【初心者必見】不動産投資で稼ぐ方法とは?メリットや始め方を徹底解説!

本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。
投資の評判

不動産投資と聞くと、どんなイメージが浮かびますか?

高額な資金が必要だったり、複雑な手続きが必要だったり、リスクが高いと思っていませんか?

実は、不動産投資はそんなに難しくありません。

不動産投資とは、不動産物件を購入して家賃収入や売却益を得ることで、安定的な収入源や資産形成ができる投資方法です。

不動産投資には様々なメリットがあります。

例えば、

  • 低金利時代でも高い利回りが期待できる
  • 節税効果がある
  • 物価上昇に対して価値が下落しにくい
  • 収入源の多様化ができる

などです。

しかし、不動産投資はただ物件を買っておけば良いというものではありません。

不動産投資で成功するためには、事前の準備や知識、運用方法などが重要です。

そこでこの記事では、不動産投資の始め方を全10ステップで徹底解説します。

この記事を読んでわかることは、

  • 不動産投資の基本的な仕組みや種類
  • 不動産投資のメリットやリスク
  • 不動産投資の準備や資金計画
  • 不動産投資の物件選びや契約
  • 不動産投資の管理や確定申告

などです。

この記事の結論は、

  • 不動産投資は初心者でも始められる魅力的な投資方法である
  • 不動産投資を始めるには、目的や目標を明確にし、情報収集や計画をしっかりと行うことが大切である
  • 不動産投資を成功させるためには、信頼できる不動産会社や専門家との関係づくりや、適切な運用方法が必要である

といえます。

不動産投資に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

不動産投資で稼ぐ方法とは?

不動産投資とは、不動産物件を購入して家賃収入や売却益を得ることで、安定的な収入源や資産形成ができる投資方法です。

不動産投資には様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

ここでは、不動産投資の主な種類とその特徴について紹介します。

物件を購入して賃貸収入を得る方法

物件を購入して賃貸収入を得る方法は、不動産投資の中でも最も一般的な方法です。

この方法では、以下のような種類の物件があります。

  • 一棟マンション・アパート
  • 区分マンション
  • 戸建て
  • ビジネスビル
  • シェアハウス・民泊

それぞれの特徴は以下の通りです。

一棟マンション・アパート

一棟マンション・アパートとは、マンションやアパート一棟を建築または購入して家賃収入を得る方法です。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 大きな家賃収入が得られる
  • 土地も所有できる
  • 自身の裁量で修繕やリフォームができる
  • 空室リスクが分散できる

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 初期費用や投資金額が高い
  • 修繕積立金を自分で準備しておく必要がある
  • 将来的に売却しづらい

この方法は、多額の資金が準備できる人や、長期的に安定した収入を得たい人に向いています。

区分マンション

区分マンションとは、マンションを一室単位で購入する方法です。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 初期費用を抑えられる
  • 選択肢が多く、好条件の物件を見つけやすい
  • 異なる場所の物件を複数所有できる
  • 流動性が高く、売却しやすい

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 土地は資産とならない
  • 物件の見極めが必要
  • 空室になると収入がなくなる

この方法は、初期費用を抑えて始めたい人や、複数の物件でリスク分散したい人に向いています。

戸建て

戸建てとは、戸建て物件を購入して貸し出し、家賃収入を得る方法です。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 土地も所有できる
  • 売却しやすい
  • 供給量が少ないため競争率が低い
  • 入居期間が長くなりやすい

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 近隣住民の質で入居率が変わる
  • 庭なども管理する必要がある
  • ニーズのあるエリアが限られる
  • 空室になると収入がゼロになる

この方法は、利用していない土地や一軒家を所有している人や、ファミリー層向けの賃貸に強みを持ちたい人に向いています。

ビジネスビル

ビジネスビルとは、居住用ではなく事業用として賃貸する方法です。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 家賃収入に消費税が含まれる
  • 長期契約が多い
  • 修繕費用が少ない

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 投資金額が高い
  • 立地や需要に左右されやすい
  • 法人との折衝が必要

この方法は、大きな資金力を持つ人や、法人相手の賃貸経営に興味がある人に向いています。

シェアハウス・民泊

シェアハウス・民泊とは、部屋ごとや建物ごとに複数の入居者や宿泊者を受け入れる方法です。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 初期投資を抑えられる
  • 空室リスクを分散できる
  • 高い利回りを得られる

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 管理や運営の手間がかかる
  • 入居者や宿泊者のトラブルが発生しやすい
  • 法規制や競合に注意する必要がある

この方法は、新しい形態の賃貸経営に挑戦したい人や、若者や外国人観光客など特定のニーズに応えたい人に向いています。

物件を売却して利益を得る方法

物件を売却して利益を得る方法は、不動産投資の中でもキャピタルゲインと呼ばれる方法です。

キャピタルゲインとは、不動産物件の価値が上昇したときに、購入価格よりも高く売却することで得られる利益のことです。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 一度に大きな利益が得られる
  • 税金の優遇措置が受けられる
  • 物件の管理や運営の手間がかからない

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 物件の価値が下落するリスクがある
  • 売却時期や価格の見極めが難しい
  • 売却に伴う手数料や税金がかかる

この方法は、不動産市場の動向や物件の評価に精通している人や、短期的に大きな利益を狙いたい人に向いています。

不動産に少額投資して配当を得る方法

不動産に少額投資して配当を得る方法は、不動産投資の中でもインカムゲインと呼ばれる方法です。

インカムゲインとは、不動産物件から得られる家賃収入や配当金などの定期的な収益のことです。

この方法には、以下のような種類があります。

  • 不動産クラウドファンディング
  • REIT(不動産投資信託)
  • 不動産小口化商品

それぞれの特徴は以下の通りです。

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、クラウドファンディング業者が見つけてきた物件に複数の投資家が投資して、元本+分配金を受け取る方法です。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 元手1万円から不動産投資ができる
  • 億単位の物件に投資できる
  • 高い利回りを得られる

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 換金性・流動性が低い
  • 1口購入ごとに申込や審査があり、労力がかかる
  • 元本割れや貸し倒れのリスクがある

この方法は、気軽に投資したい人や、様々な物件に分散投資したい人に向いています。

REIT(不動産投資信託)

REIT(不動産投資信託)とは、金融機関で販売されている投資信託の一種で、不動産を対象に投資した商品のことです。利益に応じた配当金が分配されます。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 初期費用を抑えられる
  • 選択肢が多く、好条件の物件を見つけやすい
  • 流動性が高く、売却しやすい

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 土地は資産とならない
  • 物件の見極めが必要
  • 空室になると収入がなくなる

この方法は、初期費用を抑えて始めたい人や、複数の物件でリスク分散したい人に向いています。

不動産小口化商品

不動産小口化商品とは、不動産を一口100万円程度に小口化して販売し、その利益を投資額に応じて出資者に分配する商品です。

この方法のメリットは、以下のようなものがあります。

  • 低予算で実物不動産に投資できる
  • 利回りは高めでキャピタルゲインも見込める
  • 管理や運営の手間がかからない

デメリットは、以下のようなものがあります。

  • 換金性・流動性が低い
  • 物件の選択肢が限られる
  • 元本割れや貸し倒れのリスクがある

この方法は、実物不動産に興味がある人や、高い利回りを狙いたい人に向いています。

不動産投資で成功するためのコツと注意点

不動産投資は、不労所得を得るための有効な手段ですが、失敗すると大きな損失を被る可能性もあります。

そのため、不動産投資で成功するためには、以下のようなコツと注意点を押さえておく必要があります。

  • 不動産投資のメリットとデメリットを理解する
  • 自分の目的や資金力に合わせて投資スタイルを決める
  • 物件選びのポイントを把握する
  • 経費管理や運営ノウハウを身につける
  • 空室対策やトラブル対処法を知る

物件選びのポイントとチェックリスト

不動産投資で最も重要なのは、物件選びです。

物件選びで失敗しないためには、以下のようなポイントをチェックしましょう。

  • 価格が適正かどうか
  • 空室になりにくいかどうか
  • 資産価値が高いかどうか
  • 利回りが期待できるかどうか

価格が適正かどうか

価格が適正かどうかは、物件の収益価格や相場価格を調べることで判断できます。

収益価格とは、物件が将来生み出すだろう利益の現在価値です。

直接還元法やDCF法などの方法で算出できます。

相場価格は、国土交通省が運営している「土地総合情報システム」などで調べることができます。

空室になりにくいかどうか

空室になりにくいかどうかは、物件の利便性や管理状態、設備や仕様などをチェックしましょう。

特に移動手段として電車を使うことが多いエリアでは、最寄り駅から徒歩7分以内やターミナル駅に出やすい路線があることが重要です。

また、周辺環境にコンビニや飲食店、ドラッグストアなどがあることも入居者ニーズに応えられます。

資産価値が高いかどうか

資産価値が高いかどうかは、物件の立地や築年数、建物構造などをチェックしましょう。

地価が高いエリアや駅近物件は、将来的に売却する際にも有利です。

築年数が古くても耐震性や耐久性が高い鉄筋コンクリート造りの物件は、資産価値が下がりにくいです。

利回りが期待できるかどうか

利回りが期待できるかどうかは、物件の家賃収入と経費を考慮して計算しましょう。

表面利回りは、年間家賃収入を物件価格で割ったものですが、満室前提で経費を考慮していません。

実質利回りは、管理費や修繕積立金、固定資産税などの年間経費を差し引いたもので、より現実的な数字です。

一般的には、表面利回りが8~10%、実質利回りが5~7%程度が目安とされています。

ローンや税金などの経費管理のコツ

不動産投資で利益を出すためには、経費管理も重要です。

経費管理には、以下のようなポイントがあります。

  • ローンの返済計画を立てる
  • 税金の種類と節税方法を知る
  • 修繕費用や管理費用を見積もる

ローンの返済計画を立てる際には、自己資金や借入金額、金利や返済期間などを考慮しましょう。

また、家賃収入や他の収入源、支出や貯蓄なども把握しておくと安心です。

ローン返済に困らないためには、家賃収入の7~8割程度を目安にしましょう。

税金の種類と節税方法を知ることで、不動産投資の利益を最大化できます。

不動産投資にかかる税金

不動産投資にかかる主な税金は、以下のようなものがあります。

  • 所得税
  • 固定資産税
  • 印紙税
  • 不動産取得税
  • 譲渡所得税

これらの税金は、物件の価格や家賃収入、売却益などに応じて変わります。

不動産投資にかかる税金の節税方法

税金を節税する方法としては、以下のようなものがあります。

  • 減価償却費や経費を差し引く
  • 複数物件を所有する
  • 特定口座を利用する
  • 資産形成貯蓄制度を活用する
  • 住宅ローン控除を受ける

修繕費用や管理費用は、物件の維持や運営に必要な経費です。

これらの経費は、物件の築年数や建物構造、管理形態などによって変わります。

修繕費用や管理費用を見積もる際には、以下のようなポイントをチェックしましょう。

  • 修繕計画や修繕履歴を確認する
  • 管理会社や管理人の評判や実績を調べる
  • 共益費や管理費の内訳や支払い方法を確認する

空室対策やトラブル対処法などの運営ノウハウ

不動産投資で安定した収益を得るためには、運営ノウハウも必要です。

運営ノウハウには、以下のようなものがあります。

  • 空室対策
  • 入居者対応
  • トラブル対処法

空室対策とは、物件が空室にならないようにする方法です。

空室対策

空室対策には、以下のようなものがあります。

  • 家賃設定を適正にする
  • 物件情報を多くの媒体で広告する
  • 物件内覧会を実施する
  • 物件の魅力や特徴をアピールする
  • 物件の清掃やリフォームを行う
  • 空室保証サービスや賃貸保証会社を利用する

入居者対応とは、入居者とのコミュニケーションや契約更新などの方法です。

入居者対応

入居者対応には、以下のようなものがあります。

  • 入居者の要望や苦情に対応する
  • 家賃滞納や退去時の精算などの催促を行う
  • 契約更新時に家賃や条件の見直しを行う
  • 入居者への感謝やサービスを提供する

トラブル対処法とは、入居者や近隣住民、管理会社などとのトラブルに対処する方法です。

トラブル対処法

トラブル対処法には、以下のようなものがあります。

  • トラブルの原因や責任を明確にする
  • トラブルの解決策や補償方法を提示する
  • トラブルの記録や証拠を残す
  • 法的な手続きや専門家の相談を行う

以上が、不動産投資で成功するためのコツと注意点です。

不動産投資は、物件選びから経営管理まで幅広い知識とスキルが必要ですが、しっかりと学び、計画的に行えば、安定した収益を得ることができます。

不動産投資に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

さいごに

この記事では、不動産投資で稼ぐ方法とは何か、メリットや始め方を徹底解説しました。

不動産投資は、不労所得を得るための有効な手段であり、適切に行えば安定した収益を得ることができます。

しかし、不動産投資にはリスクもありますし、物件選びや経営管理には幅広い知識とスキルが必要です。

そのため、不動産投資を始める前には、しっかりと勉強することが大切です。

不動産投資に興味がある方は、ぜひ以下の一括資料請求サービスを利用してみてください。

一括資料請求サービスとは、複数の不動産投資会社から無料で資料を取り寄せることができるサービスです。

このサービスを利用することで、以下のようなメリットがあります。

  • 不動産投資の基礎知識や最新情報を得ることができる
  • 自分に合った不動産投資会社や物件を比較検討することができる
  • 不動産投資会社の担当者と直接相談することができる

不動産投資は稼げるチャンスです。

ぜひ一括資料請求サービスを利用して、不動産投資の第一歩を踏み出してみてください。

あなたの不動産投資成功をお祈りしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました