を追いかけるあなたにとって、どの学校が最適なのかは、悩ましい問題ですよね。

まずは、それぞれの学校の特徴を簡単に見ていきましょう。

A校は、1年制の調理師学校です。

幅広い知識と技術を学べる反面、卒業までに時間がかかるというデメリットもあります。

B校は、短期集中型の調理師学校です。

3ヶ月という短期間で資格取得を目指せるのが魅力ですが、基礎がしっかり身につくか不安という声もあります。

C校は、実習に力を入れている調理師学校です。

現場で役立つスキルを学べるのが特徴ですが、費用が高額というデメリットもあります。

そして、飲食人大学はどうでしょうか?

飲食人大学は、A校、B校、C校の良いところを全て兼ね備えた、まさに理想的な学校と言えるでしょう。

3ヶ月という短期間で、現場で通用する技術を修得できる短期集中型のプログラムを採用しているので、忙しい社会人でも無理なく通えます。

さらに、良質な食材を使った反復的な実技講習で徹底的に基礎を叩き込み、座学では現場で役立つ知識や考え方、サービス力、実践力を養うことができます。

費用も他の学校と比べてリーズナブルなので、経済的な負担も心配ありません。

卒業後は、自信と実践力を携えて、夢のステージへ飛び立っていけること間違いなしです。

飲食人大学と他の学校の具体的な違いを見てみましょう。

1. 授業内容

A校は、座学と実習のバランスが良く、幅広い知識と技術を学べるのが特徴です。

B校は、実習に重点を置いており、短期間で資格取得を目指せるのが魅力です。

C校は、実習だけでなく、店舗での実務経験も積むことができます。

飲食人大学は、A校、B校、C校の良いところを全て取り入れ、現場で通用する技術を短期間で修得できるプログラムを提供しています。

2. 費用

A校は、他の学校と比べて費用が高額です。

B校は、費用が比較的安価です。

C校は、実務経験を積むことができるため、費用が高額です。

飲食人大学は、リーズナブルな費用で、質の高い教育を受けられます。

3. 卒業後の進路

A校は、調理師として就職する人が多いです。

B校は、飲食店でアルバイトをする人が多いです。

C校は、レストランで正社員として就職する人が多いです。

飲食人大学は、卒業生の就職率が非常に高く、希望に合った進路に進むことができます。

このように、飲食人大学は、他の学校と比べて様々なメリットがあります。

料理の道で夢を追いかけるあなたにとって、飲食人大学は最適な選択肢となるでしょう。

夢への扉を開く飲食人大学:光と影

料理の道で夢を追いかけるあなたにとって、飲食人大学は魅力的な選択肢の一つと言えるでしょう。

しかし、どの学校にも光と影があるように、飲食人大学にもメリットとデメリットが存在します。

まずは、飲食人大学に通うことのメリットを見ていきましょう。

1. 短期間で現場で通用する技術を修得できる

飲食人大学は、3ヶ月という短期間で現場で通用する技術を修得できる短期集中型のプログラムを採用しています。

忙しい社会人でも無理なく通えるだけでなく、短期間で成果を上げたい人にも最適です。

2. 実践的な教育に力を入れている

良質な食材を使った反復的な実技講習で徹底的に基礎を叩き込み、座学では現場で役立つ知識や考え方、サービス力、実践力を養うことができます。

3. 費用がリーズナブル

他の学校と比べてリーズナブルな費用で、質の高い教育を受けられます。

4. 卒業後の進路が充実している

卒業生の就職率が非常に高く、希望に合った進路に進むことができます。

しかし、飲食人大学にはデメリットも存在します。

1. 基礎がしっかり身につくか不安

3ヶ月という短期間で基礎を学ぶため、しっかり身につくか不安という声もあります。

2. 厳しいカリキュラム

3ヶ月という短期間で多くのことを学ばなければならないため、カリキュラムが厳しいです。

3. すべての人のニーズに合致するわけではない

時間や費用に余裕がある人、じっくりと基礎を学びたい人にとっては、他の学校の方が適している場合があります。

このように、飲食人大学には光と影があります。

あなたにとって、飲食人大学が最適な選択肢かどうかは、

  • 時間
  • 費用
  • 学びたい内容
  • 目標

などの要素を総合的に判断する必要があります。

飲食人大学では資料請求や無料での相談ができます!

飲食人大学があなたにとって最適な学校かどうかを判断する材料にすることができます。

飲食人大学の進路別メリットデメリット

海外就職のメリットデメリット

メリット

  • 様々な文化に触れることができる
  • 語学力を鍛えることができる
  • 国際的な経験を積むことができる

デメリット

  • 就職活動が大変
  • 文化や生活習慣の違いに慣れる必要がある
  • 差別や偏見を受ける可能性がある
独立開業のメリットデメリット

メリット

  • 自分の夢を実現できる
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 利益を独占できる

デメリット

  • 資金繰りが大変
  • 人材確保が大変
  • 責任が大きい

飲食人大学:あなたに合っているの?

料理の道で夢を追いかけるあなたにとって、飲食人大学は魅力的な選択肢の一つと言えるでしょう。

しかし、飲食人大学があなたにとって最適な学校かどうかは、あなた自身が持つ条件によって大きく左右されます。

飲食人大学を選ぶべき人は、以下のような人です。

今すぐ通う人

1. 短期間で現場で通用する技術を身につけたい人

忙しい社会人や、すぐに働きたい人にとって、3ヶ月という短期間で現場で通用する技術を修得できる飲食人大学は最適な選択肢です。

2. 実践的な教育を受けたい人

座学だけでなく、実技に力を入れている飲食人大学は、実践的な教育を受けたい人におすすめです。

3. 費用を抑えたい人

他の学校と比べてリーズナブルな費用で、質の高い教育を受けられる飲食人大学は、費用を抑えたい人にとって魅力的な選択肢です。

4. 卒業後の進路に不安を感じている人

卒業生の就職率が非常に高く、希望に合った進路に進むことができる飲食人大学は、卒業後の進路に不安を感じている人にとって安心できる学校です。

一方、飲食人大学を選ぶべきではない人は、以下のような人です。

通わない方が良い人

1. じっくりと基礎を学びたい人

3ヶ月という短期間で基礎を学ぶため、じっくりと基礎を学びたい人にとっては、他の学校の方が適している場合があります。

2. 厳しいカリキュラムに耐えられない人

3ヶ月という短期間で多くのことを学ばなければならないため、カリキュラムが厳しい飲食人大学は、厳しいカリキュラムに耐えられない人にとっては向いていません。

3. すべてのニーズに合致する学校を求めている人

時間や費用に余裕がある人、じっくりと基礎を学びたい人にとっては、他の学校の方が適している場合があります。

このように、飲食人大学は

  • 時間
  • 費用
  • 学びたい内容
  • 目標

などの要素を総合的に判断する必要があります。

進路別に飲食人大学を選ぶべき人のポイント

海外就職

  • 語学力に自信がある人
  • 海外での生活に興味がある人
  • 国際的な経験を積みたい人

独立開業

  • 強い意志と決断力がある人
  • 経営に関する知識がある人
  • リスクを承知できる人

飲食人大学:あなたの夢を叶える魔法の扉

料理の道で夢を追いかけるあなたにとって、飲食人大学は、まるで魔法の扉のような存在と言えるでしょう。

この扉を開けば、3ヶ月という短期間で現場で通用する技術を身につけ、夢のステージへと一歩踏み出すことができます。

しかし、魔法の扉を開けるには、

  • 時間
  • 費用
  • 学びたい内容
  • 目標

などの要素をしっかりと見極めることが大切です。

そこで、飲食人大学では、あなたの夢を叶える魔法の杖をご用意しました。

その名も、無料資料請求と無料個別面談!

無料資料請求では、飲食人大学の秘密が詰まった魔法の冊子があなたの手に届きます。

無料個別面談では、夢を叶える魔法使いと呼ばれる熱意あふれるスタッフが、あなたの夢を一緒に叶えるための道を導いてくれるでしょう。

さあ、あなたも

  • 時間
  • 費用
  • 学びたい内容
  • 目標

などの要素をしっかりと見極めて、飲食人大学の魔法の扉を開きませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました